smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ゴジラ(2014・レジェンダリー版)の感想 (ネタバレ有り)

http://instagram.com/p/rGNPwhQGfy/

ワンフェスの戦利品のレビューが溜まってるのに、書くぜ書くぜ!

書きたいんだよォ!

ってな訳で、見てきました、ゴッズィラ!

個人的に1998年度版のトライスター版は、ヒドイデキとは言いませんが、ゴジラじゃなくてもええやん、っていうレベルだったので、今回もあんまり期待しておりませんでした。

 

……ンが、個人的には凄くよかったですね!

もちろん、イマイチな部分もあるんですよ。そのイマイチな部分を考えると日本映画の良さ、日本文化の良さが見えてきて、そう考えさせられることも含めて「いい映画」だったなぁ〜って思います。

 

以下、ネタバレを含みますので、

是非、映画を見てから読んでいただけると幸いです!!

 

 

◯怪獣映画として

前評判で、中々、ゴジラが出てこないっていう事を聞いていたんですが、この焦らされ感が堪らない!

今回のゴジラは、規制のためだったのかもしれませんが、血も流さないし、非常にタフで、見ていてスカッとしました。

 

脚本もとても良かったですね。

日本で原子力発電所に務める両親のうち、事故によって母親を失う悲劇。そして残された父親は、政府が発表した地震による事故という発表に違和感を感じ、真の原因を探っていきます。一方、息子フォードは、父親が陰謀論に取り憑かれてしまったと考え、また早く母親の事を忘れてしまいたいがために、日本を離れ祖国アメリカへと戻ります。やがて成長し、アメリカ海軍の爆弾処理班となり、妻を娶り子を得ることができました。しかし、どこかで父親を理解せぬまま日本を離れたことに、わだかまりがあったのでしょうね。父親が警察に厄介になったとの報を受け、父親の身元引受人として、再び日本へ向かうのです。

そこで明かされる、事故の真実。

その後の怒涛の展開。

向かう先々で引き寄せているとしか思えないほど、怪獣に遭遇するフォードに予定調和を感じますが、数奇な運命と受け入れて鑑賞すると、感慨深いモノがあります。

 

◯受け継がれなかったもの、原罪の意識

残念に思った設定変更の一つが、ゴジラもムートーも自然に誕生したものである、ということですね。それほどゴジラに詳しいわけではないので、確かではないのですが、確かゴジラって、原爆実験の放射線による突然変異で生まれたって設定だったと思うんです。ところが今回は、その原爆実験は実験ではなく、ゴジラを倒すための作戦だったって言うんですね。

 

この設定変更って凄くアメリカらしいなぁって思いました。

ゴジラって、自分たちの核実験で地球環境を汚し、生み出した怪物によって、自分たちの街を破壊されてしまうっていう、因果応報の物語であったと思うんです。それが今回は人類は、まるっきり外堀にいて、どこからとも無く現れた怪獣たちに街をメチャクチャにされるっていう、まるで被害者面ですよ。

 

アメリカのアダムって言葉をご存知でしょうか。

神様の申し付けに背いてエデンの園を追い出された旧世界の人々とは違い、新大陸アメリカは新しいエデンで、そこは原罪のない土地っていう考え方なんですね。

原罪、つまり人類とは生まれた瞬間から罪を背負っているっていう考え方は、旧約聖書を経典とする人々にとって根幹的なドグマ(教義)な訳なんですが、アメリカという土地は、それから開放されているらしいのです。

自分たちがネイティブ・アメリカンに何をしたか覚えてないのかね?

テロリストが悪なら、テロリストを生み出す自分たちは、正義なのでしょうか? そういう考え方しないのかなぁ。

 

◯街の破壊の意味、アメリカは広すぎる!

日本の数々の映画、アニメ、漫画、小説には、高度に成長した都市が、超常的な力によって一瞬で破壊されてしまうと言う、演出が幾度と無く登場します。

例えば、AKIRAとか、日本沈没とか、ゴジラなどの怪獣映画もそうです。

これも、自分たちを省みるってところから来ているんじゃないかな、って思っています。高度に発達した都市が、必ずしもいい方向の進化とは言えませんよね。例えば、垂れ流される汚染物質だとか、スラム化だとか、政治の腐敗だとか。

そんな進化の裏の暗部を含めて、怪獣なんかが破壊し尽くして、また一から再生させたいっていう願望も含まれているんじゃないでしょうか。

 

多分、そこには仏教的な輪廻転生の思想の影響もあるでしょうけど、数々の震災や原爆投下などからの復興の歴史が我々にはあるので、リアリティを感じるんだと思います。

 

映画の中で、一番感じたことは、アメリカが舞台だと、怪獣に破壊してもらうには広すぎるってことです。

アメリカにも数々のカタストロフィ映画がありますが、破壊されるのは一部だったり、未然に防がれてしまうパターンが多いですよね。

日本って小さい島国なので、東京が崩壊したら、物理的にも近い感じがするし、インフラへのインパクトも大きいはずです。

ゴジラVS日本っていう図式がなんと納まりの良いことか。

 

次回作は、ラドン、モスラ、キングギドラが登場することになるそうです。

やっぱり一匹じゃアメリカ相手じゃキツイんでしょうなぁ。