読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ブッシュネルの単眼鏡

f:id:smoglog:20130119143740j:plain

読書感想も書いた遊歩大全に、ビノキュラー(双眼鏡)の項目があり、著者はこれに結構な文量を割いていました。

双眼鏡ともなると、おおきく重くなるので、単眼鏡を探してみました。

新品で、とりあえずどんなもんかと、1万円以内で探すと、だいたい倍率は10倍くらいのものがヒットしました。別にスペック厨ではないので、10倍でも構わないですし、あまり倍率が高くなってしまうと、手振れがひどくなり、視界も暗くなるそうなので、この辺りで手を打つかと考えておりました。でも、最後にヤフオクをみてみるか、と覗いてみたところ、購入したのが、コレです。

 

◯スペック

倍率:20×50(表記には、28×65とありますが、アメリカ国内向けのインチ表記なのだと思います。ちなみに、20が倍率で、50が一番外側のレンズの径です)

重量:本体/実測183グラム

f:id:smoglog:20130121222148j:plain

   ケース含む/実測207グラム

f:id:smoglog:20130121222205j:plain

備考:昼夜兼用レンズ(夜の場合でも、星や月の光があれば、数キロ先まで見えるとのこと)・全天候対応

状態:本体のラバーに擦れた跡があるものの、レンズはピカピカで、使用には問題ありません。

 

◯見た目

f:id:smoglog:20130119143752j:plain

ちょっと野暮ったい感じの迷彩模様です。だが、それがイイ。

覗く方にピント調節が付いています。回転させて調節できます。

 

◯使用感

考えているよりも、遠くを見ないと、像を結びません。思ったよりも、手振れは酷くないですし、とっても明るいです。10倍率クラスに比べると、すこし大きく、重いのですが、視界はクリアで、とっても気に入りました。

実際、iPhone5のカメラを使ってテストしてみました。

まずは、こちら。

f:id:smoglog:20130111141719j:plain

この道の先に、黄色い道路標識があります。肉眼では見えません。

単眼鏡を覗くと・・・

f:id:smoglog:20130111141731j:plain

 

次に、伊吹山の山頂を見ます。

f:id:smoglog:20130111141455j:plain

関係ないけれど、冬なので空気が澄んでいて、風景写真を撮るには持って来いですね。

f:id:smoglog:20130111141607j:plain

iPhoneのカメラは、広角レンズなので見えませんが、肉眼では山頂に立つ建造物が見えます。山登りに使う時、道の先の状態を見たり、遠くの看板を見たり、普通に景色を楽しむのに使えそうです。