smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」

f:id:smoglog:20211017210206p:plain

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

ブログが10周年だと思ったら、はてなブログ自体も10周年だったんですね。

smoglog.hatenablog.com

 

自分ははてなブログの前身であるはてなダイアリーで一年くらい書いて引っ越ししましたが、そのあと直ぐにはてなブログがローンチしたのかな。

今後はてなブログが20周年、30周年と続けば、このブログも同じだけアニバーサリーということなんですね。自意識過剰に言えば、はてなブログの歩みは、我がブログのそれと同じ……(絶対違う)。

さて、10周年記念に10にまつわるお題が提示されたので、記事稼ぎに書いてみます。

本日は、よくある〇〇に10の質問です。

もしかすると過去に書いてないかな……ま、いいか。

続きを読む

今後製品に搭載されるAnalogueOS発表-まずはPocketから。プロダクトではありませんでした

f:id:smoglog:20211017013002p:plain

※記事中に公式サイトの画像を使用しています。

高品質なレトロゲーム互換機を製造販売する米アナローグ社が、日本時間の17日深夜一時になんらかの発表を行う、としていましたが、おそらく皆さんが期待していたであろう新製品の発表やPocketの再販ではなく、新しいオペレーションシステムの発表でした。

英語サイトや公式ツイートを機械翻訳で読みましたが、いまいち要領を得ない内容で、チンプンカンプンだったので、記事にてまとめます。うーん、これは……大体的に発表するような内容だったのかな。個人的にピンと来ません。だって、本来ならPocketってパンデミックがなければ5月に発送予定だったんですもの。

AnalogueOSは、まずはPocketから搭載され、今後の製品へと引き継がれていくとしています。

いつもどおりDeepL先生の翻訳を使用しています。

続きを読む

ワンコイン・高評価AVGシロナガス島への帰還、Switch移植クラファン開始。すでに目標額三倍達成

個人制作によるノスタルジックな雰囲気漂うテキストアドベンチャーゲーム「シロナガス島への帰還」のフルボイス化によるSwitch移植が決定し、クラウドファンディングを開始しました。

目標額は200万円で、ストレッチゴールとして、400万円で次回作体験版とサンクスカードを全員に配布、500万円でドラマCD制作決定というもの……でしたが、プロジェクト開始から、3日足らずで目標額の3倍を超える600万円を集め、現在設定されている全てのストレッチゴールを達成済みとなっています。出資可能期間は残り50日残していますが、どこまで伸びるか、また追加特典あるか?!

参照-アドベンチャーゲーム『シロナガス島への帰還』声優ボイス付きのゲームを届けたい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

続きを読む

白熊屋 / 極世紀:サンダーコマンドー[一期]〈+Eng sub〉

f:id:smoglog:20211015202834j:plain

Translation Services‐DeepL Translator

9月に抽選販売された「しろくまとレトロ雑貨と玩具」のお店「白熊屋」さんより新作「サンダーコマンドー」です。

白熊屋さんの作品は、白熊安全を名古屋のイベントで入手して以来となります。先着販売に負け越しておりまして、抽選販売にてついに手に入れた次第です。

これまでは屋号のとおり、白熊をモチーフとした作品を発表されてきましたが、新機軸となる完全人型のキャラクターです。

シリーズ名の極世紀は、代名詞の白熊が生息する北極から、そしてもちろん、最近完結したロボットアニメからも取られているのでしょう。

サンダーコマンドーの名前は、いくつかの候補の中から検討に検討を重ね、別作品で使われたカラーパターンの名前を気に入って採用したそうです。

その姿は、80年代あたりの古典的SFに登場するような宇宙服、あるいはブリキロボット、また最近引退した電子音楽ディオを彷彿とします。

全高約13.5センチ、可動箇所6箇所の7パーツ構成、成型色は黒です。

This is the new "Thunder Commando" from Shirakkuma-ya, the store of "Shirokuma, retro goods and toys" that was sold by lottery in September.

