smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

T+CP / タラ・マクファーソン:ステラ&フラックス インフラレッド・エディション

f:id:smoglog:20190411170355p:plain

留之助商店さんとニューヨークのアーティスト集団サーカスポスタラスさんのユニット「T+CP」より、ニューヨークの芸術家・ポップ・シュールリアリストのタラ・マクファーソンさんによるステラ&フラックス の初の塗装版インフラレット(赤外線)エディションです。2月に発売。原型完成に3年要し、途中何度も挫折しかけた上に、我々に送り届けられた作品であります。100個限定(50個が北米、残り50個がそれ以外の地域)、二種類の青色で成形、全8パーツ、ラインストーン仕上げ、全高約22センチ。

このブログを執筆時点で、公式サイトで購入可能です。

tomenosuke.stores.jp

 

Tara McPherson公式サイトのバイオグラフィーのグーグル翻訳

Tara McPhersonは、ニューヨークを拠点とするアーティストです。人々と彼らの奇妙な方法についての芸術を作成して、彼女の性格は彼らの目の中で苦労して稼いだ知恵を垣間見ることによって理想化された無実を溢れさせるようです。彼女の肖像画は、神話、伝説、天文学、物理学、自然、愛、喪失、幼年期、そして古き良き時代の経験を通して私たちの心理状態の領域を探ります。彼女の他の言葉で表現されたキャラクターを通して私たちに人間の精神の複雑さをのぞいてみる。

タラは世界中のファインアートギャラリーで彼女の絵画やセリグラフを展示しています。 ELLE Magazineによってポスターアートの王女に選ばれ、彼女はBeck、The Pixies、Metallicaなどのロックバンドのための数多くのギグポスターを作成しました。彼女の一連のアートには、Kidrobot、DC Vertigo Comics用の塗装カバー、Wyden + Kennedy、Publicis、Bernstein Andrulliなどのさまざまな玩具も含まれています。彼女はまた、ニューヨークのパーソンズにあるイラストレーション部門で4年間教えました。

マクファーソンは、ダークホースを通して、月のバニー、失われた星座、そしてロンリーハートの中で彼女の芸術の3モノグラフを出版しました。彼女の作品は、現代美術のアート、Illustration Now!、100人のイラストレーター、Juxtapoz Erotic Artなどの本にも含まれています。彼女はTedxBrooklyn、Semi-Permanent、Offset、Institute of Contemporary Art London、OFFF、ビジュアルアート学部、フィリピン大学、AIGAニューヨーク、AIGAオースティン、コロンバス芸術大学、パーソンズ、アリゾナ大学などで講演しました。 。彼女の作品は、Eisner Awardを受賞したアンソロジーPopgun 3の表紙にある、オスカー賞を受賞した映画Junoで紹介されており、ロックンロール殿堂入りの永久コレクションに入っています。彼女はトイ・オブ・ザ・イヤーを受賞し、デザイナートイアワードから最優秀ライセンスフィギュアを獲得し、アメリカンイラストレーション、イラストレーター協会ニューヨーク、およびコミュニケーションアーツでも数々の賞を受賞しています。

タラは1976年にサンフランシスコで生まれ、ロサンゼルスで育ちました。彼女は2001年にカリフォルニア州パサデナのArt Center College of Designでイラストレーション専攻と美術副専攻でBFAを受賞しました。彼女は大学在学中にRough Draft StudiosでMatt Groeningの 'Futurama'に取り組んでいました。

彼女はニューヨークタイムズ、エスクァイア、バニティフェア、プレイボーイ、バスト、エル、ハイフルクトース、Juxtapoz、スピン、MTV、PBS、シアトルタイムズ、LA Weekly、Gothamistなどで紹介されています。

彼女のクライアントの中には、マイクロソフト、Bulleit Bourbon、DCコミックス、ワーナーブラザーズ、スウォッチ、レイバン、シルクドソレイユ、Kidrobot、SXSW、ペプシ、ファンタ、1800年のテキーラ、トラストミーウォッカ、ギガニックブルーワリー、ゴールデンボイス、ペンギン、ハーパーコリンズ、ブルームズベリーが含まれる。 、リボルバー、ビレッジボイス、ドッグフィッシュヘッドブルワリー、ナイキ。

www.taramcpherson.com

 

パッケージはこんな感じです。

ヘッダーのカラーは、 タラ・マクファーソンの作品によく見られるティファニーブルーを基調としています。本体の塗装も作家さんの絵画から抜け出してきたかのようなカラーリングです。

 

次に全体図。

ティアラを被った宇宙人のお姫様のようなステラの胸から、タツノオトシゴの下半身とユニコーンの上半身を持つシーホーシコーンのフラックスが突き出ています。この胸を貫く一角獣というモチーフは、タラさんがずっと繰り返してきたモチーフです。作家さんが女性ということもあり、やはり僕としてはフェミニズム的な解釈をしてしまいます。

ステラとは、イタリア語で星、恒星を意味します。自ら輝く星です。フラックスというのは、いろいろな意味がありますが、タラさんの天文学的な世界観では、おそらく流束の意味があると思われます。ベクトル場の強さを表す量、なんてウィキには書いてあってなんのコッチャと僕は思うわけですが、目には見えない力の分布を表していることかしらん? 要するにフラックスは、ステラによる何かしらの力場、影響を表しているのかなぁと妄想します。

 

ステラのお顔は、メタル調のメイクが施されています。

タラさんがもともと自身でロック・バンドをやっていたことやミュージシャンのポスターを手がけていたことが影響しているのでしょうか?

