smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ふたりソロキャンプ一気読み感想-気持ち悪いおっさんの妄想漫画だけどゆるして欲しい

f:id:smoglog:20211124053354p:plain

今年、本格的にソロキャンプ始めたので、気になっていて読んでみました。あと副反応でダウンしている時に。

34歳のソロキャンプに強いこだわりのあるマッチョ男性と、20歳の料理が上手で可愛くておっぱいがばいんばいんなキャンプ初心者女性が、現地集合で「ふたりでソロキャンプ」 を楽しみながら、お互いが心を通わせていく、というラブコメディで、現在11巻まで刊行。

おー、これは……めっちゃ気持ち悪いシチュエーションですねぇ(笑) 

……こりゃ売れますねぇ。

自分もソロキャンパーですが、誘っても一緒に行ってくれる友人がいないから、ソロキャンプしているのであって(ソロは好きですよ)、友人にも恵まれるのに、そこまで頑なな主人公に共感できないのもあるかもしれません。硬派きどりながら、20歳の女性とご一緒とか、ゆ、ゆるせん!!! 不潔よ!!!!

 

個人的に、このシチュエーションに居心地悪く感じてしまうのは、性分なんでしょうね。

呼んでもないのに女性ソロキャンパーにテントの組み立てかたなどあれやこれやを教えようとする下心満載のオッサンなど、話を聞いただけで虫酸が走る。

自分の守備範囲で観測したものだと、アート系のイベントなどで、若い女性出展者のパトロンになろうとでも思ってるのか、ブース前に作品買うでもなく、何時間もまとわりついているジジイとか……。

 

主人公は、ソロキャンプはかくあるべき、という非常に強いこだわりがあり、余人が自分の趣味の範囲に入ってくることを許しません。

ルパン三世の歌にあるように、男には自分の世界があって、それは流れ星のように美しいもの、と本気で思ってるんでしょうかね。

しかし、若くてかわいい女性にグイグイ攻められて、本人はイヤイヤながら、なぜか巻き込まれていきます。なんでやねん。

そうまでして守りたい世界だったら貫けよ(それじゃ話が始まらない)、と思いつつも、漫画の中だけに許させたシチュエーションに、ちょっとワクワクしてしまいました。

 

劇中で紹介される料理がめちゃくちゃ美味しそうで、マネしたくなりますね。リアクションがワンパターンで、ちょっと笑えるけど。

作画されている方は、人間の肉体そのものの描画が好きなのか、男も女もイイカラダ(エロい意味ではなく……いや、あるか)をしていて、見ていて眼福でした。

 

個人的には、主人公とヒロインの性別交換してくれても、良かったかもしれません。

34歳の独身キャリアウーマンで、仕事の疲れを癒やしに独りキャンプする。お相手はキャンプ初心者で調理師志望の20歳の守ってあげたい感じの男子大学生のコンビ。どうすっかね。女性の方はオンのときはめちゃくちゃかっこよくて、オフのときはドジっ子ちゃんなところがあると、ギャップで面白そうだとおもうんですけど。初心者にエラそうにマウントしてても許せそう。こういうのも、フェニミスト(を詐称する一部の差別主義者)に怒られるのかな。

うーん、売上的には、今のコンビの方がいいんでしょうね……。

 

Kindle版が3巻までブラックフライデーのキャンペーンなのか、無料でした。

 

 

 

smoglog.hatenablog.com

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com