smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

グロワーズカップ :外でも楽しめる本格コーヒー

f:id:smoglog:20130121200954j:plain

手軽に、フレンチプレス式とドリップ式を掛け合わせた方式で本格的なコーヒを楽しめるという、謳い文句のグロワーズカップを試してみました。僕が飲んだのは、コスタリカ、グアテマラ、ニカラグア、ホンジェラス、ボリビアの5つです。僕なりの味の感想も述べたいと思います。

 

◯作り方

1.袋を開ける。糊付けされているところもベリベリ剥がします。

f:id:smoglog:20130121202246j:plain

2.赤いリボンを引いて取ります。

f:id:smoglog:20130121203129j:plain

3.お湯を注いでジッパーを閉めて蒸らします(5分〜8分)

f:id:smoglog:20130121202421j:plain

4.カップに注ぎます。

f:id:smoglog:20130121203203j:plain

5.出来上がり。

f:id:smoglog:20130121203254j:plain

 

*実は、アルコールストーブの燃料をこぼしてしまって、温度不足できちんと抽出できませんでした。燃料は余分に持って行くべし! ですね。

以下の味の感想は、きちんと室内で作ったもので味わっております。

 

コスタリカ

エスプレッソの様な強い味がします。強いコーヒー。野性味あふれるコーヒーだと思いました。

 

◯グアテマラ

ローストされた豆の香ばしさ。スッキリしていて飲みやすい。

・・・と、メモ書きしておいたのですが、5つ飲みくらべた今なら、もう少しマシな感想が書けそうです。

 

ニカラグア

柔らかい香り。わずかな酸味。酸っぱいコーヒーが苦手な僕でも飲める程度。朝一番に飲むとスッキリしそう。

 

◯ホンジェラス

袋を開けた瞬間、フレッシュで軽やかな香りがします。飲みやすい切れのある味。渋みがイイ。

 

◯ボリビア

深い苦味とコク。どこか瞑想に浸れるような滋味深さ。静かな夜に一人読書や音楽を聞いたりすると良さそう。

 

◯まとめ

全体的に僕がいつも飲んでるペーパードリップの小川珈琲にはない、強いコーヒーでした。お茶代わりにカパカパ飲めるような感じではなく、最初に飲んだコスタリカの強い味に、お酒を飲んだようにお腹がかっかして面食らいました。

上記5種類の中ではホンジェラスのコーヒーが一番好きです。

それにしても、コーヒーって面白いもので、上記の国々ってほとんどお隣同士の国なのに、こんなに味が違うとは、びっくりしました。多分、産地の違い以外にも、ローストの仕方、ミルの仕方などで味が変わってくるのでしょうね。

毎日飲むのにはお腹がモタレてしまう感がありますが、山やレジャーの際に特別な一杯として楽しむには、味もコスパも最高の商品だと思います。あと、パッケージの中で、コーヒーの抽出、出がらしの処理も完結してしまうので、後始末もラクチンでありがたい限り。

今回、紹介した5種の更に上の、ブラックのパッケージの上級グレードがあるらしく、それも手に入ったら、試飲してみたいです。