This is the first time I've seen Shirakumaya's work since I got the Shirakuma Safety at an event in Nagoya. I've been losing out on the first-come, first-served sales, so I finally got my hands on one by lottery.

As his name suggests, he has been releasing works based on the motif of a white bear, but this is a completely humanoid character, a new innovation.

The name of the series, Polar Century, is probably taken from the North Pole, where the polar bear lives, and of course from the recently completed robot anime.

Thunder Commando's name was chosen after much deliberation and consideration of several candidates, and after liking the name of the color pattern used in a previous work, it was adopted.The figure is reminiscent of a space suit, or a tin robot, as in the classic science fiction of the 80's, or the recently retired electronic music dio.

The figure is about 13.5 cm tall, made up of 7 parts with 6 points of articulation, and molded in black.

続きを読む

Nothingがさらに56億円の資金調達、Qualcommと提携を発表。ス、スマホが来るのか!?

f:id:smoglog:20210727223043p:plain

※記事中に公式サイトの画像が引用されています

製品発表前から海外で注目されており、製品第一弾となる完全独立ワイヤレスイヤホンEar(1)を発売し、2ヶ月ほどで販売台数10万台を達成した新興メーカーNothing。

幸運なことに、Ear(1)は発売前に商品提供いただき、本ブログでご紹介させていただきました(何回アッピールするねん)。

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

まあ、自分が底辺ブロガーなのは自覚してますんで、分析したとおり、今後はもっと拡散力のあるインフルエンサーにリーチすることとなり、これでNothing社との縁は切れるんだろうな……しょうがない、今後はユーザーとして応援していくぜ! と思ってたんですけど、メールがまた届きまして。

 

内容というのが、今回の記事タイトルにもあるとおり、5000万ドル(約56億円)の資金調達に成功し、半導体大手のQualcommと業務提携しまっせ、という案内でした。

続きを読む

VINYLS / モニョチタポミチ:モニョガール[代官山 蔦屋書店限定カラー]〈+Eng sub〉

f:id:smoglog:20211013192137j:plain

Translation Services‐DeepL Translator

立体物やソフビを制作したことのないアーティストと共に、今までなかった玩具ではないアートーピース=作品としてのソフビを制作、展開するという「VINYLS」より、モニョチタポミチさんのモニョガールが、ようやく僕の手元に届きました。

「ようやく」なのは、ずっと東京駅構内にあるショップや個展でしか販売されなかったからで、パンデミックが落ち着いて、東京遠征できるようになんないかな、とヤキモキしながら待っていたところ、代官山 蔦屋書店から通販可能な受注販売が開始され、飛び付いたのでした。

受注は7月で、発送は10月。待ってた~。

全高は約11センチで2パーツ構成。成型色は……なんだと思います? 記事中で明らかになります。僕は驚いた(笑)。

I've finally received Monyo Girl by Monyo Chitapomich from "VINYLS", a company that works with artists who have never made 3D or soft vinyl before to create and develop soft vinyl as an art piece that is not a toy.

The reason why I say "finally" is because they've only been available at the Tokyo Station store and solo exhibitions for a long time, and I've been waiting anxiously for the pandemic to settle down so that I could travel to Tokyo, and when Daikanyama Tsutaya started selling them by order, I jumped at the chance.Orders were taken in July, and shipping was in October. I've been waiting so long!

The figure is about 11cm tall and made up of two parts. What do you think the molding color is ......? It will be revealed in the article. I was surprised (laughs).

続きを読む

Underverse / TRACKER NOM HINKON + PC SQUARE

f:id:smoglog:20211012191229j:plain

オーストラリアのコミックアーティストであるアシュレイ・ウッド氏によるフィギュアは、threeAからUnderverseとして再スタートを切りましたが、個人的に初めて買った製品が届きましたよ。今年の2月に購入、予定どおりに10月に! threeA時代から考えると、これは快挙ですよ!

