smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

FireWatch - ラストにガッカリした人必見! 本当の真相を考察(ネタバレ)

f:id:smoglog:20190115200932p:plain

非常に面白くて一気にエンディングまで遊んでしまったFireWatchについて、ネタバレの考察記事です。

物語の結末に満足しているのでしたら、読まない方が良いと思います。

 

ネタバレなしの感想はこちら

smoglog.hatenablog.com

 

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

続きを読む

FireWatch - ゲーマーよりも山好き本好きに超オススメ(ネタバレなし)

Panicから発売(開発はCampo Santo)されたFireWatchをプレイしました。

めちゃくちゃ面白くて、一気にエンディングまで行きました。プレイ時間は4時間程度です。コスト的には映画を一本見る感じで、丁度いいボリュームに思いました。非常に良くできたサスペンス・スリラーで大満足です。

PanicはMacの最古参のデベロッパーなので、Mac版もあります。というか、Windows、Linux、PS4、XB1、Switchと主要なプラットフォームは全部網羅されています。自分はSteam(Windows版)でプレイ。

特にオススメなのはゲーマーよりも、アウトドアが趣味の人、ミステリ映画や文学が好きな方です!

続きを読む

白熊屋 / 白熊安全[赤]

f:id:smoglog:20190111145947p:plain

12月に開催されたクリエイターズマーケットで手に入れた白熊屋さんの白熊安全です。原型が公開された時から狙ってました!

 イベント紹介記事:

smoglog.hatenablog.com

 

ご覧の通り、安全コーン(カラーコーン)をかぶった白熊です。カラーコーンと胴体で2パーツ構成。高さ約8.5センチ。成型色は若干グレーかかった白。カラーコーンの赤は染められています。

続きを読む

B2Five / ACIDRAIN:WAVE3SP_01 STEALTH CHAPEL HETT600e

f:id:smoglog:20190110223008p:plain

旅やら自作パソコンやらで約一ヶ月ぶりの玩具レビュー記事。

昨年の11月に届いたB2fiveのアクションフィギュア「アシッドレイン」シリーズより、ステルス・チャペル・HRTT600eの紹介です。

このモデル、日本ではワンフェスなどイベント会場限定で先行販売されているようです。ステルスカラーは限定モデルみたいなので、ちょっと入手困難です。

https://artstorm.co.jp/b2five_acidrain_bw3_03.html

 

-ACID RAINとは-

1945年、連合国と枢軸国は原爆の開発に成功し、互いに原子爆弾の投下に至った。双方共に軍事や経済に大打撃を受けた為、第二次世界大戦を中止せざるをえなかった。

放射能汚染は全世界に恐ろしい影響をもたらしたが、本当の悪夢は始まったばかりだった。 政府が領土や人民を支配する権力を失えば、社会制度は崩壊するだろう。多くの国が解体し、軍閥や大企業に統治された都市国家になった。小規模な地域紛争は止まらず、企業も政府を後ろ盾にし、自然や民衆の損害を無視して無秩序に資源を開拓していった。

数十年の戦争を経て、NBC兵器の長期に渡る大量使用の結果、放射能汚染は限界に達していた。酸性雨は世界中に幅広く拡散し、"アシッドレイン・エイジ"という、人類がガスマスク無しでは生きていけない時代が幕を開けた。

時は2012年、物語の場所はアーガス、地球上で稀有の豊かな大地と新鮮な空気を持つ場所である…。 

引用ーB2FIVE ACID RAIN

ちゃんとしたバックストーリーが、B2fiveの日本代理店であるアートストームのサイトに掲載されていました。

 

続きを読む

Ryzen5 2600Xで自作PCを組む4.Steamでゲーム

f:id:smoglog:20190108155243p:plain

トラブルも多かったですが、やっとゲームが遊べます!

smoglog.hatenablog.com

 

ゲームの前に、ブラウザをWindowsEDGEからVivaldiにしました。

あなたが作るブラウザー | Vivaldi

なんとな~くクロームは避けがちです。まぁ、中身はChromiumなので、兄弟みたいなものですが。

WindowsEDGEはエクスプローラーよりは好きですけど、あえて使いたいブラウザではないですね。

マイクロソフトIMEはGoogle日本語入力にして、スチームって入力するとSteamと変換できるようにしました(IME使えねぇ!!)。

満を持して、Steamをインストール。

  • Steamコントローラ
  • ゲームを買う
  •  自作PCを組むシリーズ

 

続きを読む

Ryzen5 2600Xで自作PCを組む3.OSインストール トラブルは続くよ何処までも

f:id:smoglog:20190106171031p:plain

昨日はBIOS起動まで完了し、段取り上手なボクちん(自画自賛!)は裏でWindowsOSをインストールするためのディスクイメージを作成し、USBメモリに落としてありました。さあ、あとはインスコだけだ!

