読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

threeA / Popbot: TKハンター・デスマスクハック

f:id:smoglog:20170205232935j:plain

僕のオモチャ購入歴でもっとも高価なアイテムです!

 

スリーエーから販売されたTKハンターです。

こちらのカラーウェイ、1/12スケール(約15センチ)のトゥモローキングとセットされたバンバランド(公式通販サイト)限定アイテムでした。

価格は驚くなかれ、PS4Proが買えてしまいます……(あれ? 既視感)。この価格から尻ごみしたのは事実。一度は購入を諦めましたが、アシュレイ・ウッドさんのロボが好きでスリーエーを購入しているのに、人形ばかり買っている現状に気づき、一念発起してポチリました……。

サイズは圧巻の約61センチ! 60センチ超えですよ!!

 

公式では高額アイテムだった為か、いつもの全額ニコニコ先払い方式の他に、頭金を支払った後、出荷確定後に残金を支払う方式があり、こちらで僕は購入しました。

 

1/12スケールのTKは付属しませんが、小売店版もあります。

……が、価格とサイズから安易な購入はオススメできません(笑)。

トゥモローキング達の前に立ちふさがる最凶のハンターが登場!

世界的人気アーティスト「アシュレイ・ウッド」の代表作の一つである『ザ・ワールド・オブ・ポップボット』より、人類の宿敵「モーティス」の機動歩兵部隊を担う巨大殺戮ロボット「TKハンター」が登場です。

全高約61cmという迫力の大型フィギュアで、これまでにリリースされたどのスケールのTK(トゥモローキング)と組み合わせても違和感のないサイズになっています。

全身59ヶ所以上が可動し、武器として金属製のチェーンと分銅を装備できます。また本体のみならず、布製のポンチョにもウェザリング塗装を施し、過酷な戦場を表現。

さらにポスター1枚と、アシュレイ・ウッドによるコミック冊子1部、そしてTKハンターをフィーチャーした写真集冊子「3A LOOKBOOK」1部が同梱されています(冊子はいずれもソフトカバー)。

 

引用‐TK HUNTER VALI(TKハンター・ヴァーリ)

THE WORLD OF POPBOT TK HUNTER VALI ノンスケール ABS&POM&PVC製 塗装済み可動フィギュア

THE WORLD OF POPBOT TK HUNTER VALI ノンスケール ABS&POM&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

 

このイカした(イカれた?)オモチャの魅力を最大限に記事にしたいという想いから、御年34歳の僕は、ダンボールにオモチャを詰めて、自宅から500メートル先の畑へ向かいました。この崇高な気持ちの前には、恥ずかしいと言う気持ちは消えていたのです(超恥ずかしかったです)。

f:id:smoglog:20170205232926j:plain

f:id:smoglog:20170205232927j:plain

 

◯恥を偲んで撮影した結果


TOMORROW KINGS VS. TK HUNTER

 

 

f:id:smoglog:20170205232909j:plain

f:id:smoglog:20170205232911j:plain

f:id:smoglog:20170205232910j:plain

f:id:smoglog:20170205232920j:plain

TKハンター本体です。

正式名称は、「モーティス機動歩兵部隊TKハンター マーク6 デスマスクハック」と言うそうです。デスマスクというカラーウェイはいくつか既に販売されています。デスマスクとは、石膏などで死者の顔を型取り、肖像のモデルとしたり、死者の思い出(写真代わり)として使用されたものです。……が、この場合のデスマスクは「決死隊」的な意味合いが強いのでは? と解釈しています。つまり、自分を死者として扱うことで、とてつもない力を発揮する儀式的な化粧という感じ。

 

f:id:smoglog:20170205232936j:plain

ここで疑問なのは、同じデスマスクカラーのTKとTKハンターの関係です。

僕は動画で敵対関係として扱いましたが、TKによるハックによって、味方に引き込まれたTKハンターという解釈もできますね。ターミネーターやローグワンみたいに。

 

 

f:id:smoglog:20170205232943j:plain

f:id:smoglog:20170205232944j:plain

 

f:id:smoglog:20170205232922j:plain

f:id:smoglog:20170205232925j:plain

このフィギュア、めちゃくちゃ重いです。それを支えるために、四肢はクラッチ関節になっています。動かすの大変ですし、遊びがあって立たせるのは大変。重心がトップヘビーになっているんです。足のところに重りが入ってたら良かったかも。

 

f:id:smoglog:20170205232913j:plain

f:id:smoglog:20170205232912j:plain

f:id:smoglog:20170205232917j:plain

頭部は通常のボールジョイントですが、とても緩いです。

特徴的な鼻は、見るからに破損注意です。

 

f:id:smoglog:20170205232915j:plain

巨大な肩アーマーにドクロがマーキングされています。

装甲の一枚一枚が別パーツで、裏で金属とスプリングで保持されていて、厳つい機構になっています。

スリーエーの最近の製品は、ツヤが強めでマット塗装の好きな僕は不満でした。自分でつや消しトップコートを吹くこともあったのですが、TKハンターにはツヤありが合っているように思いました。漆みたくもっとつやつやでも良い!

