smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

初自作PCから約一年‐今ならどんな仕様で組み立てる? 

f:id:smoglog:20200127140834p:plain

昨年の1月に、Macからスイッチして、自作PCを組み立てました。快適で楽しい自作PCライフを営んでいます。その後パーツを交換で、出来合いのPCでは難しいバージョンアップをして、コストパフォーマンスの良さを実感している……と言いたいところですが、無駄に手をかけたい欲求がムラムラ出てきて困っております。バイクや車を弄りたい人ってこういう気持ちなんだろうな……。

弄りたいところか、むしろ一新したい! そんな本末転倒な気持ちをブログの妄想にて解消する、という試みです。

  • 現在の環境、アップデート箇所(読み飛ばし可)
    • CPU:Ryzen5 2600x(付属クーラー使用)
    • マザボ:GIGABYTE X470 AORUS ULTRA GAMING ATX
    • メモリ:CORSAIR DDR4-3200MHz VENGEANCE RGB PRO 16GB (8GB×2枚) → [アップデート] Crucial PC4-25600(DDR4-3200) 32GB(16GBx2枚)
    • グラボ:MSI Radeon RX Vega 56 Air Boost 8G OC(中古)→ [アップデート] GIGABYTE GeForce RTX 2080 Super Turbo 8G 
    • 電源:オウルテックSeasonic FOCUS+ 750W
    • ストレージ:Samsung SSD 250GB 860 EVO 250GB+1TB
    • ケース:Fractal Design Define C
    • 追加ケースファン:Noctua NF-A14 PWM×2
  • 今自分が作りたいPC
続きを読む

ビデオゲームって違法ドラッグじゃなくて、お酒みたいなもんだと思う

f:id:smoglog:20200124010912p:plain香川県の例の法令のニュースで、問題視され、騒がられているビデオゲームとの付き合い方について。

ビデオゲーム大好きな僕だって、ゲームに依存しきるのは問題だと思う。ゲームのしすぎで死亡者がでたり、課金しすぎで実生活が崩壊したり、そんなレベルに達していれば、病気でしょう。

 

僕に子を持つ親の気持ちがわかりませんが、ゲームをいくら禁止したところで、その時間を勉強に費やすとは思いません。きっと他の何かに使うはず。自分はそうでした。

 

新しいメディアが子供たちに悪い影響を与えるということが、毎度お決まりの大人たちの責任転嫁なのは、これまでの歴史を学べばわかることです(これ皮肉ね)。音楽、演劇、小説、映画……これらが最先端の娯楽として、一世を風靡していたころ、大人たちはビデオゲームと同じように危険視して除外しようとしてきました。

 

むしろ、問題視すべきなのは、勉強依存が問題にならない、教育の程度が低いことではないでしょうか? もっと楽しく、すぐに意味があると実感でき、子供の自身が進んで学びたいと思う学習方法の確立したほうが、建設的ではありませんか?

未来に確かな保証がないのに、ゲームよりも勉強に時間を費やした方が、子供たちの為になる……そんな神話を信じ切っている大人たちが、どうしてそこに心血を注がないのでしょうか? 工場で子供を労働させるのは違法で、勉強を強制されるのは罪に問われないのはどうしてなのでしょうか?

続きを読む

Playdate情報Update11: 日本のゲーム雑誌CONTINUE Vol.63にて特集記事掲載!

今週のお題「応援」

発売を楽しみにして、今もっとも応援したいゲームハード、パニック社の携帯ゲーム機「プレイデート」。今年の発売に向けて、メディア露出も多くなっています。

発表と同時に特集されたイギリスのゲーム雑誌「エッジ」に続き、日本のゲーム雑誌「コンテニュー」でも12ページに及ぶ特集記事が組まれました。

雑誌を購入しましたので、著作権に触れない範囲で内容を要約します。

  • プレイデートの特集記事
  • コンテニュー誌で良かった記事
  • 僕が目にした中で最も酷いゲームオブザイヤー
  •  Playdate情報バックナンバー

