smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

約20時間プレイ・デスストランディング所感‐賛否両論なのに満点の理由

f:id:smoglog:20191108030811j:plain

ツイッターのタイムラインでも、そろそろクリアしたフォロワーさんが出てきた、デスストランディングですが、自分はゆっくり進めていて、現在20時間くらい、エピソード3のおそらく後半くらいでしょうか。

2時間プレイしたくらいで、存外自分に非常にフィットしたゲーム性だったので、興奮気味にファースト・インプレッション記事をアップしました。ゲームにも慣れてきましたし、ゲーム要素もそれなりに出揃ってきましたので、もう少し詳細なレビューが書けそうです。ネタバレなしです。

smoglog.hatenablog.com

  • 満点のゲームってどんなゲームだろう
  • オープンワールドゲームにおいて革命的な移動の楽しさ
  • オープンワールドゲームじゃないと思う
  • 欠点:UX、UIにはクセがある
  • 肝心のストランドゲームの面白さについて
続きを読む

筆や写楽 / KUMADORI-ロープライス・ハイスペックが魅力のペンタブレット

アナログ画材を展開していたRAYWOODが、日本発のデジタル画材ブランド「筆や写楽」を新たに創設し、新商品として2019年11月8日(金)よりロープライスペンタブレット「KUMADORI」をAmazon.co.jpにて発売しました。キャンペーンで半額だったので購入。そういうのに弱い。あんまり詳しく調べていなかったんですけど、人気あるみたい。ツイッターのトレンド入りしていましたし、現在Amazonでは売り切れ。

  •  詳しいスペック
    • ■「KUMADORI」について
    • ■充実のスペック
    • ■広々快適、描きやすいワークスペース
    • ■軽くて疲れにくい、充電不要のスタイラスペン
    • ■製品仕様
  •  ところで、お前ペンタブいるの?
  • 内容物について
  • 軽く触って思ったこと
続きを読む

Caveblazers-高難易度ローグライクアクションゲーム

f:id:smoglog:20191107001530j:plain

Caveblazersは、ニンテンドースイッチとWindowsにて配信中のインディーズゲームです。

 

f:id:smoglog:20191107001510j:plain

横スクロール自動生成されたダンジョンを、モンスターを倒して突き進んでいくゲームです。死んだら最初から……のローグライクなシステムです。凶悪なボス、憎たらしいギミックや敵の配置、ランダム要素の強いアイテムや加護(アビリティのような恩恵)が複雑に絡まって、一度プレイしたら辞め時を失う面白さ。

 

f:id:smoglog:20191107001619j:plain

個人的にトップビューのエンターザ・ガンジョンよりも好きです。

smoglog.hatenablog.com

続きを読む

TkoM (コムロタカヒロ) / ゲロリン[Vortex・OIL by 美術手帖限定]

f:id:smoglog:20191111121042p:plain

アクションフィギュアやソフビに影響を受けた彫刻家コムロタカヒロ(tkom)さんの個展「Vortex」を記念して、現代アート作品を取り扱うOIL by 美術手帖にて抽選販売された限定ガチャサイズのソフビ「Gerorin」です。100個限定(うちOIL by 美術手帖で30個が抽選販売されました)、全高約6.5センチ、2パーツ構成。8月末に抽選、発送はちょっと遅れて11月頭でした。

Vortex展はすでに終了しています。2メートル超えのマジックドラゴン見たかったです。700万円でしたっけ? 余裕で買えたけど、我慢しました(大嘘)。

続きを読む

ターミネーター:ニュー・フェイト 吹替版の感想

ターミネーター2以降に作られた数作を無かったことにして、正当な続編として、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが制作に関わった作品になります。同じく、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンも同役に復帰……とファン待望の作品になるか! ……と思いきや、全米公開時の観客動員数は芳しく無く、赤字のようです。2以降のターミネーターも2本ほど鑑賞していますが、ちょっと怖いなぁ……と思いつつも見てきました。

 

良かったです! 

「大将、ターミネーター一つ!」

「あいよ、ターミネーター一丁!」

「おー、これこれ!」

……って感じ。

続きを読む

gone home - 一人旅から帰って来たら……家探しウォーキングシミュレーター

f:id:smoglog:20191102180453j:plain

デス・ストランディングをプレイ中なので、しばらく書き溜めておいたゲームの感想が続くと思います。

smoglog.hatenablog.com

gone homeは、2013年に発売した、ウォーキングシミュレーターというジャンルを代表するタイトルです。数々の賞を獲得し、 PlayStation 4、 Nintendo Switch、 Xbox One、 Microsoft Windows、 Linux、 Classic Mac OS、 iOSなどでプレイすることができます。

わずか3名で作り上げたゲームですが、洋館という限定されたミニマルな舞台で、残された日記やメモ、状況などから、一体何がこの家で起こったのかを推測していくストーリーテリングが秀逸です。

物語のあらすじはこうです。

父と母、姉と妹の家族構成の一家は、とあるいわくつきの洋館に引っ越しするのですが、姉は新しい家に引っ越す前に、海外へ一人旅に繰り出します。


f:id:smoglog:20191102180504j:plain一年後、やっと帰ってきた新しい我が家。家族の顔がやっと見れる……そんな風に思っていたのに、家族の出迎えはありません。

一体、家族の身に何が起こったのでしょうか?

