smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

バケタンブログ / SDソフビシリーズ:Zガンダム[2016年版と2017年版比較レビュー!]

f:id:smoglog:20170922230224j:plain

「C3 AFA TOKYO2017(旧キャラホビ)」の二日目に開催される、創通&サンライズの当日ライセンスが許可される「C3 AFA MARKET」で販売されたバケタンブログさんのゼータガンダムです。

ソフビ製で、全19パーツ(+1パーツ)しかも接着箇所なし、というトンデモナイ仕様となっています。

昨年に青色のみが発売されましたが、どうしてもプロポーションに納得がいかないと、19パーツ中9パーツ改修して、2017年版が販売されました。

ほとんど作り直しの域なので、こうなってくるとレビュアーとして比較レビューしたい……と思い、どなたか2016年版貸してくれないですか(チラッ、チラッ)とやっていたら、仏のようなコレクターさんにお借りすることができました(ありがとうございます!!!)。

 

大きさは約24センチと実物を見ると唸ってしまうようなボリュームです。

f:id:smoglog:20171016151719j:plain

 

今回の記事では、2016年版をバージョン1(V1)、2017年版をバージョン2(V2)と仮称します(かっこつけ〜)。

 

続きを読む

ゴッコ堂 / アストロ・ウンコツ ブリスターパック[ピンク]

f:id:smoglog:20171015152828j:plain

ゴッコマニアでゲットしたアストロウンコツのブリスターパックバージョンです。

こちらのアイテムは、なかなかゲットしにくいゴッコ堂作品の中で、入手が簡単であることをコンセプトに企画されたそうです。塗装版も今後リリース予定のようです。

その名の通り、ブリスターパックに封入されています。ホチキス止めなので、ストレスなく開封ができ、ブリスターのまま飾ってよし、取り出して遊ぶもよしです。

全高約13センチ。クリアフード/頭部/胴体/下半身/右腕/左腕の計6パーツとなっています。

 

続きを読む

関ヶ原の半分も面白さがわからない人の感想

f:id:smoglog:20170922230155j:plain

地元滋賀がロケ地として多数採用されていたので、気になっていた関ヶ原を見てきました。司馬遼太郎原作。

ぶっちゃけ、僕には面白さがわかりませんでした。日本史をしっかり勉強していて、史実と映画の内容の違いがわかり、登場人物がどんな人なのか名前を聞いただけで理解できないと、置いてけぼりになるような。かなり硬派な内容だったと思います。セリフも不明瞭で何言ってるのかわからないところもありました。歴史を知っていると「ははぁ、あのシーンだな」ってわかるんでしょうけど。キャストが被ってる(配役はちがうけど)清須会議のほうが、映画としてエンターテイメントとして楽しめた、というのが個人的な感想です。

 

続きを読む

1000toys(千値練)/ 出雲重機:Probe 20WT[1/12スケール]

f:id:smoglog:20170922230119j:plain

クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤ」でストレッチゴールを達成した出雲重機さんのプローブ20WTです。デザイナーは、大久保淳二さん。出雲重機は1998年にアートプロジェクトとして始まり、立体化プロジェクトは今回が3度めの正直だったようです。

キャッチーになるように、火器武装させるなどの案もあったようですが、もともとの「10数年後のリアリティ、近未来都市に働く用途不明な重機」というコンセプトのまま製品化されました。このコンセプトに惹かれたので、嬉しい。

構成パーツのジョイントはモジュール化され、今後製品化が計画されている他の重機ともブロック玩具のように組み合わせが可能となっています。

 

自分が出資したのは、早割の白と、アイボリーと黒のセットの二口でした。

1000toysで、IDA Security Editionが販売中(記事の投稿時)。

1/12 Scale Probe 20WT (IDA Security Edition) | 1000toys

 

続きを読む

ちみどろトイ(Blood guts toys) / サベージキッド[屁泥カラー:STAYMELLOW × VillageVanguard MUSEUM限定]

f:id:smoglog:20170922230053j:plain

ヴィレッジヴァンガードのイオンモール長久手店にて、新進気鋭のクリエイターが集まるSTAYMELLOW × VillageVanguard MUSEUMのライブペイント&物販が開催され、そちらで販売されたサベージキッドの屁泥カラーです。

ちみどろトイ(Blood guts toys)さんのアイテムは東京の大まん祭のときにも入手を試みたのですが、その時は抽選番号が悪く撃沈。今回は愛知県郊外の長久手のイオンモールにて開催だったので、東京ほど列びはキツくないだろうと踏んで、開催はお盆だったと思いますが、前日に知って急遽会場へと向かい、狙い通りにゲットしました。

f:id:smoglog:20170922230103j:plain

僕の入手した鬼? の頭部と骸骨の頭部バージョンがあり、各3点ずつ合計6個。東京のイベントだったら入手は難しかったと思います。アーティストさん本人とも会話できましたし、すごく貴重な体験でした。

f:id:smoglog:20170922230104j:plain

 

