読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

サイクルモード2011に行ってきました(試乗編)

自転車

f:id:smoglog:20110908175151j:image

前回に続き、サイクルモード2011(会場;インテックス大阪)のレポートです。
今回は試乗編。
コレといって目当ての自転車があるわけでも無かったのですが、試乗もバッチリしてきました。
もしかしたら、モデル名など、間違っている可能性があります。
あと、今回は写真が無いです。
酷いレポートだ・・・。

さてさて。
試乗システムは、こんな感じ。
試乗は無料。
1.誓約書(ルールとマナーを守りますというやつ)を書いて提出する。
2. 腕に紙リボンを付けてもらう。試乗するときに提示を求められます。
3.目当てのブースで自転車と(持っていなければ、ヘルメットを)貸してもらう。
4.2分程度のコースを試乗し、一周したら返す。

人気のモデルは、整理券が配布され、待ち時間も結構あったみたいです。
僕は、空いてるヤツを試乗させてもらったので、小一時間で5台の自転車を乗り比べる事が出来ました。

実は、STIのようなブレーキと一体化したシフターは初めてだったので、最初は試乗をお願いするのもビクビクでした。

最初に試乗したのは、
ロードバイクのJAMISのゼニスコンプ。
試乗した自転車全てに言えたのですが、サドルが硬くておしりが痛い。インナーパンツは必ず買うぞ、と心に誓いました。
後でサイトを覗いたら、この自転車もカーボンフレームなんですね。
試乗コースは結構蛇行していて、ハンドルを切り過ぎると、つま先に前輪が当たってびっくりしました。
最初はおっかなびっくりでしたが、すぐに慣れました。
乗った感じ、自転車としては軽いけれど、ロードバイクとしては普通に感じました。

次に乗ったのが、折りたたみ自転車のプロンプトン。
6速のモデルでした。
この自転車は、せかせかペダルを漕ぐよりも、まったり走るのに丁度いいと思いました。

次に乗ったのが、また、折りたたみ自転車のBD−1。
これは、プロンプトンに比べて、前後のサスが付いている分、路面のギャップを拾わないし、スイスイ進むことができる感じがします。意外と速度が出そう。

次に乗ったのが、サーヴェロのRSと言うモデル。
このブースは、整理券を配るほど盛況でした。受付ですぐに乗れるヤツありますか、と聞いてみたのですが、正直ありませんね、と言われました。それでも、希望者の少ないモデルにしてもらいました。
試乗車の前には長蛇の列。
「RS希望のかたおられませんかー!?」
・・・誰も名乗りを上げません。
すぐに乗れました。
メーカー名すら、その日に知ったのですが、この自転車は本当に良かった。
すごく、乗り味がソフトに感じました。最初は、カーボンフレームだからか、と思っていたのですが、サイトで確認したところ、どうもそう言うモデルのようです。あと、この自転車のシフターはカンパニョーロのエルゴパワーが付いていたのですが、これも、よかった。シフト操作が僕には、楽に感じました。

最後に乗ったのは、MASIのミニベロです。
小回りが利くし、加速もいい。
スタイルも言うことなしです。
やっぱり小径車が好きだ。

以上の5台を乗り比べしました。
短いコースでしたが、坂も作られていたり、なかなか楽しめました。
あと、フルサスのMTBとか、リカンベントも乗ればよかったと、今更後悔。

正直、自転車を買ったはいいけれど、出荷まで3ヶ月ほど待っていて、果たして僕は自転車にハマれるのだろうか、と悩むこともあったのですが、試乗したことで、自転車って面白い! と強く感じました。

という訳で、今回はここまで。
次回は・・・、まだサイクルモードが続いて、イベント編と行くつもりです。