smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

Artiphon:Orba / 新しいシンセ買おうかな‐素人がゼロから学ぶシンセサイザー5

f:id:smoglog:20191128204124p:plain

※今回の記事は、公式サイトより画像を引用しています

はあ、はあ、はあ……。俺は病気だー!! 

急にシンセサイザーに興味を持ったら、立て続けに2個発注、まだ届いてないのに三個目を買おうか悩んでいます。

今回紹介するのは、テネシー州のナッシュビル市に2011年に設立されたArtiphonのOrbaという音楽デバイスです。キックスターターにて、 2020年1月13日まで出資を募集中。この会社、キックスターターで出資を募るのは2回目です。一度目は、弦楽器と管楽器とピアノを混ぜたような電子楽器を発表して、大成功を収めました。

今回の製品の市販価格は99ドル(約1万800円)を予定しているそうです。おっ、なかなかお手頃じゃないですか! この会社の前作は、五万円以上したんですよ。

今回の製品の外観は、半分に切ったグレープフルーツ、あるいは味噌汁の椀にインスピレーションを得たとか。このデバイスがどんなものなのか、例によってグーグル翻訳でキックスターターのストーリーを翻訳しました。

 


Orba by Artiphon – Overview & Demonstration

引用‐Orba - A musical instrument designed for your hands by Artiphon — Kickstarter

こんにちは、Orba

手を差し出して、新しい種類の楽器であるオルバに会いましょう。これは、誰もがすぐに音楽を作ることができるシンセ、ルーパー、およびMIDIコントローラです。Orbaのミニマリストデザインは、ゲームコントローラとグレープフルーツをかけ合わせたようで、その羽のように軽いタッチ感度は、指と手からのジェスチャーを直接音に変換します。Orbaは、楽器を演奏したことがない場合でも、どこでも音楽を作るための新しい楽しい方法を紹介します。 

f:id:smoglog:20191128195923p:plain

 

手の中の楽団

Orbaを使用すると、単一の楽器上で曲のすべての部分を再生することができます。ドラム、ベース、コード、リードの各パーツを簡単に切り替えてから、レイヤー化してルーパーを内蔵した曲を作成します。ビートをループするのに数秒かかり、その後何時間も遊ぶことができます。

 

勝手に気ままに演奏しよう

f:id:smoglog:20191128200947p:plain

オルバはあなたがプレイしたい方法に適応し、正しい方法や間違った方法はありません!  オルバのタッチセンサーとモーションセンサーが組み合わさって、最も微妙なジェスチャーをキャプチャします。それを拾って持つか、手を伸ばして机の上に座っている間にいくつかのノートを再生します。指先や親指で片手または両方で再生するか、振って空中を振ります。あなたは、各パッドの周りにスライドしたり、いくつかのビブラートで狂って行くことができます。歌うボウルのように上に指を丸くしたり、目に見えないギターを叩いたりします。それはすべてあなたです!

 

私たちは最近、電子プロデューサージョニーBグッドにオルバのスニークプレビューを与え、彼はオルバのジェスチャーセットですべてを行きました。彼が作成した曲を示す簡単なビデオを次に示します。

www.youtube.com

それはフルーツ、それはUFO、それは楽器!

オルバは、多楽器のアルティフォンのデザイン理論に基づいています: あなたが多くを演奏することができる単一の楽器。インストゥルメント1(注:この会社のプロダクト)は、ギター、バイオリン、キーボードなどの伝統的な楽器を反映していますが、Orbaは、スマートフォン、トラックパッド、およびゲームコントローラ上で毎日使用する簡単なジェスチャーで演奏することができます。

f:id:smoglog:20191128200901p:plain


技術的な話をしよう

私たちは、このような小さなパッケージに派手な技術の多くを詰め込みました。Orbaの再生面は、お使いの携帯電話の画面やコンピュータのトラックパッドのような容量性感知技術を使用しています。私たちは、速度に敏感で、最も軽いマイクロジェスチャーにも素晴らしく応答するようにしました。オンボード加速度計とジャイロスコープは、揺れ、傾き、手を振るような自然な動きの範囲を可能にします。LEDはノートに応答し、触覚エンジンは、あなたが再生するときに振動フィードバックを提供しています。

