読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ThreeA AK アンコウEX C.O.S.D

f:id:smoglog:20130703092507j:plain

ゾンブの首領、ゾンブMD(未発表)より生み出されし巨大ゾンブ(未発表)に対抗するため、創りだされたロボット戦士アンコウEXの紹介です。

すでに公式サイトではカニバサミハンドのアンコウEXが発売されていましたが、今回、小売版として、5指ハンド版が4種発売されました。僕が買ったのは、サイズと財布の制約から、4種のうちの一つ、C.O.S.D という名前の頭部にギリースーツを被ったアンコウEXです。

ADVENTURE KARTEL AnkouEX C.O.S.D (1/6スケール ABS&ソフトビニール塗装済み可動フィギュア)

ADVENTURE KARTEL AnkouEX C.O.S.D (1/6スケール ABS&ソフトビニール塗装済み可動フィギュア)

 

◯サイズ比較

f:id:smoglog:20130703090539j:plain

大きい方が、アンコウEXで、小さい方が普通サイズです。1/6スケールのフィギュアなので、小さい方でも30センチの大きさがあります。

小さい方のレビュー記事はこちら

 

今回発売された小売版は、4種類とも5指なのですが、一つでもカニバサミがあったら、もう一つ購入していたかもしれません。付属品がないので、外箱のサイズは思ったより大きくありませんでしたが、本体の大きさは予想以上でした。

 

◯全体

f:id:smoglog:20130703090726j:plain

f:id:smoglog:20130703090827j:plain

いつものボイラースーツです。腰にはこれでもか、と豊富にバックをつけています。

もっとずんぐりむっくりな体型かと思っていたら、ゴリマッチョタイプのゴツい体型でした。可動については、前のカニバサミハンドの時よりも可動域が広がったそうですが、下半身については、大胆なポージングはできません。また、僕の個体は、ちょっと固定がゆるく感じました。

手のパーツ自体は、1/6のシーザーと共通のように思います。

 

◯ギリースーツで遊ぶ

f:id:smoglog:20130703090119j:plain

 手を広げると、凄い空間占有率となります。袖口のマーキングがカッコイイです。こういうところのセンスは、前回紹介したアシッドレインと比べると、スリーエーの方が軍配が上がります。

f:id:smoglog:20130703090208j:plain

もう一つギリースーツがあったら、チアガールになるな、と思いました。

f:id:smoglog:20130703090403j:plain

・・・ギャランドゥ。

 

◯チラリズム

f:id:smoglog:20130703091843j:plain

ボイラースーツを脱がしていませんが、袖やフロントジッパーをめくると、チラリとカッコイイデカールが現れます。

足のところは、ピンナップ・ガールです。戦闘機などに描かれるノーズアートを彷彿とさせますね。

 

◯まとめ

以上、アンコウEXでした。

ひときわ目につくギリースーツの一つで、かなり遊べます。マスコットキャラ的なユルさと、スペースをひっ迫する巨大さが同居する、素敵なおもちゃです。Amazonなどで投げ売り状態になったら、もう一つくらい買いたいと思いました。もしくは、オークションでカニバサミハンドが、安く出品されないかしら。