smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ルルベルトイ / ダイケラトプス[スーパーGIDガレージキットスタイル]レビューとソフビの組み立て方

f:id:smoglog:20171102224345j:plain

LULUBELL TOYS / James Groman :Dieceratops[DIY/GID]

6月に受注生産販売されたジェームズ・グローマンさん原型のダイケラトプスです。

ロッテンレックスの頭部違いになります。

名前ですが、Triceratopsをトライセラトップスと言うか、トリケラトプスと言うかで、僕は後者なのでダイケラトプスといたしました。トリケラトプスが三本角の顔という意味なので、ダイケラトプスは死の角の顔。なんか凄く強そう。

 

当時のロッテンレックスの素体価格を知っているので、蓄光成形とは言え、かなり割高な価格設定でしたが、こんな簡単に手に入る機会がほぼないので、えいやっ! と購入を決めました。

ソフビ人気が高まり、工場もどこもパンク状態で材料も高騰しているのと、ジェームズ・グローマンさんの評価が国内外で高まったのが原因でしょうか。

当初7月の発送でしたが、到着は9月でした。

 

スーパーGIDガレージキットスタイルということで、未組立の状態で到着します。

組立がとても大変で非常に難儀しましたので、組立かたも一緒に記します。

組立済みのものでも、何かの拍子でカンチャクがハズレたりすると、戻すのが大変なので、役に立ったら幸いです。

当時はアドバイスありがとうございました。

 

 

組立編

f:id:smoglog:20171102224353j:plain

この状態で届きます。

カンチャク穴や、バリは取ってある状態です。

 

f:id:smoglog:20171102224354j:plain

全10パーツです。

ソフビの小口が鋭く、怪我をする場合がある(自分はやってしまった)ので、保護用の軍手が付属します。

 

装着する順番ですが、足と太もも、手と腕は、先に組み立てても大丈夫です。カンチャクのメス(凹)の方を柔らかくして、オス(凸)を押し込むので大丈夫です。

 

f:id:smoglog:20171102224357j:plain

一番大変な太ももの装着ですが、ここは胴体と太ももどちらも、くたくたになるまで柔らかくします。

そして、太もものカンチャクをできるだけ小さく折りたたむようにして、胴体の穴に押し込みます。でも、この状態ではキチンとはまっていません。穴の返しがキチンとカンチャク溝にはまってないのです。

 

図にするとこんな感じ。

f:id:smoglog:20171102231952p:plain

胴体の反り返った部分を押し込むために、首のところから手を入れて、内側から指でカンチャク溝に押し込みます。

 

f:id:smoglog:20171102224355j:plain

 

次は腕を装着、ここも胴体と両方温めた方が良いと思います。

 

最後に頭を付けます。

ここは頭だけを温め、カンチャク部分を内側に折るようにして収めると良いと思います。

 

レビュー編

f:id:smoglog:20171102224337j:plain

ではここからレビュー編となります。

前述の通り、頭部以外はロッテンレックスと共通となります。

 

f:id:smoglog:20171102224336j:plain

正面からみると平べったく感じるのも、ロッテンレックスと同じ特徴ですね。

 

f:id:smoglog:20171102224338j:plain

左右で腐食具合に違いがあったロッテンレックスと比べると、ダイケラトプスはあまり違いがありません。

 

f:id:smoglog:20171102224339j:plain

後頭部の鶏冠がボリューム感あります。

全高約37センチと、ソフビでもかなり大型となっています。

 

f:id:smoglog:20171102224341j:plain

f:id:smoglog:20171102224342j:plain

f:id:smoglog:20171102224343j:plain

ジェームズ・グローマンさんの技術力の高さが伺える、ハイディティールな造形です。

 

f:id:smoglog:20171102224350j:plain

おそらくさっと墨入れしただけで、めちゃくちゃかっこよくなるのではないかと思っています。いつか塗装したいですね。

 

f:id:smoglog:20171102224344j:plain

真頭塗りロッテンレックスと比較して。

このレックスより価格が高いので、本当にソフビは高価になってしまったな〜、と思います……。

レックスは約34センチ。

 

f:id:smoglog:20171102224346j:plain

大迫力の二大巨頭。

揃えることができて感激です。

 

f:id:smoglog:20171102224340j:plain

比較用に一般的なサイズのコジカさんのモノクロンと。

 

 

この超巨大なソフビ、メイドインジャパンの超高輝度蓄光成形です。

部屋の中でも一際光ってルームライトのよう?!

 

f:id:smoglog:20171102224347j:plain

f:id:smoglog:20171102224351j:plain

f:id:smoglog:20171102224352j:plain

 

 

f:id:smoglog:20171102224348j:plain

f:id:smoglog:20171102224349j:plain

怪しく幻想的に光ります。

 

 オススメ記事

smoglog.hatenablog.com

 

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com