読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

ThreeA リアルスティール アンブッシュ

f:id:smoglog:20120406074155j:plain

ThreeAの豪華ライン、LUX3Aより、ドリームワークス制作の映画リアルスティールに登場するロボット、アンブッシュの紹介です。

今回の商品は、コラボレーション商品でして、ロボットのデザインに、アシュレイ・ウッドさんは関わっていないようです。なので、このおもちゃを買うにあたって、映画も見ました。だって、高額商品なんですもの。

映画については、佳作、というに相応しい出来でした。

不完全燃焼のまま転落人生を生きる男のくすぶった感じと、どこかノスタルジーに駆られるカントリー調のトーン。モノ言わぬロボットを通しての親子の交流。先の読める展開ですし、納得の行かない部分もありますが、万人が安心して見ることの出来る映画だと思います。

リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

 

話をおもちゃに戻して。

今回、僕が購入したのは、小売店版でして、直販についているコントローラはありません。

 

おもちゃの大きさは圧巻の40センチ超。1/6スケールでございます。

f:id:smoglog:20120406074416j:plain

足元のアシュレイ・ウッドベアブリックが7センチです。

デカイ、でかすぎる!!

ポージング無しだと、それほどマッチョに感じないですね。

 

f:id:smoglog:20120406074446j:plain

肩のマッシブな感じ。細かなシリンダー。ThreeAの今までのフィギュアにはない、細かなパーツ。ちょっと扱いを丁寧にせねば。

 

f:id:smoglog:20120406074523j:plain

全面に比べ、背面はスカスカです。というのも、このロボットは、映画の中でロボットボクシングに使われるのです。確か、ボクシングって背面への攻撃は反則でしたよね?

 

f:id:smoglog:20120406074847j:plain

このおもちゃ、実は購入したとき、買ったのを激しく後悔したのです。

というのも、いつものThreeAのフィギュアと比べて作りが複雑な分、可動域が圧倒的に狭い! 特に、下半身は酷い。アシュレイ・ウッドさんのデザインするロボットのシンプルさ、半端無く決まるポージングの魅力を再確認。

そんなわけで、この商品は11月の頭に届いたのですが、ブログにレビューする気になれず、手放そうかどうしようか、とヤキモキしていました。でも、手放すにしては惜しい、この汚し塗装の魔力!!

f:id:smoglog:20120406075530j:plain

 

何度か遊んでいるうちに、硬すぎて動くとは気付かなかった部分などを見つけ、ブログに載せられるかな、という感触をつかめてきました。それでも、ほとんど仁王立ちしか出来ず、惜しい、本当に惜しい!

 

f:id:smoglog:20120406080131j:plain

問題は足首なのです。ほどんど並行にしか足先を向けられず、踏ん張るようなポーズができません。股関節も気持ち程度にしか上がりません。

膝関節は、カチカチとラチェットのように小気味良く可動しますが、90度までは程遠いです。

 

f:id:smoglog:20120406075125j:plain

上の写真が下半身の可動限界と思われます。

上半身については、下半身については幾ばくかマシですが、ボクシングっぽいファイティングポーズをとる事は難しいです。ガンプラの肘関節のような二重関節を仕込んでくれればとか思います。ガンプラは偉大だ・・・。

 

f:id:smoglog:20120406075338j:plain

作りに関して、良い所もあります。

僕が一番好きな部分は、この腕のシリンダーです。

f:id:smoglog:20120406075744j:plain

f:id:smoglog:20120406075731j:plain

・・・このように、拳をひねると、シリンダーがにゅるり、となめらかに稼働します。

 

f:id:smoglog:20120406075651j:plain

頭部の首のところの細かなシリンダーも動きますが、作りの複雑さ故に、首をかしげる、頷くことはできますが、横を向くことは不可能です。ちなみに、背骨のパーツは柔らかなゴム製? でした。

頭部には発光ギミックが仕込まれているのですが、それに使う電池が微妙に高くてまだ発光させていません(変なところで貧乏性・・・。腕時計用の電池で3つで1500円くらいするんだもの)。発光ギミックの仕組まれたThreeAのフィギュアを今後購入予定なので、同じ規格なら買おうかな・・・。

 

f:id:smoglog:20120406080157j:plain

アンブッシュは、一見マッシブなロボットなのですが、ペラペラな装甲版が見せているだけで、中身はスカスカなのです。ボクシング用のロボット故の作りなのでしょうが、それがおもしろい。

 

リアルスティールのロボットは、 ThreeAから4体発売予定のようです。

現在予約が開始されているミダス(イソップ童話のミダス王から来てるんじゃないかと思うのですが。身体が黄金だし、ロバの頭をしているし。そこからくると、なんでアンブッシュ=伏兵なんでしょうね?)。

イベントで未塗装のものが展示されていた、主人公ロボットのアトム。

最後の一体は、中国だったかのブロクでちらりと画像が見えてた、ノイジーボーイのようです。

日本では、ノイジーボーイの人気が高そうですが、まさかゼウスは発売されないとは。

僕は、メトロが好きでしたが。

個人的にリアルスティールは、アンブッシュでお腹一杯です。というか、アシュレイ・ウッドのデザインしたおもちゃ以外は3Aでは極力購入しないようにします。

・・・と言っても、マシーネン・クリーガーは買うつもりです。

ああ、ヘイローも予約済みだった。

 

もう、部屋に置き場所ないぞ・・・。