読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ミロクトイ / ドクターミロク消しゴム[黒] WF2016W

f:id:smoglog:20160604140539j:plain

ワンフェス2016冬の戦利品レビューも佳境です。

今回は、ミロクトイさんのSDガン消し(ガシャポン戦士)風のドクターミロク消しゴムです。会場では実際にガチャガチャマシーンで販売されました。カラバリは青、黒、緑、肌色の4色。

大きさ約4センチ。素材はゴムではなくて軟質レジンという素材だそうです。

ミロクトイさんのインスタグラムでは前年から発表され、どこで販売されるのか?! とヤキモキしてましたが、とうとうワンフェスでお目見えしました。

個人的には、最近は販売されなくなってしまったチープトイカラーのニオイを感じ、気に入っております。

 

 

 

f:id:smoglog:20160604140531j:plain

ソフビ版ドクターミロク(ゴールデンボンバーズカラー)と比較して。

もともと9センチという大きさの中にコレでもか! とハイディティールを施したドクターミロクですが、消しゴム風になってもこの密度です。デフォルメされているようでされていない、この奇妙なバランスがゾクゾクします。

そういえば、ドクターミロクって猫目なんですね。博士の本名であるミロク・ネコバーグと関連性あるのかしら?

 

f:id:smoglog:20160604140532j:plain

素晴らしい技術に息を飲みつつ、なぜか見ていて徒労感を感じてしまいます……これは正気の技か、と。

 

f:id:smoglog:20160604140533j:plain

後頭部の乗組員もこの再現度。3ミリくらいの大きさの顔なんですが、きちんと表情が造形されています。

 

f:id:smoglog:20160604140535j:plain

特徴的なカニバサミハンドも再現。「み」の字のリベット打ちの跡もきっちり打ってあります。

 

f:id:smoglog:20160604140534j:plain

底面には、ガン消し風の鉛筆を装着できる穴があります。

 

素材の軟質レジンについて。

f:id:smoglog:20160604140536j:plain

このように、

f:id:smoglog:20160604140537j:plain

力を加えるとクニャリとします。ニギニギしたい、この感触。

 

f:id:smoglog:20160604140538j:plain

腕と本体でパーツ分けされています。

 

f:id:smoglog:20160604140540j:plain

いっぱい持っていたはずのガン消しと一緒に。家の押入れなどを探しまわったのですが、おそらく「お気に入り」だったらしい数体しか出てきませんでした。見事にモノアイばかり。

これらは何十年も前の製品ですが、今になって改めて見てみると凄い造形です。ノスタルジックに駆られるどころか、逆に感心してしましました。これが100円で買えたんだもんなぁ……。

大手メーカーの大ロット販売の力なんでしょうけど、本当はドクターミロク消しゴムももっと欲しかった……。再販するとのことでしたが、その後は音沙汰がなく……そういえば、キーホルダーの受注販売も立ち消えてしまったのであろうか。

あゝ弥勒様、煩悩退散!

 

◯関連記事

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com