続きを読む

Ryzen5 2600Xで自作PCを組む2.組立/BIOS起動 トラブルもあるよ

f:id:smoglog:20190106170555p:plain



昨日は仕事はじめでした。

ケースが届いていたので、帰宅後早速組み立てました。

組立自体はドライバーなど道具がしょぼくて苦労しましたが、2時間程度でできました。うまく行き過ぎると記事のネタにならないし、かと言って酷いトラブルは嫌だなァ……と思ってましたが、はてさて……?!

パーツ構成については前回記事にて。

smoglog.hatenablog.com

  • 道具の用意・準備
  •  マザーボードにCPUを取り付ける
  • メモリの設置
  • CPUクーラーを付ける
  • ケースにマザボを設置する
  • グラボを取り付ける
  • 電源を取り付ける
  • ストレージを取り付ける
  • 配線をする
  • スイッチ・オン! しかし……
  • 自作PCを組むシリーズ

 

続きを読む

本体価格約14万円! Ryzen5 2600Xで初ゲーミング自作PCを組む1.パーツ紹介編

f:id:smoglog:20190103162230p:plain

新年一発目の散財は自作PCです。

ほしいのがなくてパーツが揃ってなくて(Amazonで発注済)組めませんが、ここでパーツ紹介します。

続きを読む

玩具納め、仕事納め、ブログ納め

https://www.instagram.com/p/Br4aHn4HsLW/

今週のお題「2019年の抱負」

今年届いた最後の玩具は、ちみどろトイさんのピポパミッキー(画像)でした。

 

今日(正確には昨日の夜勤)で仕事が納まりました。

あっという間の一年でしたね! 

平成最後となりましたが、次の年号はなんでしょう?

今まで使ったことのない、画数の少なく、ポジティブな意味を持つ漢字が選ばれるそうなんですが……自分の予想は「栄安」かなぁ。

続きを読む

イベントで7時間一緒に列んだ人が転売屋だった話

f:id:smoglog:20181227160133p:plain

腹立たしいことに、いつぞやのソフビ販売イベントでご一緒だった二人組の片方が転売屋だったようだ(関係は不明だけど、もうひとりの方は開封してたし、コレクターなんだと思われる)。

イベントレポでは「他にもイベントが集中していたので、転売屋らしき人は居ないように思えた」と書いたが……。

続きを読む

クリスマスなのでSSDを買いました - amazonサイバーマンデーセールで買ったもの

f:id:smoglog:20181225221818p:plain

Merry Christmas! 

逃げも隠れもせず、予定が無いなら無いでキッチリブログ更新します。

自分は知ってますよ、こんな日でもパチンコ屋は繁盛しているし、ブログのビューもイブ・今日といつもの1.5倍ですよ(勝手に傷の舐め愛)。

amazonサイバーマンデーセールで買ったSSDが届きました(届いてました)。

smoglog.hatenablog.com

続きを読む

GRIS[Switch版] - ネタバレ・ストーリー考察

f:id:smoglog:20181224021533p:plain

*この記事には、パズルアクションアドベンチャーゲーム「GRIS(グリス)」のネタバレが含まれます。また、このゲームのストーリーは曖昧な部分があり、人ぞれぞれの解釈が可能となっていますので、この記事のストーリー考察は、あくまで僕個人の考えによるものです。

 

序盤をプレイしてのレビュー: 

smoglog.hatenablog.com

 


GRIS[Switch版] をクリアしました。難易度は簡単と言われていたものの、自分にはヌルすぎず難しすぎず、丁度よい難易度でした。

パズルはミスリードをしないように親切に作られていますし、アクションも気持ちよく丁度いい感じでした。プレイ時間は3時間程度でしょうか。毎日1ステージを30分ずつやった感じです。実績は全部開放してませんし、隠れ星も全部獲得してませんが、一応クリアしたということで。

 

買って損はなし! なゲームでした。

素晴らしいアートワーク、上手なレベルデザイン、卓越した演出。

確かに物語成分はあっさりめでしたが、主人公の深層心理世界を投影したビジュアルに暗喩が隠されており、そこから物語の背景を読み解く味わい深さがありました。

 

序盤から自分なりのストーリー考察をしてみました。

ゲームに物足りなさを感じた、またはここの意味がわからないとかあればご参考ください。冒頭に書きましたが、あくまで僕個人の解釈です。

 

グリスはどうして嘆くのか?

最初のレビューでは、あえてボカして書きましたが、グリスは歌手のようです。

f:id:smoglog:20181216233203j:plain

しかし、突然声をうしなってしまいます。

その理由はなんでしょう? 

事故? 病気?