サベージ(Savage)とは獰猛(どうもう)な、残忍な、残酷な、野蛮な、未開の、(自然のままに)荒れた、荒涼とした、飼い慣らされていない、野生の、かんかんに怒った等の意味。参照-savageの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

 

 2パーツ構成、成型色は朱色。

屁泥カラーと名付けられましたが、色数が豊富でとても綺麗な塗装です。

全高約13センチ。

 

続きを読む

千値練 / 4インチネル: ロックマンDASH ロック・ヴォルナット

f:id:smoglog:20170922230044j:plain

初代PSで発売されたフリーランニングRPG「ロックマンDASH」の主人公ロック・ヴォルナットが4インチネルにラインナップされました。

ロックマンDASHは、コンシューマ機で本編2作、外伝1作が発売、長らく新作の発表が無かったのちに本編3作目の発表があったものの、後に中止となりました。一連の流れの中で、ロックマンの開発に深く関わった稲船敬二さんがカプコンを退社、外から見聞きする分には円満退社という感じではなくて、ファンにとっては色々な想いが入り交じるタイトルとなっていました。根強いファンが未だにいるものの、立体化などはあまり無かったように思います。
4インチネルでロックマン、ロックマンX、ロックマンエグゼと来て、次はDASHが来たらな〜、なんて夢想したら本当に出てビックリしました。

全高:約100mm、付属品は平手(左右)、ロックバスター、ヘルメット付き頭部パーツ、専用台座となっています。

 

続きを読む

スパーダーマン・ホームカミングの感想[ネタバレ有り]

https://www.instagram.com/p/BXxb5cEjHw5/

何度目かわからないくらいの新しいリブートされたスパーダーマンです。

結構前に見たのですが、レビュー記事上げるの忘れていました。

僕の悪いクセで、不満(こうしたらもっと良くなるのにという意見)がある映画、文句なしに良かった映画、毒にもクスリにもならない映画の順でレビュー意欲が失せます。おそらく僕の普段の生活が冴えてなさすぎの反動なのでしょう。

前回記事でエウレカを叩いた反動で良かった映画のレビューが書きたくなりました。

文句なしに良かった映画です。

 

続きを読む

交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1の酷評[ネタバレ有り]

f:id:smoglog:20170927181901j:plain

交響詩篇エウレカセブンのリメイク劇場版を見てきました。

かなり期待を裏切られました。

U-NEXTというビデオオンデマンドサービス(フールーとかネットフレックスのような)のキャンペーンで、会員になるとタダ券が貰えました。無料期間内に解約すればタダなのでラッキーでした。タダでなければ、この記事はもっと酷いものになっていたでしょう。

 

「交響詩篇エウレカセブン・ハイエボリューション」、このタイトルを聞いて期待したのは、新しいキャラクター、美麗な新規の映像、明かされなかった謎や伏線の回収でした。

不満に思うことは、超進化と言うには3分の2がTV版の素材をそのまま使った総集編だったことです。「新劇場版ヱヴァンゲリヲン:序」だと思ったら「シト新生」だったんです。

初見では圧倒的な説明不足ですし、一体誰に向けて作られたのか疑問が残りました。この不満はおそらく予想できたとおもいますし、ファンを食い物にしたかっただけの企画だったのかもしれません。

 

続きを読む

JUNX outside TOY SHOW Vol.9 に行って来た!!

f:id:smoglog:20170922230014j:plain

9月24日、名古屋の吹上ホールにて開催された「ジャンクス・アウトサイド・トイショウ」に行ってきました。

入場料は1200円(前売り1000円)。

第9回目を数えるJUNXですが、初めて行きました。初にして最後のJUNXとなってしまいました。そう、残念ながら今回が最後のようです。

 

JUNXとは?

トイ( おもちゃ )をメインに全国各地から集まった出展者様が「良い」と思った、 【 仕入れたモノ 】【 描いたモノ 】【 作ったモノ】 が、 見たり買えたりできる東海唯一の トイ&マーケット&アートが集まったイベント。

 

主なイベント内容

  • アメトイや映画グッズ、クリエータートイ&グッズ、ソフビ、アンティーク、ヴィンテージ雑貨や家具、アパレル、アメリカンな自転車や家 等 様々な商品の販売。​
  • プロ、セミプロクリエーターによるカスタムトイの展示やライブアートペイント。​
  • 映画の先行告知&パフォーマンス。​
  • メイクアーティストによるフェイスペインティング、傷等の特殊メイク。​
  • 出店者様、来場者様の仮装( コスプレ )も毎年恒例となっております。   

引用‐junx-outside-toyshow

 

続きを読む

IROCO by MAINAGAMOTO / INNOCENT & CORE[アンガーチッコウ]

f:id:smoglog:20170922230013j:plain

画家ナガモトマイさんの虹を吐く怪獣「イノセント」とけん玉を持つ角ある少年「コア」、その怒りバーションです。7月に抽選販売されました。

塗装はマイさんご本人が手がけられています。

 

イノセント怒り、約13センチ、2パーツ。

コア、約4センチ、2パーツ。

 

続きを読む

Unbox Industries / Oliver Jeffers: Edmund and the Rocket

f:id:smoglog:20170915001834j:plain

ワンフェス2017夏にて手に入れたエドモンド宇宙飛行士とロケットのセットです。デザイナーはオリヴァー・ジェファーズさん。オーストラリア生まれの美術家・イラストレーター・絵本作家で、この作品は「Once Upon an Alphabet」という本に登場するようです。現在はアイルランドに在住?

