読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

1000toys(千値練) / 東亜重工: 合成人間[1/6スケール・再販版]

トイ レビュー

https://www.instagram.com/p/BOi20baAGQ7/

漫画家・弐瓶勉さんの作品「BLAME!」「バイオメガ」「シドニアの騎士」などに登場する架空の巨大企業「東亜重工」。そのプロダクトをフィギュアとして1000トイズが展開する、その名も「東亜重工」ラインより、一番最初に販売された合成人間の再販バーションです。

新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

言い訳がましいですが、一応最初の受注のときも気がついていたんですよ、けれど「オリジナル作品(漫画やアニメ等のキャラではないもの)縛り」というコレクションしていく上でのリミッターがあったため、その時はスルーしてしまいました。この縛りも、かなり緩いんですけど、その時は軍資金も乏しかった。あとクレジットカードも持ってなかったのかも?

 

後になって合成人間そのものは、東亜重工の製品をイメージして作られたオリジナルであるという事と、出来の良さを知って、ワンフェス・Webで販売された装試体バージョンや、初版のキャンセル分などの抽選販売にも挑戦しましたが、あえなく撃沈。定価の2倍も3倍もする転売品なんか買えないし、バリエーションもゾクゾクと出たのですが、どうしてもオリジナルの合成人間が欲しい……ってところに、受注販売の再販です。

 

中の人曰く、再販版はよりデコマスに近くなったそうです。

 

再販1/6合成人間 確認中。 #1000toys #arttoy #scifi #scifiart #mangaart #toystagram

Tobari Yutaさん(@sakichooboy)が投稿した写真 -

初版との違いは、東亜重工フォントで「再」と書かれた化粧紙(上の画像)が付いてきます。違いはそれだけかな?

 

ところで、今まで1000トイズ=千値練と思っていたのですが、実際のところはどうなんでしょうか? トヨタとレクサスみたいな関係だと勝手に解釈していたのですが……。でも信頼のブランドですね。とにかく出来が良いです。

 

 

f:id:smoglog:20170205232522j:plain

f:id:smoglog:20170205232524j:plain

f:id:smoglog:20170205232525j:plain

プレーンな1/6スケールフィギュアに、有機的な感じのメカディテールを加えたのが合成人間だと思います。

プロポーションは、少し歪に個人的には思いました。頭部が大きく、腰や腕が細い。合成人間というキャラクターには合っていると思います。不気味の谷現象というヤツ。

人間のロボットに対する感情的反応について、ロボットがその外観や動作において、より人間らしく作られるようになるにつれ、より好感的、共感的になっていくが、ある時点で突然強い嫌悪感に変わると予想した。

引用‐不気味の谷現象 - Wikipedia

 

https://www.instagram.com/p/BOi3Sr7AYDo/

 

デザイン以外で特筆する点は、設置感・バランスの良さです。

小さな接地面積ながら、爪先立ちや片足で立つことが簡単にできます。

 

f:id:smoglog:20170205232546j:plain

f:id:smoglog:20170205232547j:plain

基本、1/6スケールのフィギュアを撮影する時、倒れないように後ろの壁にもたれ掛かるようにするか、フィギュアスタンドを使用しますが、今回の撮影では全て、自前の脚で安定して立っています。

 

f:id:smoglog:20170205232541j:plain

f:id:smoglog:20170205232542j:plain

f:id:smoglog:20170205232543j:plain

 

この秘密は、足の可動域が広いことと、フィギュア本体がとても軽く作られていることだと思います。持つと頼りないくらい軽いんです。

f:id:smoglog:20170205232529j:plain

ピタッと床面にくっつきます。

 

そして、可動部の渋みの調整が絶妙です。ゆるゆるでマトモに立たない、硬すぎて動かすのが怖いという事がありません。さすが日本製(箱にメイドインジャパンって書いてある)です。

f:id:smoglog:20170205232528j:plain

 

このフィギュアは、ほとんど1/6スケールフィギュアの素体なので、可動の良さは自明なんですが、合成人間というキャラクター性(?)からかポージングに自由度がある。変態チックなポーズも許されてしまいます。

f:id:smoglog:20170205232520j:plain

f:id:smoglog:20170205232519j:plain

これも自立してます。

 

f:id:smoglog:20170205232521j:plain

 

f:id:smoglog:20170205232523j:plain

スリーエーの1/6スケールと並べると少し小さいです。 

29センチくらいなので、フルスケールにすると174センチの身長になります。日本人の平均身長くらいかな?

 

f:id:smoglog:20170205232526j:plain

付属パーツは、最初から付いているのも含めて、ハンドパーツが左右で3組あります。

 

f:id:smoglog:20170205232527j:plain

顔は端正ですが、切れ長な目と角ばった頬のため、悪人顔ですね(三白眼にしてあるので強調されてるかもしれませんけど)。

 

f:id:smoglog:20170205232536j:plain

f:id:smoglog:20170205232539j:plain

f:id:smoglog:20170205232540j:plain

 

 

f:id:smoglog:20170205232530j:plain

そして、このギミック。

 

f:id:smoglog:20170205232531j:plain

マスクを外すと、内部骨格が露出します。

 

f:id:smoglog:20170205232537j:plain

f:id:smoglog:20170205232544j:plain

f:id:smoglog:20170205232545j:plain

いいでしょ、このキワモノっぷり!

 

f:id:smoglog:20170205232532j:plain

顔を外して眼球を動かせることができます。

 

f:id:smoglog:20170205232533j:plain

f:id:smoglog:20170205232538j:plain

 

以上、再販版で目新しさはないかもしれませんが、やっと手に入れた東亜重工の合成人間でした。

この流れに乗って、次回も合成人間です。

 

◯関連記事

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com