f:id:smoglog:20191128201319p:plain

機能の概要

  • フェザータッチ制御用8台の容量感知パッド
  • 加速度計とジャイロスコープは、ジェスチャーの範囲をキャプチャします
  • 中央のメニューボタンは、4つのプリセット、ルーパー、およびその他の機能にアクセスします
  • オンボードシンセサイザーと内蔵スピーカーは、即座に演奏体験を提供します
  • より多くの音、曲、設定のためのクロスプラットフォームのOrbaアプリに接続します
  • お気に入りの音楽アプリのいずれかに接続するには、ブルートゥースやUSB上のMIDIを使用してください
  • ヘッドホン、スピーカー、アンプで聴くために1/8インチ(3.5mm)出力を使用します。
  • マルチカラー LED は、再生方法に応答します。
  • 埋め込まれた触覚は振動フィードバックを提供する
  • USB充電式バッテリー

 

じゃあ、どんなふうに聞こえる?

Orbaで音楽を作る方法は、オンボードシンセですぐに再生する、クロスプラットフォームアプリでカスタマイズする、またはBluetooth LEまたはUSB経由でMIDIコントローラとして使用する3つの方法があります。

1.多目的なオンボードシンセで遊ぶ

私たちは、様々な演奏ジェスチャーとシームレスに動作するシンセサウンドの広い範囲で、オルバのための革新的な新しいシンセサイザーエンジンを設計しました。Orbaの埋め込みルーパーは、画面を見ることなく複数の部分をレイヤー化できることを意味します。内蔵スピーカーを使用すると、すぐに音を出ることができます(そして、それはカラオケのビットのために十分な音量です)。単独で再生するヘッドフォンや大音量で再生する外部アンプを接続します。

 

2. オルバコンパニオンアプリに接続する

オルバコンパニオンアプリを使用すると、さらに多くを探索することができます。Mac、iOS、Windows、およびAndroidで利用可能なOrbaアプリを使用すると、より多くのサウンド、プリセット、ループ、設定にアクセスできます。アプリはまた、あなたのループや曲を保存し、編集することができます場所です。そしてもちろん、あなたはソーシャルメディアにあなたの曲を共有し、あなたのビートを構築し続けるためにお気に入りの音楽制作ソフトウェアにエクスポートすることができます。

f:id:smoglog:20191128202319p:plain

オルバコンパニオンアプリは、Mac、Windows、PC、およびAndroidデバイスで利用可能になります。

 

3. ブルートゥースLEとUSB上のMIDI

オルバは、あなたの手に音楽を戻して、画面を越えてGarageBandのようなアプリの力を取ります。Orbaは、任意のMIDIアプリ(MPEシンセやソフトウェアを含む)とすべてのMIDI対応DAW(ガレージバンド、プロツール、Abletonライブ、FLスタジオなど)と互換性があります。オルバを音楽マウスと考え、シンセやサンプルを直感的に制御できます。

f:id:smoglog:20191128202544p:plain

いくつかの古典的なシンセにプラグインしたいですか?私たちもそうでした。ちょうどUSBキーボードやドラムマシンのようなUSBホストとMIDI DINコンバータにオルバを接続します。

キックスターターの支援は、数量限定のアーリーバード枠がもう埋まっていて、本体のみ89ドル(約9720円)と、本体の他にトラベルケースとTシャツをセットにした119ドル(約1万3000円)、支援者に本体一個ともう一個が青少年プログラム、音楽療法、音楽認知研究の分野に寄付される149ドルの枠があります。これらは日本への発送が18ドル(約2000円)で可能です。

締め切りまでまだ一月以上あるので、もう少し悩めそうです。ちなみに発送は来年の4月頃を予定しているみたいです。

www.kickstarter.com

 

 

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com