続きを読む

映画キャッツのネタバレなしレビュー‐単純にミスマッチなだけ

先行レビューにて、悪い意味で話題のミュージカル映画キャッツを日本の公開初日に見てきました。

映画の元となる1981年ロンドンで公開された舞台「キャッツ」は世界各国で上演され、2019年時点で、観客動員数は7300万人を上回る傑作です。対して、映画は予告編の時点で「人類には早すぎる作品」としてもてはやされ、2019年最悪の一本として批評され、興行成績としても大失敗に終わっているようです。そんな映画版キャッツの大喜利化した悪評の一例。

参照記事‐実写版『キャッツ』を一足先に観た北米メディアが恐怖におののき発狂する――「不浄なポルノ」、「ホラーであり、忍耐力テストでもある」、

実写版『キャッツ』がアメリカで一足先に公開されるも、レビューは大荒れ
実写版『キャッツ』がアメリカで一足先に公開されるも、レビューは大荒れ

実写版『キャッツ』がアメリカで一足先に公開されるも、レビューは大荒れ

実写版『キャッツ』がアメリカで一足先に公開されるも、レビューは大荒れ

「実写版『キャッツ』を観るのは、不浄で、これまで知られてなかったポルノのジャンルにうっかり遭遇したような体験だ。性欲を爆発させた毛皮のバケモノたちが、舌を伸ばしてミルクを飲んで、いやらしい声をあげるたびにFBIが劇場に乗り込んでくるんじゃないかと思った」

    ーニューヨーク・タイムズ:Kyle Buchanan

 

「『キャッツ』を0~5点で評価するとしたら、玉ねぎかな」

    ーScreen Crush:Matt Singer

 

いかなる人間も目にすべきでない場面を目にした」

     — ギズモード

 

「キャッツを観るのは、狂気への転落のようだった」

     — Collider

実写版『キャッツ』がアメリカで一足先に公開されるも、レビューは大荒れ

こういう、極端な悪評が目立つ作品を、もしかしたらそんなに悪くないんじゃ? 自分なら良いところが見つけられるんじゃないか? なんて思って、公開を楽しみにしていました。

個人的に、歌やダンスは素晴らしいと思いましたし、ジョジョ立ちみたいに全シーンキメキメポーズする異様な空間は、前衛美術のようで面白かったです。

ただ、映画としては普通につまらなかったです。最悪なのは、上にあげたオモシロ悪評を考えて、騒ぎ立てるほどの突き抜けた駄作というわけでもなく、ただただ普通に面白くないんです。

続きを読む

DELTA VINYL / HANAKO MARKⅢ 2020[4期]

f:id:smoglog:20200123171007p:plain

うわぁぁ!! 当たったよ! 来ちゃったよ!!

デルタビニールさんのハナコ・マーク3の4期カラー「ハナコ・マーク3・2020」が、1月20日に抽選販売され、本日届いて喜びもひとしお、その勢いのままレビューしちゃうぜ!!

手間を考えれば、おそらく数もそれほど一度に作れないでしょう。こうして当選して手に入れられたことに、ただただ感謝。

 

うおおおお、ダンボール開封!!

 

うわあぁぁ! でかい!!

 

ヘッダー表ッ!  

 

ヘッダー裏ァ!!

 

顔がニヤけてしまう!!

 

新しいステッカーを見ていて、思ったんですが、ヒエログリフっぽいデザインを見て、デルタビニールさんのデルタってピラミッドを示唆しているのかな、って思いました。ソフビ界に記念碑的な作品を作り上げてやる! という気概が込められているんじゃないか……そんな風に思ってしまうくらい、凄まじいと実際手にとって思った作品です。

続きを読む

気の早すぎるペルソナ6への要望と予想

f:id:smoglog:20200122140614p:plain

ペルソナシリーズは、アトラスが開発する学園ジェブナイルRPGです。もともと真・女神転生のスピンオフだったが、若い世代の葛藤や願望を描いて、人気を博して同社の看板タイトルとなりました。