 

f:id:smoglog:20191102180552j:plain

我が家なのに、ここは一度も入ったことがない姉のケイティ。誰も居ない洋館は不気味な雰囲気です。家探しの後なのか引っ越しで荷解きができていないのか、とっちらかっています。

 

f:id:smoglog:20191102180518j:plain

設定が上手いのは、主人公もプレイヤーも、この家の間取りもスイッチの位置も知らないということ。主人公=プレイヤーの構図がバッチリ嵌っています。

 

f:id:smoglog:20191102180541j:plain

残されたメモを頼りに、洋館の中を調べていきます。

古い洋館は入り組んでいる上、家族の秘密が隠されています。

 

f:id:smoglog:20191102180627j:plain

改めて思うのは、ウォーキングシミュレーターというのは、3D表現を手に入れることで別方向へと進化したテキストアドベンチャーなのだということ。かつてはテキストで説明するしかなかった状況説明を、舞台そのもので端的に表すことができます。

 

f:id:smoglog:20191102180458j:plain

自分がプレイしてきたウォーキングシミュレーターより古い作品なので、演出面ではシンプルですし、ボリュームも2時間足らずでエンディングを迎えてしまいます。しかし、このゲームでの体験はまさにゲームならではのものでした。

すこし古いタイトルですが、今遊んでも新鮮に感じると思いました。おすすめです。

smoglog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

クリアした人向けネタバレ

 

 

 

 

 

 

同性愛者であった妹を受け入れられなかった父と母。ぎくしゃくしていた夫婦関係。知ってか知らずか、その問題から逃れていたかのように旅に出ていた主人公。家という家族の住処を舞台にしながら、家族がバラバラになってしまっている状況が淡々と描かれます。

結果的に一家離散をつなぎとめる可能性があったのに、その場にいることが出来なかった姉であるプレイヤーは、物語が悲しい方向へと確定していくと、後悔の気持ちを抱きます。洋館には能天気にも旅先から送った絵葉書が残っています。これが届いた時、家族の状況はどうだったのだろう? どうしてもっと旅を切り上げなかったのだろう? 考えても仕方のないことなのに……。この感覚は、このゲームだけの体験でした。

 

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

 

 

約2時間プレイ・デスストランディング所感‐僕にはバッチリ繋がったぜ

f:id:smoglog:20191108031023j:plain
なんと幸福なことか。
本日8日発売のデスストランディングをダウンロード購入して、日付が変わった瞬間にプレイ開始、2時間ほどプレイできました。

続きを読む

冬のアトピー対策‐おすすめの保湿クリーム

自分は幼稚園児くらいの時からアトピーなんです。数年前に部分的ですが、思春期以来のひどい状態になり、無糖ヨーグルトと保湿クリームで状態がかなり改善しました。

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

保湿クリームは、肌が弱いからこういうのを付けると余計に痒くなるという固定観念があり、こんな簡単にかゆみを止めることができるなんて! と目からウロコでした。

続きを読む

「ゲームで時間を潰せる奴がちょっと信じられない」奴がちょっと信じられない

f:id:smoglog:20191106104023p:plain

匿名ダイヤリーに「ゲームで時間を潰せる奴がちょっと信じられない」という記事があった。反論しても良いとのことなので、記事にする。ネタ提供ありがとうございます。

anond.hatelabo.jp僕はゲームスキーなので、ちょっと攻撃的というか揚げ足取りになってしまうのはご了承いただきたい。

記事にはゲームをやる奴の信じられないポイントが4つの理由が上がっている。

(1)値段が高い

(2)プレイに時間がかかる

(3)話題を共有できる範囲が狭い

(4)実生活へのフィードバックが少ない

たったひとつのタイトルを上げるだけで論破できる。

 つ「フォートナイト」

(1)基本プレイ無料。

(2)ワンマッチが一時間もかからない。

(3)プレイ人口は二億人だ。

(4)極めれば賞金稼げる。面白ければ実況で稼げる。

別にフォートナイトじゃなくても、PUBGでも荒野行動でもハースストーンでもポケモンGOでも良い。ポケモンの場合は、4つ目の理由が健康になる、かな。

この意見にも反論はできるだろうけど、本体が高いとか、自分のまわりじゃ流行ってないとか、賞金稼げるとか希少すぎるとか……たぶん、ゲームしない人はいくら反論を上げたところでゲームをやらない。それで満ち足りた人生ならそれで良いのではないか……。おしまい。

