読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ブッシュクラフトナイフ(プーッコ)を研ぐ/はぢめてのナイフけんま

アウトドア DIY

f:id:smoglog:20140621153010j:plain

今月は、ブログをPro化して画像がほぼ無制限ってくらいアップできるのと、おもちゃの到着ラッシュが被って、あまりアウトドアの記事を書いておりません。

今回は、最近買ったブッシュクラフト用のナイフが錆びてきたので、研ぎます。炭素鋼のナイフなので、使ってないと錆びてしまいます。食用包装用ラップを巻いたりすると、錆びにくくなるみたいですが、記事にできると思い、あえて錆びさせました。

 

 

◯ナイフについての参考記事

ウルトラライトハイキング+ブッシュクラフトってアリかも - smogbom

ブッシュクラフトナイフ ツンドラ ウィトラー - smogbom

 

f:id:smoglog:20140616063002j:plain

現状こんな感じです。

一週間くらいでポツポツとサビが浮いてきて、梅雨入りに関係しているのか、ココ数日ですっかり錆びました。

ステンレス鋼のナイフだと、サビは抑えれるのですが、一度ナマクラになると、研ぐのが素人では難しいみたいです。まあ、こういう道具の手入れも楽しいと思うのが道楽ってもんです。革靴履かずにカビの塊にした僕が言うのもなんですが。

 

◯砥石

f:id:smoglog:20140616062912j:plain

サビは紙ヤスリで取るのも粗方とっておくのもアリみたいですが、今回は砥石で取ります。砥石は自宅で包丁を研ぐために使っている謎の砥石。多分、爺さんの代から使っていると思います。包丁はコレ一本で仕上げているのですが、番手的には1000番〜2000番くらいでしょうか。中砥石と呼ばれるカテゴリーですね。仕上げ研磨無しでどれ位切れるのかわかりませんが、やってみます。

 

◯準備

f:id:smoglog:20140616063416j:plain

まず、砥石を30分位水に沈めておきます。

水に沈める理由は、石が水をよく吸うので、刃を研ぐ時に滑らないからのようです。

 

◯研ぎ

f:id:smoglog:20140621153010j:plain

ナイフの中でも、プーッコはゼログラインド(直角な刃……説明難しいので、グラインドについては前回参照)ですので、刃部分に手を押し当てて、クッと持ち上がった状態で研いで行きます。

素人なら、刃に指を2本おいて、その真下の刃を削るイメージで、上の写真の面を削るなら、上方向に行くときにだけ力を入れます。

詳しい方法はユーチューブなどの動画を参考にすると間違いないと思います。だって、僕も初めてですもの。

 

炭素鋼といっても、勝手がわからず、30分位研磨しました。徐々に工場出荷のヘアライン状の研磨跡が薄くなります。ああ、自分で研いだな、ってわかるナイフになっていきます。

 

◯研磨終わり

f:id:smoglog:20140616070749j:plain

こんな感じです。まだ切っ先に少しサビが残っていますが、この後もう少し研いでマシになっています。

 

◯試しフェザースティック

f:id:smoglog:20140616070907j:plain

いっしょにいた友人にモデルとしてやってもらいましたが、はじめてなのに、僕より全然上手に作りました。恐ろしい子……! 悔しい、嫉妬しちゃう。

個人的にも、あまり切れるという感じではないので、道具って使い手次第だなぁ、と思いました。

と、そこへ丁度、弟が帰ってきました。なんで丁度かというと、僕の弟は、元大工なんです。才能と稼ぎに限界を感じて5年ほどで辞めてしまったんですがね。

 

◯元大工による、初めてのナイフ研磨の短評

下手すぎる。

そもそも刃の部分が削れていない。研ぎ直すのにも手が掛かりそう。

……ということでした。

 

この記事を書いてたら、それならイッチョ、弟に研いでもらおうと思いました。

なので、次回も続きます。