特にペルソナ3からはアニメ化などのメディアミックスも成功、日本はもとより世界でも大人気で、クラシカルなターン制JRPGスタイルで、ゲームアワードにノミネート、受賞しています。

 

まだまだ、ペルソナ5関連のタイトルが人気で、ペルソナ6の開発の発表なんて影もカタチもありませんが、僕がペルソナ6に期待していること、こうして欲しいということを書きます。

 

ちなみに、自分がプレイしたペルソナは、初代ペルソナ、ペルソナ3ポータブル、ペルソナ4ゴールデン、PS3版ペルソナ5です。

smoglog.hatenablog.com

  • 要望:完全版やめちくり~……三部作でも良いんやで?
  • 要望:主人公よ、喋ってくれ
  • 要望:パーティー加入時期について
  • 要望:ダイバーシティ増
  • 予想:テーマカラーは緑?
  • 予想:舞台は国際都市
  • 予想:スパイをフューチャーする
  • 〆の文

 

続きを読む

クッションインソールを2年使って……常用しないほうが良いかも

f:id:smoglog:20200121212512p:plain

小ネタ。

仕事が拘束時間が長く立ち仕事なので、足裏が痛くて痛くてなんとかしたいな、と思い、別途インソールを用意して、2年間使いました。

使用感は非常に快適でした。良い商品だと思います。

最後は靴の方が穴だらけになり、アウトソールが割れて来たので、使い切った! という感じで、新しい靴に替えました。

この際、インソール自体も新しいのに交換するつもりだったんですが、一度インソール無しで仕事してみようと思ったんですが……。

smoglog.hatenablog.com

続きを読む

オレンジブラッド‐飲む・撃つ・買う! ハードな舞台と萌キャラのハクスラRPG

個人メーカーGrayfax Softwareの処女作で、PLAYISMが販売元になったRPG「Orangeblood」を発売日に購入して遊んでいます。プレイ時間はSteamのカウンタで現在6時間程度です。

去年のビットサミットで試遊して、個人開発のタイトルながら、非常に凝ったピクセルアートに目を惹かれました。

smoglog.hatenablog.com

インタビュー記事で、ゲームの雰囲気にシンクロする風体、この作者は何者だ?! と思いました(笑)。

ゲームを作ったのは、汗水ながさず稼げそうだからであり、驚きなのが、ドット絵を描くのは今回が初めてらしいです。

参照:『Orangeblood』開発者インタビュー。「空想の90年代、東シナ海の人工島で少女が危険と戯れるRPG」はいかに生まれたか | AUTOMATON

楽して稼ぐという割には、二度全面的に描き直していることから、生半可な気持ちで開発している訳ではなさそうです。RPGツクールMV製らしいですが、独自システムが盛り込まれており、RPGツクールっぽさをそれほど感じませんでした。

  • 魅力的な舞台
  • バトルについて
  • ハクスラ要素と各所にみられるボーダーランズへのオマージュ
  • まとめ

 

続きを読む

ソフビ雑記12 - ミニ、ミドル、スタンダード、ジャイアント……大きさの話

f:id:smoglog:20200117221650p:plain

ソフビそのものについて、僕の独断と偏見でアレコレ勝手に語る、ソフビ雑記のコーナーです。

今回のテーマは、ソフビの大きさについて語りたいと思います。

ソフビにはサイズのフォーマットが何となくあります。昔のソフビを基準としたサイズ感覚で、便利なので現代でもよく使います。

サイズを縛ることによって、異なるメーカー間であっても、コレクションに統一性が生まれるので、収集していて楽しいのです。

参照:真水稔生の『ソフビ大好き!』 第68回「心は “せいたかさん”」

参考にした俳優でレトロソフビのコレクターである真水稔生さんのサイト。恥ずかしながら、この記事を書くために調べて知ったんですけど、コレクションのジャンルは違えど、とても勉強になりました。文章もメチャクチャ上手くて、悔しい!!!