……だけでは記事が短いので、個別にもう少し補足する。

続きを読む

音質評価編:Echobox Finder x1‐堅牢チタンホディのイヤホン

f:id:smoglog:20191104012946p:plain先日開封編を記事にしたエコーボックスのファインダX1の音質チェック編です。日本での元値27,000円の高額イヤホンの実力は如何に。

※素人評価なので、ちゃんとしたレビューは期待しないでください(笑)。

日本の元値27000円の高額イヤホンの実力は如何に。

smoglog.hatenablog.comメーカーが言うには、中の振動板がPEEK材という硬い素材なので、60~80時間程度のエージングを推奨ということでしたので、約3日間、ピンクノイズを鳴らしました。

ピンクノイズでエージングするのは初めてでした。ってかピンクノイズってどんなイヤラシイ音してるんだろ? と聞いてみましたが、これがまた……。これ以上は大人の世界だぜ……。


[10時間10Hours] エージング用ピンクノイズ 【イヤホン ヘッドホン スピーカー】

エージングについては、オカルトという説もありますけど、自分は効果あるにしろ無いにしろ、あるって信じてますね。所詮、音の善し悪しって僕の頭の中だけで、他人にまったく同じものを共有なんてできないんですから、音が良くなった気がするだけでも、自分にとってはプラスですもん。

音質評価についてですが、僕の耳は全く当てに出来ません。片方の耳は聞こえが悪いですし。

続きを読む

BROTHERS HOBBY JP(大阪心斎橋)にお邪魔してきた!

※店舗内撮影は許可頂いております。

先日からツイッターのフォロワーさんの間で話題沸騰のお店。先日ゴッコマニアで大阪に行ったので、ちょっとお邪魔してきました。

BROTHER HOBBY JPさんは大阪の地下鉄御堂筋線心斎橋駅を出てすぐの時計屋さんの4階にある玩具屋さんです。日本でここでしか扱っていないであろう玩具が沢山。

公式サイト:https://www.broshobby.com/jp/

続きを読む

GB/GBA互換機Analogue Pocketは日本にやってくるのか?

f:id:smoglog:20191102130148p:plain

※この記事は公式サイトの画像を引用しています。

プレイデートの受注開始が待ち遠しい今日このごろですが、先日また新たな注目携帯ゲーム機が発表されました。

smoglog.hatenablog.com

今回記事にして紹介するのは、アメリカのシアトルにある高品質なゲーム互換機・周辺機器に定評のあるアナログ社が2020年に発売を予定しているGB/GBA互換機のAnalogue Pocketです。

公式サイト:Analogue - Pocket

 

続きを読む

ランブルモンスターズ×リアルヘッド / Anotherエイリマン

f:id:smoglog:20191102033836p:plain

10月にInstagram上で抽選販売された、ランブルモンスターズさんによる塗装のリアルヘッドさんのエイリマンです。

コラボが予告されていましたが、エイリマンをチョイスされるとは驚きです! たまたまアプリを起動したら抽選開始の投稿がでて、エイリマンは持ってるとか財政事情などの逡巡もなく、光の速さで応募! 

あとで友人に聞いたら、5分ぐらいでクローズしてしまったそうなので、鈍くさい自分とは思えない好判断でした。最近はInstagramの投稿を全部絶対見て「いいね!」するマンではなくなってしまったので、御縁があったと言うことで。おそらく予定数がオーバーした瞬間に応募締め切りしたみたいですね。

成型色は黒、全高約22センチ、計7パーツ、リボン付き。

続きを読む

ゴッコ堂 / ガマエモン&開運コツ[ゴッコマニア2019in大阪限定]

f:id:smoglog:20191101224138p:plain

ゴッコマニア2019in大阪でゲットした作品もラストです。

今回は1パーツ指人形と缶バッチを紹介します。

缶バッチは7.5センチの大判サイズで、今回のイベントのメインビジュアルがデザインされています。大阪を代表する名物が配置されていますね。食い倒れ人形、グリ◯のマーク(ゴッコって書いていますが)、通天閣、カニの巨大看板がキャトルミューティレーションされています(笑)。まさしくアストロウンコツ襲来!

  • ガマエモン
  • 開運コツ
続きを読む