女性的な化粧……、男性に好かれる化粧ではないことが、メッセージのひとつとあると思います。かつてのキリスト教世界では、化粧は虚飾という罪であり、七つの大罪の傲慢に含まれるとされ、一時廃れていたそうです。化粧の心理的効果は、自尊心の向上と社会的な多幸感にあるとされます。女性の社会進出の活性化はメイクにあったんですね。日本の女性が右にならえ的に茶色に髪を染めるのを、逆に個性なくしているんじゃ? と黒髪愛好家の僕は思っていたんですが、実際は男性に対するカウンターという深層心理が潜んでいたということなのかもしれません。

 

ユニコーンは言わずとしれた、非常に獰猛ですが、清らかな乙女の前でのみおとなしくなるという想像上の生物です。貞淑さ・処女性を表す一方で、逆に悪魔や七つの大罪のひとつ憤怒の象徴にもなっています。相反する二面性も女性的に感じます。このイメージ、怒られるかな(笑)。

 

タツノオトシゴは、世界中で幸運のシンボルになっています。夫婦としてカップリングすると、魚としてはめずらしく同じ者同士で何度も産卵をし、一回で千以上出産することから恋愛と子宝成就の象徴となっています。二匹のタツノオトシゴが互い向かいになるとハート型になりますし。

 

複雑な要素が絡み合ったシーホーシコーンのフラックスが、メタルメイクで完全武装したステラの胸を貫き、そこにには穴が空いています。2つの見方が僕にはあって、ひとつはステラの心に空いた穴を、フラックスが埋めてくれている。もう一つは、フラックスは男性の象徴で、貫かれているということは……そういうこと。

胸に大きな穴があいているというのはとても重要なコンセプトに思います。

そこで残念だったのが、分割における仕様でした。

 

フラックスは、中でカンチャクで合体してほしかった!! そうすれば、フラックスだけ取り外して、胸にぽっかり穴の空いたステラと自立できないフラックスという構図ができ、より世界観を広げることができたのではないでしょうか?

 

その一点以外は、不満はありません。

このソフビは誕生までに三年という長い月日がかかっており、関わった人間が多く、多忙すぎたことも理由にあると思いますが、出来栄えからとても綺麗で丁寧です。

おそらく タラ・マクファーソンさんは、ソフビに関しての知識は、我々コレクターよりも持っていません。作りの端々にソフビとしては無理の多さを感じます。

 

たとえば、頭部は細く優美な首をつくるためにティアラ部分で分割され、2パーツで成り立っています。

 

タツノオトシゴのしっぽも、抜きのための工夫が施されています。

こちらの原案みたらびっくりしますよ。

参照:下呂温泉 留之助商店 店主のブログ

伝統工芸的なソフビの範疇からすると、かなり無理をした作りなんですが、ソフビとしてパーツ数をすくなくでき、無理のない範疇でできるカタチには限界があると思うんです。

自動車では、コンセプトモデルはかっこいいのに、実際市販されたら何の変哲もない普通の車になるということが往々にしてありますが、デザイナーと職人とのギャップというのは常にあるものです。デザイナーの突拍子もない想像力を現実のものとして落とし込む。今回の原型は、ミロクトイ(金子洋平)さんが担当されていますが、見事に応えられたと感じます。

 

女性、そのスカートの中は漆黒のヴェール。事象の地平線。

www.gizmodo.jp

 

最後に……前回のゴガメジラーにつづき、僕のちょっとしたぼやきなんですが。

今回の塗装版は、全部で100個つくられました。この数、インディーズソフビとしてはかなり数が多いので、思い切ったなぁと思ったんですが……、タラ・マクファーソンさんはのインスタグラムのフォロワー数は驚きの130万人です。なので、このファン層を考えれば、100個なんて物の数ではないか……と思い直したんですが、結果は現在も在庫があって、購入可能……。

 

www.instagram.com

ちょっとこれ、どういうことなのよ?! 130万人のフォロワーの目は節穴なの? 

ポストにイイネはするけど、お金は支払いたくないってこと⁉

カラーリングは、決定版って感じだし、出来も素晴らしいと思うんですが……。

僕らが思っている以上に、ソフビが認知されていないのかもしれません。マニアックな分野にいるっていう矜持は保たれましたが、なんか複雑。世界でウケているソフビと、我々のソフビは似て非なるものなのかもしれない、と思いました。

 

おすすめ記事 

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com