読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

オデッセイの感想:"ハリウッド版DASH村"はキャッチーだけれど映画を見終わってもマジでそう思うなら君の想像力はもう死んでいる

映画 レビュー

https://www.instagram.com/p/BBzR2RewGdV/

あえて挑発的な記事タイトルにしましたが、本気で騙されたからなんです。

「ハリウッド版DASH村」と言うのは、「火星に一人取り残された宇宙飛行士が、残された数少ない物資でサバイバルしていく」というこの映画のあらすじを、確かに端的には表現していると思います。Twitterでも「見たら想像以上にDASH村だった」というツイートがあったので、「ああ、そういう感じなんだな」と安心して映画を見に行きました。

 

結果的に凄く裏切られました。内容は素晴らしい。本当に良い映画でした。もう途中から涙を禁じえませんでした。

 

以下、ネタバレがありますので、すでに見た人かネタバレ気にしない人だけ読み進めてください。

 

 

ハリウッド版DASH村と聞いて、僕が想像したのは「劇場版ドラえもん のび太の日本誕生(あるいは雲の王国)」でした。ひみつ道具(げんだいのちーかーら)で未開の地を自分の思い通りに圧倒する痛快な映画なのだろうな、と。

 

そんな気持ちでいたので、いきなり冒頭の「痛い」シーンに冷水をかけられた思いです。DASH村そのものは好きなTV番組です。「TVを見ない」ってカッコつけて言ってる僕ですが、居間でたまたまかかっていたら見ます。

けれど、あの感じとは全然違います。この映画とDASH村では農地開拓していることは同じでも、テーマが全然違います。

トム・ハンクスさん主演の無人島に一人残される「キャスト・アウェイ」という映画がありましたが、それの宇宙版と言った方が近しいです。

キャスト・アウェイ [Blu-ray]

キャスト・アウェイ [Blu-ray]

 

主人公は一人火星に取り残されて、助けが来るとは保証のない中、生き残っていくことを余儀なくされます。僕は趣味で山登りをしますが、ソロでテント泊した時、山の麓に街の灯りが見えるのに、そんな距離でさえ、凄まじい孤独感に苛まれた事があります。

映画では主人公は凄くタフで、狂気のような部分はあまり描かれていませんが、これはエンターテイメント的に面白おかしくするための演出で、僕はあえて描かれていない部分の孤独と絶望を思うと、自然と泣けてきました。

 

そんなの考えすぎだろ、と思うかもしれません。

もしも主人公と船長が恋仲だったり、前述のキャスト・アウェイのように地球に奥さんが残されているなどのラブ・ロマンス成分があったら、考えすぎだなと思いました。

けれど、この映画の主人公には、恋人がいるという描写もありません。地球には両親がいますが、「誰かのために生き残りたい」ではなくて、ただただ「生きている以上は生きる」ということを描こうとしたのだと思います。

火星の環境で冒頭ではムキムキだったのが、最後はガリガリになっていき、ローパーに積んだ放射性物質で被爆して、例え地球に戻ったとしても、重大な疾患を抱えてどれだけ寿命が残されているのか(これは妄想ですけどね)?

それでも彼は生きようとする。

その姿勢に感動します。

 

唯一ケチを付けるならラストシーンは、地球に降り立つ新芽にむかって「こんにちは」で終わる方が余韻があって良かったように思います。

火星で自分の命を繋ぐために栽培したジャガイモに、芽が出たことへの歓喜の「こんにちは」と地球環境の素晴らしさ・偉大さからくる「こんにちは」の対比は、深い情感を抱かせます。

その後の大学の講義シーンは、「成功者の成功の秘訣教えます」的なケッタイさを僕は感じてしまいました。

 

あと「指輪物語」の部分は、キャストの相乗効果で思わず笑ってしまいました。

 

 ◯関連記事

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com