 

smoglog.hatenablog.com

今回購入したのは、1/6スケール(約30センチ)のアクションフィギュアになります。

アシュレイ・ウッドさんの作品には、たくさんのラインに分かれていますが、こちらはワールド・ウォー・ロボット(WWR)というシリーズの、一応主人公格にあたるガスマスク野郎です(こう書くと、詳しい人がイヤイヤ違うよ! と注意されそうですが)。とにかく、threeAコレクターにとって、ガスマスク野郎は特別なのです。同じようなのが何体居ても欲しくなってしまうものなのです。

今回は、僕が購入したHINKONバージョンと、NOMADバージョンがありました。

かつては、バックストーリーも結構語られていたんですが、近年は想像におまかせします方式なんで、妄想力を掻き立てて、楽しみむことにします。

続きを読む

すもキャン◇第7話:一ヶ月ぶりのキャンプ

f:id:smoglog:20211011202300j:plain

マンボーが開けて、やっとキャンプ再開。

新しく手に入れたテントを使うか、ハンモックを使うか悩んで、気温的に今年使えるラストチャンスかも、とハンモック泊をチョイス。

今回は、ハンモック用に立ち木が必要だったため、いつものスキー場キャンプ場ではなく、別のキャンプ場にしました。一泊3000円。結構取るねぇ。こんなもんなのかもしれんが、いつもは500円なので……。

続きを読む

ナツノカナタ(早期アクセス・無料)-テキストベースのサバイバルRPG

f:id:smoglog:20211010011329j:plain

Steamで早期アクセス中のテキストアドベンチャーゲーム「ナツノカナタ」をプレイしてみました。正式リリース後も無料で配信される予定のようです。

どこまでも広がる青い空、制服の女子高生、そしてゾンビパンデミックに崩壊したパラレル世界。サバイバル生活を余儀なくされてしまう主人公ナツノと、レトロPCを通じて彼女の携帯電話越しに手助けをすることになったプレイヤー。

美しいビジュアルとは打って変わって、社会体制崩壊後のサバイバルを描くという、なかなか尖ったコンセプトのゲームです。

すべてテキストベースで、捜索、戦闘、クラフト、イベントなどをこなしていきます。

続きを読む

1000toys(千値練) / 東亜重工:合成人間♀[1/12スケール]

f:id:smoglog:20211009083124j:plain

1000Toysの1/12スケールフルアクションフィギュア「合成人間♀」の一次生産分です。

合成人間は、「BLAM!」「シドニアの騎士」の漫画家の弐瓶勉氏が、同作品世界内で共通して登場する企業「東亜重工」製のアンドロイドとしてデザインされたキャラクターです。

面白いのは、合成人間そのものは、漫画には登場せずに、オリジナル作品であること。最初に男性素体の1/6スケール、次いで1/12スケールが発売し、数々の派生品が登場しています。

男性素体の1/6スケール、1/12スケールのレビュー記事は、記事の最後にリンクします。

 

無機質なインダストリアルなデザインと有機的デザインの高度な融合。千値練の素晴らしい品質。素体ならではの驚異の可動域。有名漫画家もデッサン人形として愛用するほどです。オリジナル作品でありながら、大ヒットして現在も再販を繰り返しています。

そんな合成人間の新作として登場した女性バージョンは、これまでの合成人間と同じく、転売屋の餌食になりかねない状況だったため、公式からは発売前にも関わらず、二次生産が予告される事態になりました。

自分も予約開始に準備しましたが、アマゾン、あみあみ等の小売店分はあえなく撃沈。フォロワーさんのアドバイスで、別サイトにて購入できました(転売じゃなく、ちゃんと公式ですよ!)。

続きを読む

任天堂Switch有機ELモデルは(少なくとも高額転売品を)買ってはいけない

f:id:smoglog:20210707174927j:plain

どう考えても狙い目は旧型。

追記:有機ELモデルも転売できてないみたいですね。皆さん御唱和ください。

せーの……

ザマァァァーーーーwwwwww

 

有機ELを採用したマイナーチェンジ版のSwitchが発売しましたが、すでに高額転売されているそうです。

こりゃ、新型売れずに転売屋メシマズかな、と思ったんですけど、普通に売れていて、かわりに旧型のSwitchが投げ売り状態みたい。

うーん、新型って言葉に踊らされている?

