読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

グッドスマイルカンパニー / Feed Me

f:id:smoglog:20141201195746j:plain

見に覚えのない玩具の支払いが来たのでビックリしました。

画像を見て、「ああ!」っとガッテンした次第。初めての体験でした。いや~、我ながらオモチャ買いすぎ。

今回紹介するのは、UKエレクトロ・ミュージックの奇才「Feed Me」さんのアイコン的キャラクターを立体化した非可動フィギュアになります。

エレクトロ・ミュージックと言いますと、詳しい方にとっては、ジャンルが違う! と怒られてしまうかも知れませんが、生まれて初めて購入したCDアルバムがアンダーワールドの「二番目のタフガキ」です。その後、ダフト・パンクやファットボーイ・スリム、ブライアン・イーノなどを聞き齧りました。

肝心なFeed Meさんを聞いてなかったので慌てて聞きました。

 


Feed Me - Cott's Face - YouTube

 

結構好きです。車で爆音で流すには、チョット歳をとっちゃいましたけど。

 

以下、グッドスマイルカンパニーさんの商品説明から引用です。

Feed Meとは?
「Sotto Voce」の創設者で、独自のハードヒッティングでヘヴィーなベースを武器に、やんちゃなエレクトロ・サウンドと、時に繊細でメロディアスなフレーズで中毒者を続出させ、瞬く間に世界中のリスナーの注目をさらった期待のアーティスト。初来日公演となったFUJI ROCK FESTIVAL'13でのパフォーマンスでも多くの観客に鮮烈なインパクトを残した。
世界が大注目の”Feed Meモンスター”がグッドスマイルカンパニーよりついにフィギュア化。

 

 

◯全体

f:id:smoglog:20141201195936j:plain

f:id:smoglog:20141201200003j:plain

f:id:smoglog:20141201200029j:plain

f:id:smoglog:20141201200049j:plain

本革製の豪華な椅子に座ったクリーチャーという感じです。

大きさは椅子の高さが約9センチ。

椅子に関してのデキは文句ナシですが、本体の塗装は商品見本から劣化あります。一つは牙に塗装ハネが一箇所あります。もう一つは、グリーンのグラデーションが少し弱いというか淡いです。商品画像のようなケバいギットリとした色合いの方がキャラクターに合っていると思いました。

 

◯本体

f:id:smoglog:20141201200115j:plain

f:id:smoglog:20141201200146j:plain

ちょっと情けない姿なんですが、見えないところとは言え、背中のラインが非常に目立ちます。椅子と本体、どっちが主役なんでしょうかね。

 

f:id:smoglog:20141201200633j:plain

指先の造形・小物の塗り分けは良い感じです。

 

◯椅子

f:id:smoglog:20141201200230j:plain

英国伝統のアンテークスタイルの椅子みたいです。

多分、チェスターフィールドというソファーの様式をモチーフにしていると思います(本来のチェスターフィールドソファーは、肘掛けと背もたれの高さが同じです)。重厚感たっぷりで、ボタン留めされた背もたれ部分のボコボコが特徴的ですね。

背もたれから猫足の先までのグラデーションが美しいです。つや消しなので、レザーといえばそう見えるかな?

 

◯椅子で遊ぶ

f:id:smoglog:20141201200304j:plain

こけし。

 

f:id:smoglog:20141201200456j:plain

ベアブリック(家具職人のイームズカラー)。

 

f:id:smoglog:20141201200518j:plain

1/12スケールには残念ながら納まり悪いです。お尻のクッションの奥行きがないので、人間用ではないですね。

 

◯まとめ

この玩具、5月から2週間くらいの短い受注生産性な上、商品告知もFeed meオフィシャルサイトの方と音楽関係のブログでされていて、オモチャ関係のブログでは、コチラ(Feed Me)でしか紹介されていなかったように思うんですよね。

僕はたまたまカホタンブログにリンクが貼ってあって、そちらからそのブログの記事を読んで知ったような気がします(注文したこと忘れていたので、曖昧ですが……)。

短い受注期間な上、あまり熱心な販促もされなかったみたいですし、後から販売を知った人も多いのでは……と思います。音楽を知らなくても、キャッチーな造形ですし、潜在的な需要はあったと思うので、そこは残念ですね。