読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

LAUFBURSCHE Hip Belt Pocket アンボックス&ディテール

f:id:smoglog:20120410112252j:plain

すこしブログ更新に間が開いてしまいました。

今回は、前回の続き。

最近購入した、ウルトラライトハイキングスタイルのバックパック、ラフバーシのフッケパック。その、オプションであるヒップベルトポケットの紹介です。

 

◯基本データ

サイズ:M(17×6×13センチメートル)

重量:36グラム

容量:1.5リットル

メイン素材:X-PAC VX07 (黒)

 

◯パッケージ

f:id:smoglog:20120410104006j:plain

フッケパックと同じく簡素なパッケージング。

A5のコピー用紙の説明書、バックの中に肩掛け用のコードが入っています。

 

◯外観

f:id:smoglog:20120410111736j:plain

f:id:smoglog:20120410111752j:plain

f:id:smoglog:20120410111812j:plain

ヒップベルトの左右どちらにも付けれるように、取り付けパーツが左右対称に付いています。36グラムと十分に軽いですが、更に軽くできる余地がありますね。

裏側の、ベルトを通すゴムひもが、左右2本ずつあるのが、最初疑問だったのです。内側のベルトの中央にはバータックが施されています。そっちはフッケパックチンに使い、広い方はフッケパックに使うようで、汎用性はありますが、美しくないな、と思いました。

 

◯取り付け方法

(1)サイドのループに2箇所、プラスチックパーツで留めます。

f:id:smoglog:20121114142916j:plain

 

(2)後ろのゴムひもに、ベルトを通します。 

(写真は、下を通していますが、公式サイトを確認したら、上を通してありました)

f:id:smoglog:20120410112214j:plain

 

(3)バックルの付け根のループをプラスチックパーツで留める。

f:id:smoglog:20121114142918j:plain

 

◯運用方法を考える

サイズSで、1リットル、Mで1.5リットルと大容量のサイドバックです。僕は一つしか持っていませんが、2つ取り付ける事ができます。

運用方法としまして、僕は、行動食をココに入れようと考えています。ここにカメラや携帯電話をいれると、素材がペラペラなので、ザックを下ろした時に、地面にぶつかりそうだからです。それらは、ヒップベルトポケットをつけていない方に、サコッシュを掛けて入れるといいかな。

 

◯肩掛けバックとして

f:id:smoglog:20120410112837j:plain

このように、紐を取り付けて、肩に掛けることができます。

が、サコッシュを別に持つつもりなので、このような使い方はしないつもりです。

 

以上、ラフバーシのヒップベルトポケットでした。

天気が良ければ、今週末、山登りしようかなと考えています。

それと、このブログ、なぜかアルコールストーブの検索が上位にあるので、そちらの運用も考えています。