読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

チタンのボトルケージとiPhoneマウントが届きました。

自転車 レビュー

f:id:smoglog:20110930162206j:image

うまい具合に届きました。
いや、だからネタが無いわけじゃないです。

まず、チタンのボトルケージ。

前評判は悪いみたいですが、いいですね。チタンは永遠の輝き
とりあえず、使うつもりだったボブルのペットボトルをば・・・。

んー、はまりません。ま、これはもともと自転車用ではないので、他のボトルゲージでも無理でしょう。

500のペットボトルは大丈夫でした。
なにかボトル買おうかなあ。
自転車がないので、インプレションとしてはここまでです。

次にMINOURAのスマートフォンマウント。

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー ブラック iH-100-S

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー ブラック iH-100-S

f:id:smoglog:20110930162756j:image

内容物は、下から(写真の向きミスった)、六角レンチ、自転車取付金具(こっちをマウントというのかな?)、その金具とハンドルのスペーサーが2枚、スマートフォンマウント本体、スマートフォンとマウントのスペーサー。

とりあえず、iPhoneを取り付けます。
うしろにある、赤いつまみを引きます。
____ガチョン!

そして、iPhoneを収め、抑えを固定します。
ガチガチガチ・・・・

んー、実にプラッチッキーですね。
経年劣化が気になります。

ここで問題発生。
15ミリまでの厚み推奨とメーカーのお達しの通り、僕のiPhoneプラス予備バッテリケースでは、分厚すぎて、抑えの返しまで届かず、ホールドはされるものの、精神衛生上よろしくない、事実、完全なホールドとは思えない状態です。

うーん、と悩んだ挙句、マウント本体に付いている傷防止・ズレ止め用のシートの厚みが結構あるので、めりめり剥がすことにしました。

ケースをはめているので傷は別に問題ないし、走行中ずれるようなら、1ミリくらいの厚みのゴムシートでも何でも自分で貼りつけようと思います。

この試みは成功するのか。
仕事前につき、以降は次回!

いやー、良い感じでネタがもつなあ。