読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ジョジョ展に行って来ました2日目:ジョジョ展

f:id:smoglog:20120311073630j:plain

前回のエントリーに続き、東京ジョジョ展の旅行記です。

朝6時に起床し、ホテルの窓から遠景をパシャリ。

 

この日は、朝飯を豪勢に築地で寿司を食べて、ジョジョ展は時間指定のある10時より入場する予定です。

 

f:id:smoglog:20120311090310j:plain

f:id:smoglog:20120311090117j:plain

卵焼きを買い食いしてお寿司屋を物色しました。

お寿司は回転していない奴を食べるのは10年ぶりくらいだったので、むちゃくちゃテンション上がりました。美味しかったです。マグロの赤身が抜群に美味かった!

 

このあと、ジョジョ展の会場である六本木ヒルズへ。痛ましい事件のあった例の回転ドアは撤去されていました。前に訪れたときは、建築家のル・コルビュジェ展の時で、多分、オープン間もないころだったと記憶しています。

当日合流する友人を待ってスタバでお茶。

f:id:smoglog:20121010234814j:plain

ジョジョについて詳しくないのですが、展示会はとても好きなので気持ちが高揚します!

 

友人と合流して、いざ、52階の森美術館へ。

展覧会は大盛況のようで、僕達が時間指定されていた時間帯はもっとも早い時間帯でしたが、当日券は全て売り切れていまいた。チケットカウンターから、直通エレベーターで向かうのですが、長い列ができていました。結構、皆さんジョジョとコラボされたアパレルを着ていました。iPhoneケースがジョジョのモノだったり。

 

ここから、会場の中の様子を書いて行きたいと思うのですが、もし、見に行かれる方はネタバレになるので注意してください。

 

 

*以下、ジョジョ展のネタバレとなります。

 

会場は、基本的に撮影禁止になっています。

撮影禁止のアイコンがイギーになっていたり、お手を触れないでくださいのマークが承太郎の帽子のマークになっていたり(友人に言わせると、ペンだこが無いのが甘いそうですが・・・)、ニヤリと笑わせる演出です。

会場構成はシンプルで、最初に、ジョジョが始まる前の初期作品のブース、ジョジョの各部、各部を織り交ぜた集合イラスト、最後に物販コーナーになっていたと記憶しています。

僕が見てきた展覧会に比べ、圧倒的にキャプションというか、説明文のような展示がすくなかったです。否応なしに絵にのみ集中できる感じでした。多分、絵以外の諸々は、ファンにとって存知のモノだから不要なのかもしれません。

各ブースには、描きおろしの原画も掲載してありました。

絵以外にも、等身大のフィギュアや、ipadを利用したAR展示がありました。

具体的にいうと、3部の承太郎とディオの等身大フィギュア(むちゃくちゃ出来が良かったです)にipadをかざすと、二人のスタンドが画面上に現れて、ビシバシ殴りあう展示

や、4部の舞台となる杜王町の地図上にipadをかざすと、劇中のワンシーンが再現されるとか。

あと、岸辺露伴と荒木先生の作業机を並べて展示されていました。荒木先生の机の上にはさらりと書かれた露伴が描いてあったり。

 

最後のパートでは、編集者と荒木先生の対談の映像が流されていました。

それから、キネクトを使ったスタンドと記念撮影出来るブース。こちらは、google+に公開されます。時間別にフォルダ分けされているのを後日ダウンロード。

どうしていいのかわからず。シュール過ぎる。

f:id:smoglog:20121012185932j:plain

 

 その後物販へ。

僕が買ったのはイギーストラップと本でした。この日は毎週火曜日限定で販売されるTシャツも販売されていて、悩んだのですが、生地があまり好きな感じでは無かったので購入を見送りました(ペラペラで頼りない感じがしたんです。貧乏性な私!)。一日限定で購入権が抽選されるスワロフスキー露伴は応募しておきました。

f:id:smoglog:20121009234529j:plain

ジョジョマニアの友人二人は、僕とは違い、奥さんの居る身ですが凄い買物の量でびっくりしました。一人は仙台展の分も含めて複製原画フルコンプしています。フィレンツェは仕事の都合上行けないそうですが、原画どうするのでしょう?

 

展覧会はここまで。絵の展示は200点以上あり、見応えがありました。好きな人には堪らないでしょう。本物の原稿には、独特の迫力があり、ほとんどはカラーでしたが、モノクロも是非見たかったです。

 

しかし、ジョジョ展はコレで終わりではありません!

六本木ヒルズ52階のイタリアンレストラン、マドラウンジではジョジョ4部に登場したイラリア料理シェフ、トニオ・トラサルディとコラボしたコース料理が展示会期間中楽しめます。

f:id:smoglog:20121011150610j:plain

ランチとしてはそれなりに高額ですが、一生に一度、せっかくなので食べたいと強く希望しました。

前菜はトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ。今まで食べたモッツァレラチーズはゴムのような食感でしたが、こちらのチーズはフレッシュチーズのなめらかな食感で大変美味しかったです。

次はイカやエビなどの魚介類を使ったパスタで、辛いソースとメニューには記載されていますが、辛さは全く感じませんでした。美味しかったけど。

メインは、小羊のステーキでボリューム満点でした。ラム肉はとても柔らかい肉質で臭みとか全くなかったです。少し脂が強かったかな。でも、りんごソースのさっぱりしたお味でペロリと平らげられました。

デザートはメニューには烏骨鶏卵のプリンとありますが、紅茶のプリンでした。レストラン側からは何の説明もありませんでしたが。でも、文句なしに美味しかったです。

レストランは、展望はスカイツリーも見れる大パノラマで、堅苦しさもなく、いい雰囲気のお店でした。料理も美味しかったです。

 

このあと、当日合流の友人の希望で再びスカイツリーに訪れ、中野ブロードウェイでおもちゃを買いました。僕の地元では絶対お目にかかれないレアなおもちゃが置いてあり、テンションがマックスまで上がりました。僕の大好きなThreeAのフィギュアも、ショーケースいっぱいに飾ってあり、嬉しかったです。絶版で多分手に入らないだろうな、と思っていたモデル、しかも欲しかったカラーウェイが手に入って、むちゃくちゃ嬉しかったです。また、紹介記事を書こうと思います。

 

以上で、旅行記は終わりです。財布も軽くなったけれど、よい旅でした。

また、遊びにいきたいなあ。