smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

赤坂山(滋賀県高島市)敗退

f:id:smoglog:20210606214639j:plain
暑さにより虫も活発になり、キャンプ場もハイシーズンってことで、キャンプはしばらくお休みして、週末はデイハイクしました。ちなみにいろいろあって、山頂までいけませんでした。

 

 

以前登ったときの記事

smoglog.hatenablog.com

今回の装備

f:id:smoglog:20210606212849j:plain

ザックは、ハリヤマプロダクションさんのサンポパックを初投入!

トレッキングポール、手ぬぐい、雨具(防寒・風防を兼ねる、上着だけ)、手袋、緊急シート、フラッシュライト、絆創膏、クッカー、モバイルスピーカー、モバイルバッテリー、アルコール消毒液などを用意。これに食料と水分を持つ。おそらく3キロ程度。意外と荷物が少ない。

smoglog.hatenablog.com

 

f:id:smoglog:20210606213542j:plain

水分は約1.5リットル。これが少なかった。2リットル持っていけばよかった。

f:id:smoglog:20210606213633j:plain

きんつばを装着。

 

到着(午前11時)

f:id:smoglog:20210606214001j:plain

登山口のあるマキノ高原に到着。家からちょっと遠い。キャンプ場はなかなか賑わっていました。

 

f:id:smoglog:20210606214124j:plain

 

f:id:smoglog:20210606214147j:plain

ここのキャンプ場……めちゃくちゃゴミ落ちてる!!

テーブルの上のスプーン、テーブルの下は吸い殻だらけ。

管理できていないのか、それともマナーのない客が多いのか。

一応、登山道のゴミは拾うようにしていますが、キャンプ場のゴミまで面倒見れない。

パンデミックの癒やしに来たのかもしれないが、汚しに来るんじゃねーよ。

 

赤坂山登山口(11:30)

f:id:smoglog:20210606214532j:plain前回来たときは、登山口がわからなくて、キャンプ場内を右往左往してしまいましたが、今回はサクッと発見(当たり前)。

 

f:id:smoglog:20210606214639j:plain

僕の少し前に入山した老夫婦を軽やかにパス。まだまだイケるぜ!!

登山道は整備されており、水はけの良い砂質の土で、歩きやすいです。

 

f:id:smoglog:20210606214738j:plain

……と思ったけど、朝ごはんを食べてなかったので、白いタイヤキを食べる。

この間に、また老夫婦に抜かれる。

たいやきは、カスタードクリームが入っていて、なんか溶けた雪見だいふくを思い出した。

マズイってわけではないが……。でも甘くて、パワーが出る。

もう一回老夫婦を抜く。

 

f:id:smoglog:20210606214939j:plain

上りのキツイところから、ややゆるい傾斜、フラットな登山道へ。

大量の汗をかきつつ、久々の急斜面に悲鳴を上げる太もも! それからこういう道になると、めちゃくちゃ気持ちがいい! これが味わいたくて登山してる!

こういうとき、僕の頭の中では、スーパーマリオのスターのBGMが鳴っている。


www.youtube.com

 

気持ちが良かったのに、ゴミが落ちていた。

狙って落とした訳ではないのだろうが、やっぱりムっとする。

しかもティッシュだ!

使用済み? うわー、拾う? こんな時期に?

一度は見なかったことにしようとした。

 

しかし、先程抜いた老夫婦が、これを見たらどう思うだろう。

さっきのUL装備で固めた僕が落としたと思うのか。知らんぷりしたと思うのか。

「ULブランドモノで固めた、さっきのおっさん、重くてティッシュも拾えないってよ……ぺッ!」

……そんな風に思うかもしれぬ。

 

ええい!!

f:id:smoglog:20210606215651j:plain

やだなぁ……。一応、未使用っぽい……。

 

f:id:smoglog:20210606215735j:plain

いつも綺麗に!!

 

f:id:smoglog:20210606215759j:plain

東屋で小休憩。

 

f:id:smoglog:20210606215819j:plain

サンポパックが妙に背負いにくい。今まで使っていた大型ザックには、スリーピングマットを巻いて入れているので、背中の面がフラットなのだ。これは、サンポパックのせいではないのだが、道具がごちゃごちゃして背負いにくい。仕舞い直す。

再出発。

 

沢の音が聞こえる。

 

f:id:smoglog:20210606220120j:plain

きれいな水。

浄水器を持ってくればよかった。

smoglog.hatenablog.com

 

 


www.youtube.com

マイナスイオーン……ってエセ科学らしいね。

 

ハプニング

f:id:smoglog:20210606220209j:plain

ずんずん進む。

ちょっと休憩。

 

……。

 

……アレ?

 

三ツ矢サイダーのボトルがない。

 

落とした?

忘れた?

 

写真をチェックすると、東屋のところまでは写っっている。

ここで忘れたっぽい。

 

散々、山を汚すなとか偉そうに言いながら、これは恥ずかしすぎる!!!

急いで来た道を戻る!

 

誰かに拾われていたら、申し訳ないなぁ。

三度、老夫婦とすれ違う。

ペットボトル忘れてませんでしたか、とか正直話せばよかった。

この後も何度もすれ違うので、「こいつ、なん往復するんだ?」 と不審がられたに違いない。

 

f:id:smoglog:20210606220428j:plain

ペットボトルは、道の途中に落ちていた……というか、誰かが脇に置いてくれたっぽい。

ああ、恥ずかしい。

思わず、中身を全部飲んでしまう。

分量配分考えていたのにな……。

 

f:id:smoglog:20210606220735j:plain

原因は、ペットボトルホルダーの紐を面倒くさがって、ちゃんと締めてなかったから。

しかし、胸から落ちたものを見逃すとは、どんだけ僕は注意散漫なのだろう。

普段の仕事っぷりも想像できるだろう。マジで気をつけろ!!!