 

続きを読む

Kennyswork × INSTINCTOY / Erosion Molly "Green Fairy"

f:id:smoglog:20170917194305j:plain

記念すべき777記事目ってことで久々に野外撮影に挑みました。

Kennysworkを主催するKenny Wongさんは、アジア圏を中心に熱狂的なファンを持つ香港のアーティストです。公式サイトの略歴を参照にすると、香港イラストレーター協会の創立メンバーで、米国ディズニーランドがミッキーマウスをケニーに委任し、「ミッキーデザイナー」 シリーズ を手掛け、香港で初めての認定デザイナーになったとあります。モリーは2006年に誕生し、自らを”モリー画家”と称するほど、モリーは彼を代表するモチーフになったようです。

参照‐kennyswork

 

インスティンクトイさんとのコラボは、モンスター台北の「KENNYSWORK x Artist party show(2016)」にて発表された「穿著怪獸衣裝的Molly(日本語のタイトル不明…、この名前でグーグル検索すると出てきます)」です。展示品だったのか販売品だったのか定かではありませんが、その姿はミニインクの胴体、ミニムッキーの両手、バットリキッドの羽根と既存アイテムの組み合わせではあるものの、今回紹介するErosion Mollyの前身になった事は明らかです。

Erosion Molly(侵蝕モリー)と名付けられたこの作品は、2017年に同じくモンスター台北で開催されたKennyswork × INSTINCTOY個展で初売りされました(すみません、間違っているかも)。1stカラーは僕が今回ゲットした「Green Fairy」。Kennysworkさん提案カラーで、モリーのデフォルトカラーである金髪とグリーンアイに、恐竜っぽいメタルグリーンのボディとなっています。Kennysworkさんの意向で各色上限300体となっているようですが、今後もカラーウェイがゾクゾクと登場する予定のようです。

あ、ちなみに今回のもワンフェス2017夏で入手しています。

 

全高約24センチ。

可動箇所は頭、両腕。

追記。王冠も動きました。ちょっぴり「K」がズレているのはその為です。申し訳ない。

 

続きを読む

シカマァク / 鋼鉄シリーズ:キョンシネーター[黄色成形/WF2017S]

f:id:smoglog:20170817132111j:plain

ダダスタダダン、ダダスタダダン♪

ワンフェス2017夏のアイモ堂さんブースで無告知・突発で販売されたキョンシネーターです。

イベント販売や抽選販売もされましたが、毎回大人気で購入できていなかったので、幸運にもゲットできて嬉しかったです。

茂淋寺の住職、守鶴の弟で中国に渡った正英道士により産み出されたアンドロイドキョンシー。

道士が某世紀末映画の大ファンらしく、骨格ベースを例の800番台のアンドロイドを模して造るも、「皮を被せたら見えなくなっちゃう!」と言う理由であえてアンドロイド部を露出して造られた。

お札には道士の命令通りに動くよう、制御システムが組み込まれているが、道士の目を盗んで少しずつ焼いている。

お札は原因は不明のバグにあてられているパッチ(修正プログラム)のようなものであり、それが外れると・・・

 

引用‐シカマァク

全高約19センチ。

頭部/右腕/左腕/胴体の4パーツ。

御札と首飾りが付属。

 

続きを読む

Unbox Industries / CATOPHILIA: HIME’S CAT

f:id:smoglog:20170817132108j:plain

本日よりワンフェス2017夏で購入したものの紹介です。

一部まだ受け取りできていないものがありますが、それは追々紹介したいと思います。

今回は、アンボックスさんのヒメズキャット。

ローテーション成形のPVC製フィギュアで、本体と帽子の2パーツ、全高約8センチ。

古いノベルティグッズのようなノスタルジックを感じさせる佇まいとなっています。

価格が2000円と思わず安ッ! と購入。

今のところカラーリングは3種類あるみたいですが、すでに完売しています。

ワンフェスで販売されていたのは、蔵出し品だったのかもしれませんね。

機械翻訳なので、まちがっているかもしれませんが、デザイナーは台湾を中心に活動するヒメさん。もともと「Catophilia」というプロジェクトのイラストシリーズとして描かれていたそうです。

 

続きを読む