 

f:id:smoglog:20181216233158j:plain

この手の中に理由があると思います。

最初のレビューで「お釈迦様の手」を連想し、何かの喪失と同時に開放を意味しているように思ったと書きました。

この手がグリスの歌の師匠であり、死などの別離を余儀なくされたと解釈しました。

師の技術のすべてを継ぐ前だったので、彼女は歌えなくなってしまうのです。

歌の技術は、色として表現されています。それは単に技術だけではなく、心構えなんかも含まれていると思います。

 

灰色の世界

f:id:smoglog:20181216233246j:plain

最初にグリスが降り立つ世界には色が全くありません。

樹木は枯れ、建造物は壊れています。

ここは、時間が停止した世界で、彼女の絶望のどん底を表しています。

重厚な建造物は、師匠の歌がそれだけ高度で重要であることを表し、それがボロボロであることが、彼女がまだ完璧ではないこと、深く傷ついていることを意味している思います。

 

赤色の世界

f:id:smoglog:20181216233301j:plain

最初に取り戻す色は赤色です。

この赤は、夜明けを意味していると解釈しています。

絶望し止まっていた時間がやっと動き出したのです。

 このステージには時計塔も登場しますし、そのイメージは強固になっていきます。

 

f:id:smoglog:20181216233331j:plain

この世界でグリスはドレスを石のように重く変える能力を得ます。

これは逆風にも負けない強い意思の獲得を表しているんだと思います。

 

緑の世界

f:id:smoglog:20181224024022j:plain

僕の植物のイメージは成長です。

この世界は、彼女の成長を表現しているんだと思います。

 

f:id:smoglog:20181224024026j:plain

道中で仲間ができます。

この子を助けながら、先を進みます。

このキャラはグリス自身であり、自分自身を助けることで、師匠の教えを追体験していることを表現しているのだと思います。

また豊かな森に成っているりんごを、仲間に与えます。

りんごはエデンの園の知恵の実を連想し……やがて楽園を追放されることになります。

 

f:id:smoglog:20181224024051j:plain

f:id:smoglog:20181224024055j:plain

その先で待っているのは、黒い鳥が群体となって集まった怪鳥です。

成長の先にまっているのは、果たして自分が世に出て評価されるに足るようになったのか……そんなプレッシャーがこの鳥の正体ではないでしょうか?

歌であるなら、批評家やファンなど。

 

f:id:smoglog:20181224024100j:plain

実は、この鳥はグリスを邪魔しているようで、攻略の手助けにもなります。

プレッシャーも時には飛躍のバネになります。

このステージで手に入れるドレスの能力もまた、空中で再度跳躍し、滑空するというものです。

 

青の世界

f:id:smoglog:20181224024135j:plain

 この世界に到達するさい、雨が流れます。

これは涙であり、師匠との別れを受け入れたこと、大きく場面が転換したことを意味すると思います。

 

f:id:smoglog:20181224024152j:plain

ここに登場する亀は、なんのメタファーでしょうか?

亀というと長寿であり、産卵シーンから母のイメージ? 師匠の歌を継いで次世代へと繋ぐという感じでしょうか? 大きな流れの中に自分もまた居る、ということを自覚した? 水が巡るように?

敵の鳥はウツボに姿を変えます。蛇のようにも見えます。イブを唆したのは蛇に姿を変えた悪魔です。また心理学的に蛇は男根の象徴です。執拗にグリスを追い詰めるシーンは、歌手ではなく、女性の美貌の面しか見ていないそういう種類の人間を連想します。

 

黄色の世界

f:id:smoglog:20181224024306j:plain

ここで、ついにグリスは声を取り戻します。

このステージは、半透明で、一時的にしか形を取り戻さない場所や、重力が反転している境界線が存在します。現実と非現実の間なのです。

 

f:id:smoglog:20181224024241j:plain

彼女の歌は、この世界を書き換えてしまうパワーを持ちます。

自分の歌で世界と立ち向かっていくという決心なんだと解釈しました。

 

f:id:smoglog:20181224024726j:plain

今まで反転していた世界が、カメラフレームまるごと反転します。

これは夢の世界が終わりを告げかけていることを意味していると思います。

 

最終対決

f:id:smoglog:20181224024735j:plain

f:id:smoglog:20181224024757j:plain

f:id:smoglog:20181224024814j:plain

f:id:smoglog:20181224024753j:plain

最後は、プレッシャーや偉大な師匠の影とも立ち向かい、彼女は星の道を辿って、現実の世界に復帰していきます。

 

f:id:smoglog:20181224024818j:plain

f:id:smoglog:20181224024822j:plain

f:id:smoglog:20181224024826j:plain

f:id:smoglog:20181224024834j:plain

f:id:smoglog:20181224024839j:plain

f:id:smoglog:20181224024843j:plain

f:id:smoglog:20181224024847j:plain

 

おすすめ記事

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com