 

f:id:smoglog:20210606220918j:plain

きんつばも食べてしまう。

また山頂までの道のりを登って行く。

 

昼食(2:00)

f:id:smoglog:20210606221036j:plain

登山道脇に、鉄塔が建っているところがあり、そこが開けているのを知っていたので、そこで食事を作る。

しかし、この山は蟻が多い。地球の真の支配者は虫と言われることがあるが、地球の全人口の重さよりも、地球全体の蟻の重さのほうが上らしい……その話を納得してしまう多さ。そこら中でわさわさしていた。しかも大きな蟻なので、座布団を敷いても、噛まれそうで地べたに座るのは憚れる。行儀悪いが、立ち食いスタイルにする。

 

f:id:smoglog:20210606221603j:plain

ちなみに、座布団というのは、サンポパックの背中のダイニーマクロスと服がこすれるのをガードするために、100円均一で買った銀マットを使っている。

 

f:id:smoglog:20210606222114j:plain

この展望を独り占め……は、ほんの数分だった。

何度も何度もすれ違っている老夫婦を含めて、入れ替わり立ち替わり3組の方とご一緒した。

 

f:id:smoglog:20210606222220j:plain

本日のメニューは、肉うどんと、残ったスープで塩おにぎりでおじやにする。

米は炊かないが、おむすびを持ってくるのは良いのである。

smoglog.hatenablog.com

f:id:smoglog:20210606223530j:plain

コーヒーも沸かすつもりなので、鍋は2つ用意した。

 

f:id:smoglog:20210606222350j:plain

ストーブは、エバニューのチタンアルコールストーブと、フリーライトのチタンフォイル風防。

非常にコンパクトだ。

エバニューのチタンアルコールストーブは、五徳不要で、そのまま鍋を乗せることができる。

このセットで買った。

 

f:id:smoglog:20210606222708j:plain

このスタイルが一番軽量っぽいが、エバニューのチタンアルコールストーブの燃料ドカ食い・暴火力という特徴がなくなる。イマイチ、燃焼時間がわかっていない。

 

f:id:smoglog:20210606222745j:plain

水を入れる。前回キャンプで使ったネイチャーストーブが入っていたので、灰が残っていた。

旨味成分である。

smoglog.hatenablog.com

アウトドアでは、こういう細かいことは気にしなくなる。ぶっちゃけると、家では、この鍋で作ったものに食欲がわかない。

 

……灰を気にした訳ではないのだが、鍋をひっくり返してしまった。

うどん投入前じゃなかったのは不幸中の幸いだったが、もう一度水を入れ、さらにコーヒーを飲むつもりだったため、のこり300ミリリットル足らず……。

ちょっとこの量では頂上までいくと、帰りがキツそう。

自分は、こういうときは無理せず、諦める。森林限界を超えない標高とは言え、危険は危険なので、無茶はしない。

今回、なんかハプニング続きだなぁ。

 

 

ここで気がつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箸を忘れた。

またかよ……、わざとネタにしてるんじゃないかよ……って言われそう。

 

f:id:smoglog:20210606223024j:plain

仕方がないので、スプーンでうどんを食う。

……ULを極めると、箸なんて余分な重量は背負わないのである。

食べるのに時間がかかる。

 

f:id:smoglog:20210606223441j:plain

塩おにぎり投入。

スプーン持ってきてよかった。食べやすい。

 

f:id:smoglog:20210606223951j:plain

コーヒーをつくる。

残りの水を気にして、すくない水で、かなり濃いコーヒーだったが、それも美味しい。

もう山頂を目指さないので、かなりゆっくりした。蟻さえいなかったら、寝転がっても良かった。山は寒いかな、と長ズボンだったけど、短パンで来て、日焼けすればよかった。

 

f:id:smoglog:20210606224046j:plain

道具を仕舞う。

サンポパックは、マチがそれほどないため、パッキング時、道具の幅が広いと、その分背中に出っ張って背負い心地が悪くなることに気がついた。

このエバニューの深型ポット800のイマイチな点として、蓋となるフライパンの座りが悪くぐらつく点と、高さがあること。特に後者の不満点が、サンポパックとミスマッチに感じた。取っ手部分の尖った部分もキューベンファイバーと相性が悪く、カーボンフェルトでくるんだ。

 

f:id:smoglog:20210606224729j:plain

家に帰って、この問題は、鍋の底にフライパンをかぶせることができることに気づきいた。これでぐらつき、高さをかなり抑えることができそうだ。

 

f:id:smoglog:20210606224846j:plain

f:id:smoglog:20210606225016j:plain

キューベンファイバーは、超軽量で強靭なのだが、尖ったものに弱い。

こういう容器の尖ったところが当たらないように気を使う。そのピーキーさが良いのだ。変態なのだ。

 

下山:(16:00)

f:id:smoglog:20210606225124j:plain

睨んだとおり、水分が枯渇した。

自販機で購入したコーラが染み渡る。

 

f:id:smoglog:20210606225209j:plain

回収したゴミはこんな感じ。

アルコール消毒しまくった。

 

f:id:smoglog:20210606225250j:plain

この時間になると、キャンプ場の9割が撤収していた。

案外、オーバーナイトするキャンプ客って少ない? パンデミックのせいか?

ハイシーズンでも、この時間からなら、悠々とキャンプ場使えるかもしれない。

汗をたっぷりかいていたが、温泉は辞退した。

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com