 

f:id:smoglog:20170205232921j:plain

f:id:smoglog:20170205232919j:plain

特徴的な内臓のようなダクト類。中身が詰まっていて、ここも重量があります。

 

f:id:smoglog:20170205232952j:plain

ポップボットと。

デザインテイストは共通していますが、肩アーマーなど最近取り入れられたディテールが目立ちます。おそらく、昔のシンプル・単純な構成のロボットはもう出ないかもしれませんね。

 

f:id:smoglog:20170205232918j:plain

肩の可動部分。かなり細くて動かすのが怖いです。

 

f:id:smoglog:20170205232941j:plain

f:id:smoglog:20170205232901j:plain

肩アーマーを止めるパーツに接着不良がありました。僕の個体以外にもあるみたいです。この程度のエラーはこのメーカーではよくあることですが、いい加減にして欲しいですね。

 

f:id:smoglog:20170205232923j:plain

f:id:smoglog:20170205232924j:plain

右腕と左腕のデザインは異なります。

特に左手の大きさは、成人男性の手とほとんど同じ大きさです。

お持ちでない方は、ご自身の手から大きさを想像してください。

 

f:id:smoglog:20170205232914j:plain

左腕には分銅が仕込まれていて、これを鞭のように飛ばす……のだと思っていました。

 

f:id:smoglog:20170205232916j:plain

なんと背中から伸びる鎖の長さが足らず、可動の足かせになっている始末……。

ここは、このアイテム最大の残念ポイントです。

てっきり背中のバックパックに鎖の巻取り機能があって、長さ調整できるのだと思ってました。製造担当者がアシュレイ・ウッドさんのデザインの解釈を間違えているな気がします。お金足らなかったのかなぁ。これで良しとした神経が残念です。

 

f:id:smoglog:20170205232950j:plain

TKの比較です。

1/6と違い、腰の雑嚢は一部プラスチック製になっています。個人的にはオマケとして考えているので、まあいいかな。

 

f:id:smoglog:20170205232951j:plain

TKハンターと並べるとこう。

やはりサイズ凄いです。

 

f:id:smoglog:20170315144545j:plain

我が家のデカブツを並べました。

こうして見ると、3AGOのレムスと同じくらいのサイズです。

TKハンターってこんなに大きかったかな? と過去の写真を見直すと、2013年夏の初めて行ったワンフェスでの原型写真を見つけました。

f:id:smoglog:20170315145840j:plain

サイズ感としては、今のサグくらい(45センチ程度)でしょうか?

 

f:id:smoglog:20170315145848j:plain

フォルムはほとんど変わっていませんね。

製品版はプロポーションが少し縦長になった感じがします。

この原型は、まだ手で造形されている印象です。

 

f:id:smoglog:20170205232953j:plain

手ブレ画像ですが、ポンチョが付属します。

正直、かっこよく撮れませんでした。

 

f:id:smoglog:20170205232908j:plain

他にもポスターや冊子が付属。

なぜか僕のは通常1枚のポスターが2枚入ってました。

しかし、このポスター、折らなくても入ったでしょうに。

このメーカーの工場の人は、圧倒的に顧客を喜ばせようとするサービス精神が足らない。

物足りなさは、メーカーの姿勢に起因している部分が大いにあります。所詮は中国製、この侮りを払拭できるメーカーに育って欲しいですね。

 

製品そのものは、やはり届いて「やべぇぇーwwww」ってテンション上がったので、写真をいっぱい撮りました。

いわいる、「以下適当に」ってやつです(わかる人はニヤリとしてください)。

f:id:smoglog:20170205232905j:plain

f:id:smoglog:20170205232902j:plain

f:id:smoglog:20170205232903j:plain

f:id:smoglog:20170205232906j:plain

f:id:smoglog:20170205232904j:plain

f:id:smoglog:20170205232928j:plain

f:id:smoglog:20170205232932j:plain

f:id:smoglog:20170205232934j:plain

f:id:smoglog:20170205232930j:plain

f:id:smoglog:20170205232940j:plain

f:id:smoglog:20170205232938j:plain

f:id:smoglog:20170205232939j:plain

f:id:smoglog:20170205232937j:plain

f:id:smoglog:20170205232947j:plain

f:id:smoglog:20170205232948j:plain

f:id:smoglog:20170205232949j:plain

f:id:smoglog:20170205232946j:plain

やはりオモチャは最高だ!!

 

 ○関連記事

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com