読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ミロクトイ / 侵略者タイプA セベック[迎春招福カラー]

レビュー トイ

f:id:smoglog:20170205232751j:plain

久しぶりにソフビのレビューです。

仏像とサイエンスフィクションを融合した、奇想のDr.ミロクシリーズですが、龍燈鬼改&御神岩ロケットを皮切りに、その第2部がスタートしました。

今回レビューする第2部の新しいキャラクターは、今まで仏像をフューチャーしてきたこのシリーズ初となる、体外勢力からの侵略者! にしてシリーズ最大のボリュームとなります。

田舎で悠々自適な隠居生活をしてきたミロク・ネコバーグ博士が、狂気の兵器開発の道に踏み入れる原因となったのは、彼等インベーダー達の襲来を知ってのことなのでしょうか。

 

第一回東京コミコンにて未塗装版が2種類販売され、今回の赤成型色のものが塗装版としては最初となります。12月に抽選販売開始、新年明けてから当選者に発送。新年を記念したカラーリングは過去にもあり、今後定番となるカラーリングかも知れませんね。

 

全高約25センチ。パーツは、頭部/胴体/二ノ腕×2/前腕×2/腰/足×2/乗っ取りパーツ(後述)で計10パーツとなり、サイズ・分割数供にシリーズ最大となります。

 

続きを読む

タカラトミー / ダイアクロン: パワードシステムセット Bタイプ

トイ レビュー

f:id:smoglog:20170205232656j:plain

35年ぶりに復活を遂げたタカラ社(当時)のダイアクロンシリーズより「パワードシステムセット Bタイプ」です。

ダイアバトルスV2は未購入ですが、こちらはワンフェス展示の時から気になっていて、購入予定でした。

さて、ダイアクロンシリーズですが、まわりのコレクターさんの熱狂ぶりには、個人的にピンと来ていませんでした。小学生くらいから、もっぱらBB戦士ばかりだったからかな〜? と思っていたのですが、このシリーズが展開されていたのは1980年〜1984年で、僕は生まれてないか2歳とかだったので、知らないのは当たり前ですね。

ダイアクロン ダイアバトルスV2 初回限定版

ダイアクロン ダイアバトルスV2 初回限定版

 

 

1984年には、ダイアクロンシリーズは一部設定を変更して、アメリカでは「トランスフォーマー」として大流行、その後日本に逆輸入され、ダイアクロンシリーズは発展的解消となったようです。

参照‐ダイアクロン - Wikipedia

 

35年ぶりとなるダイアクロンシリーズは、対象年齢15歳以上となっていおり、作りの細かさなどを見ても、当時ままの「子供の心」を持った大人たちに向けた商品企画であることが見て取れます。

元々のコンセプトの「隊員と複雑な変形合体ロボの取り合わせ」は守られており、集めて遊びたい欲求が高まるため、大変危険なオモチャだと思いました。

 

続きを読む

PEW PEW GUN / 機械人形素體 憑依壳 量產型[1/6スケール・白]

トイ レビュー

f:id:smoglog:20170205232626j:plain

Robotic Nude Body PINYIKE MASS PRODUCTION TYPE

中国の新興メーカー「ピュウピュウガン」より受注販売された「憑依壳(ピニィケって読むのかな?)」です。ロボットの素体としてデザインされているので、コンセプトとしては1000トイズの合成人間と同じかな、と思います。

公式サイト:PEWPEWGUN

 

第一次プレオーダーでは白と黒が販売され、僕は白を選択。この手のプレオーダー品に漏れなく、手元に届くまで1年程かかりました。価格が合成人間と同じくらいかな、と思ってたんですが、調べてみると送料込みで190ドルと結構割高でした。

新興メーカーの最初の製品ということで、出来には心配がありましたが、イベントで先行販売されたものを手にした人の感想では、かなり良いということで購入しました。

 

続きを読む

1000toys(千値練) / 東亜重工: 合成人間[1/12スケール]

トイ レビュー

f:id:smoglog:20170205232617j:plain

前回に続き、東亜重工の合成人間です。

今回は最近販売されたばかりの1/12スケール版です。

1/6スケール版は英語表記のみの公式サイトで、あたかも海外トイをオーダーするかのような購入体験でしたが、1/12スケール版は小売店で一般流通しました。買いやすくして大量生産して価格を抑えるための手段だったと思います。大きさ半分だからって単純に価格が半分になるわけないですもんね。

シドニアの騎士がアニメ化されて、ブラム! も劇場アニメ化決定など、追い風があるものの、登場しないキャラクターなので、勇気がいる判断だったのでは、と思います。

1/12 東亜重工製合成人間 1/12スケールPVC&ABS製塗装済み可動フィギュア

1/12 東亜重工製合成人間 1/12スケールPVC&ABS製塗装済み可動フィギュア

 

 

大きさ半分になっても素晴らしい出来栄えです。

僕がお金持ちだったらグロスでズラリと並べたいくらいです。144体。

1/6との構造的にも見た目にも多少の違いがありますので、比較してレビューもしたいと思います。

 

続きを読む

1000toys(千値練) / 東亜重工: 合成人間[1/6スケール・再販版]

トイ レビュー

https://www.instagram.com/p/BOi20baAGQ7/

漫画家・弐瓶勉さんの作品「BLAME!」「バイオメガ」「シドニアの騎士」などに登場する架空の巨大企業「東亜重工」。そのプロダクトをフィギュアとして1000トイズが展開する、その名も「東亜重工」ラインより、一番最初に販売された合成人間の再販バーションです。

新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

言い訳がましいですが、一応最初の受注のときも気がついていたんですよ、けれど「オリジナル作品(漫画やアニメ等のキャラではないもの)縛り」というコレクションしていく上でのリミッターがあったため、その時はスルーしてしまいました。この縛りも、かなり緩いんですけど、その時は軍資金も乏しかった。あとクレジットカードも持ってなかったのかも?

 

後になって合成人間そのものは、東亜重工の製品をイメージして作られたオリジナルであるという事と、出来の良さを知って、ワンフェス・Webで販売された装試体バージョンや、初版のキャンセル分などの抽選販売にも挑戦しましたが、あえなく撃沈。定価の2倍も3倍もする転売品なんか買えないし、バリエーションもゾクゾクと出たのですが、どうしてもオリジナルの合成人間が欲しい……ってところに、受注販売の再販です。

 

中の人曰く、再販版はよりデコマスに近くなったそうです。

 

再販1/6合成人間 確認中。 #1000toys #arttoy #scifi #scifiart #mangaart #toystagram

Tobari Yutaさん(@sakichooboy)が投稿した写真 -

初版との違いは、東亜重工フォントで「再」と書かれた化粧紙(上の画像)が付いてきます。違いはそれだけかな?

 

ところで、今まで1000トイズ=千値練と思っていたのですが、実際のところはどうなんでしょうか? トヨタとレクサスみたいな関係だと勝手に解釈していたのですが……。でも信頼のブランドですね。とにかく出来が良いです。

 

続きを読む