どう考えても、有機ELモデルは、お金持ちかマニア向けの商品でしょうが。

 

続きを読む

モジュール式ポケコン風PC「DevTerm」が来た!-組み立て編

f:id:smoglog:20211007154424j:plain

やっと届いたか~!

組み立て式のエミュレーション携帯ゲーム機「GAMESHELL」を開発したClockworkから、レトロPC風の「DevTerm」が約一年待って、ついに届きました。

DevTermは、いくつかのモデルが存在し、僕はプログラマーでもエンジニアでもないのに、最高スペックのA6シリーズの4ギガモデルを選択。

もっとも安価なRaspberry PI CM3+ LITEを搭載したモデルと比べて、一万円ほどしか価格差がなく、それなら「いっちゃんイイヤツで!」 とこちらを選択しました。

ラズパイのモデルは、先月シッピング開始されましたが、A6シリーズは先日ようやく届きだしたところ。中間グレードのA4シリーズはこのあと発送という流れのようです。

 

「DevTerm」については、いくつか過去記事があるので、そちらを参照にしてください。

続きを読む

lovell / ブリムレスカスク -自転車用のレザー風ヘルメット

f:id:smoglog:20211006160937j:plain

今週のお題「今月の目標」

今月の目標は、自転車に乗ることでした。

このブログは当初、自転車ブログと始まりました。つまり、愛車であるジャイアントのMR4r(生産終了品)は、約10年前購入しました。

出番があんまりなく、今でも結構綺麗です……。

smoglog.hatenablog.com

 

先日、TASOさんの地蔵バルブキャップを手に入れてから、乗ろう、乗ろうと思っていたのですが、天候が悪かったり、仕事シフトが合わなかったり、マンボーだったりで伸び伸び。

smoglog.hatenablog.com

 

理由の一つとして、あまりにも乗っていなかったため、今まで使っていたリンプロジェクトのレザーカスクを紛失してしまったこと。

smoglog.hatenablog.com

とても気に入っていたので、再度購入も検討しましたが、全然乗らない自転車に投資するにはなかなか良いお値段です。

 

しゃーない、安いプラ製のスポーティーなヘルメットを買うかなぁ……と思って、アマゾンを覗いたところ、このカスクを発見。

 

f:id:smoglog:20211006161807j:plain

ラベルという名前の神奈川県に所在する自転車用品のメーカーのようです。

表皮素材はフェイクレザーで、裏地はアルカンターラみたいな起毛素材になっています。芯材にプラスチックが使われていて、リンプロジェクトのレザーカスクのように折りたためず、携帯性は低いですが、保護性能は高そうです。

 

f:id:smoglog:20211006162123j:plain

 

f:id:smoglog:20211006162145j:plain

裏のところに調整面ファスナーがあり。

 

f:id:smoglog:20211006162234j:plain

顎のバックル形状が独特で、パチンとはめるタイプではなく、スライド磁石ロック式になっていて、慣れるまでちょっと手間取りますが、不意に外れることがないロック方式です。

 

f:id:smoglog:20211006162347j:plain

f:id:smoglog:20211006162430j:plain



f:id:smoglog:20211006162454j:plain

芯材のプラスチックとしっかり充填された保護材で、過信は禁物ですが、なかなか保護力高そうです。

フェイクレザー製ですが、ぱっと見は本物っぽくて、スポーティーになりすぎず、良い感じ。

頭が大きいので、Mサイズはちょっと不安でしたが、後頭部の調節でなんとか収まりました。

 

僕が購入したのは、サイクルキャップと合わせやすそうなつばなしタイプ。

 

つばありや、後頭部まで覆うタイプもあり。