 

サイズフォーマットは大きく4つに分けられています。

ジャイアントサイズ……約30センチ前後
スタンダードサイズ……約20センチ前後
ミドルサイズ……約15センチ前後
ミニサイズ……約10センチ前後

各メーカーによって呼称が異なる場合があるようです。

だいたいのサイズ感とその魅力を画像と一緒に紹介します。

  •  大ボリューム! ジャイアントサイズ
  • 王道のスタンダードサイズ
  • バラエティ豊かなミドルサイズ
  • いつも手元にミニサイズ
  • サイズフォーマットの限界
続きを読む

世界一履き心地の良いスニーカー「オールバーズ」が欲しいンゴ

f:id:smoglog:20200117205027j:plain※画像は公式サイトより引用

新興メーカーながら、起業2年で100万足販売、名だたる実業家や有名人も愛用するAllbirdsが、原宿に実店舗をかまえて日本に上陸します。

allbirds.jp

オールバーズのコンセプトは、デザインがシンプルで格好良いうえに、履き心地が良いこと、天然素材やリサイクル素材を使った環境負荷に考慮した(サスティナブルな)モノづくりです。


スニーカーブランド「Allbirds(オールバーズ)」原宿店の店内レポート / D2C

続きを読む

サイバーパンク2077の発売日が延期!!

すでに各メディアが報じておりますが……4月に発売予定のサイバーパンク2077の発売日が9月に延期されました。予約購入していたので、ライブラリを確認したら、たしかに9月でした……。

先日、FF7リメイクが発売延期となり、こちらはPC版が出るまで見送るつもりでしたが、「スクエニめ、サイバーパンクと発売時期を被せて、よっぽど出来に自信があるのか? それともただの無謀なのか?」と訝しがっていましたが、FF7リメイクは一ヶ月の延期、かたやサイバーパンク2077は半年の延期!!

続きを読む

新春服染大会(失敗?)

ネットオークションとフリマを絶ち、約一ヶ月……と言いつつ、発作のようについつい覗いてしまいます。これはイカン! そういえば、半年以上前に染めるつもりで購入していた衣服があったのを思い立ち、これで欲求を解消しようという試みです。

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

染める色は安定の黒。濃くしたかったので、二袋購入していたはずが、一袋が行方不明。こういうところが無駄遣いなんですよねぇ。写真にあるカラーストップは使いませんでした。

続きを読む

未読書評:「ついやってしまう」 玉樹 真一郎 (著) を「つい買ってしまった」

f:id:smoglog:20200110141009p:plain

べストセラーになった、「ついやってしまう」体験のつくりかた――人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ (著) 玉樹 真一郎 を数ヶ月前に購入しました。

僕が愛してやまないビデオゲームを、低俗な児戯としてではなく、ビジネスにも転用できる画期的な体験デザインとして紹介していく本です。元任天堂企画担当という肩書にも惹きつけられました。

んが……

この本……ぜんぜん面白くない

貧乏性なので、購入した本は読了するのが基本ですが、流石に本文中に「つまらないと思った方、ここまで読んでご苦労さま」と言われ、馬鹿馬鹿しくなり、本を投げてしまいました。

続きを読む

ジョン・ウィック - 最高に自惚れられる映画

f:id:smoglog:20200112131604j:plain

プライム・ビデオにて鑑賞。

結婚を機に足を洗った伝説の殺し屋が、最愛の妻の死の直後に、車を盗まれ、妻から贈られた犬を殺され、たった一人でロシアン・マフィアに復讐するアクション映画。

様式美と言えば聴こえは良いですが、ツッコミどころもある映画ですが、そんなこまけーことは良いんだよ! と頭を空っぽにして楽しめる映画でした。こんなふうに、キレることは現実では褒められたことではないのですが、キアヌ・リーブスさんのルックスと最高のアクションシーンで、とてもカッコイイ映画でした。

続きを読む