smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

DELTA VINYL / HANAKO MARKⅢ 2020[4期]

f:id:smoglog:20200123171007p:plain

うわぁぁ!! 当たったよ! 来ちゃったよ!!

デルタビニールさんのハナコ・マーク3の4期カラー「ハナコ・マーク3・2020」が、1月20日に抽選販売され、本日届いて喜びもひとしお、その勢いのままレビューしちゃうぜ!!

手間を考えれば、おそらく数もそれほど一度に作れないでしょう。こうして当選して手に入れられたことに、ただただ感謝。

 

うおおおお、ダンボール開封!!

 

うわあぁぁ! でかい!!

 

ヘッダー表ッ!  

 

ヘッダー裏ァ!!

 

顔がニヤけてしまう!!

 

新しいステッカーを見ていて、思ったんですが、ヒエログリフっぽいデザインを見て、デルタビニールさんのデルタってピラミッドを示唆しているのかな、って思いました。ソフビ界に記念碑的な作品を作り上げてやる! という気概が込められているんじゃないか……そんな風に思ってしまうくらい、凄まじいと実際手にとって思った作品です。

続きを読む

ソフビ雑記12 - ミニ、ミドル、スタンダード、ジャイアント……大きさの話

f:id:smoglog:20200117221650p:plain

ソフビそのものについて、僕の独断と偏見でアレコレ勝手に語る、ソフビ雑記のコーナーです。

今回のテーマは、ソフビの大きさについて語りたいと思います。

ソフビにはサイズのフォーマットが何となくあります。昔のソフビを基準としたサイズ感覚で、便利なので現代でもよく使います。

サイズを縛ることによって、異なるメーカー間であっても、コレクションに統一性が生まれるので、収集していて楽しいのです。

参照:真水稔生の『ソフビ大好き!』 第68回「心は “せいたかさん”」

参考にした俳優でレトロソフビのコレクターである真水稔生さんのサイト。恥ずかしながら、この記事を書くために調べて知ったんですけど、コレクションのジャンルは違えど、とても勉強になりました。文章もメチャクチャ上手くて、悔しい!!!

 

サイズフォーマットは大きく4つに分けられています。

ジャイアントサイズ……約30センチ前後
スタンダードサイズ……約20センチ前後
ミドルサイズ……約15センチ前後
ミニサイズ……約10センチ前後

各メーカーによって呼称が異なる場合があるようです。

だいたいのサイズ感とその魅力を画像と一緒に紹介します。

  •  大ボリューム! ジャイアントサイズ
  • 王道のスタンダードサイズ
  • バラエティ豊かなミドルサイズ
  • いつも手元にミニサイズ
  • サイズフォーマットの限界
続きを読む

LEOそふび坊や / ブレンギグロメニアン・サーペント[クリアオレンジ]

f:id:smoglog:20200108224634p:plain

令和2年の最初の玩具です。

12月に抽選販売されたLEOそふび坊やさんのブレンギグロメニアン・サーペントです。発表されたとき、偶像怪獣の幼生と勝手に解釈したので、プランクトンっぽいクリア成型が良いなァ~、とタイミングを見計らっていました。

全高約15センチ、4パーツ構成。

お値段も手頃で購入しやすいのも嬉しい。

続きを読む

RESTORE / スカルプターズ‐ジュンノスケ‐

f:id:smoglog:20191227211356p:plain令和元年、(たぶん)最後の玩具紹介です!

12月に抽選販売されたレストアさんの新作スカルプターズ‐ジュンノスケ‐です!

ビスマストライアングロス、アミコムシターゴ、パッカリーノと頭部をレジンで仕上げた少数制作品の一連の作品に続く、宇宙要素の強い設定を持っています。

その姿カタチは、紛うことなきレストアさんのソフビ処女作であるデブリスジャパンを彷彿とさせます。初期のネオジャパン以前の作品は未塗装版のデブリスジャパンしか持っていなくて、ワンフェスなどで「また出してくれませんかねぇ~」とお話したことあるのですが、そんな声が多かったんでしょうね、こんなカタチで今回応えてくれたわけですね!

全高約23センチ、本体可動部で10パーツ分割、マスク、勾玉ネックレス、ふんどし付き。さらにビデオゲームのディスク付き(詳細は別記事にて)。成型色はおそらく白色。

続きを読む

みたり / お祈り天使みたりちゃん[黄色成形]

f:id:smoglog:20191222033503p:plain

今週のお題「クリスマス」

気になっていたソフビをついにゲット。クリスマス時期にぴったりな作品です。

12月に先着販売され、ラインナップされたソフビが2分程度で完売していました。

 

ガーガメルの池田圭郁さん、グラフィックを手掛けるCHANMENさん、Terrible Whoreさんによるユニット「みたり」。他にも関係者の方がおられるので、3人が集まっているから「みたり」という訳ではなさそう。ひとり、ふたり、みたり……なのかなって思ってました。「見たり」という意味でしょうか?

続きを読む

ソフビ雑記10 - 玩具レビューする理由

f:id:smoglog:20191210205916p:plain

ソフビそのものについて、僕の独断と偏見でアレコレ勝手に語る、ソフビ雑記のコーナーです。

10回目は、どうしてブログでレビュー記事を書いてるの? というのをツラツラと書きたいと思います。

自分がやりたいから書いています。一応、ブログで広告収益も得ていますが、その何十倍もの投資をしていて、多分、お金儲けをするなら、ブログよりもYou Tubeを、玩具よりも別の題材を選んでいたと思います。自分は動画編集よりもブログのほうが簡単で楽しいと感じたし、興味の薄いものをテーマにしたくなかったので、こういうカタチになっています。

続きを読む

留之助商店 / ミスター・クレメント:ヴァルガー・ステイトメント[wgb version灰色]

f:id:smoglog:20191202220531p:plain

香港出身のアーティスト、ミスタークレメントさんの留之助商店プロデュースによる初のソフビ作品です。東京コミコン2019にて初売り、ついで音盤大學2019でも少数販売され、こちらで購入しました。

smoglog.hatenablog.com

a vulgar statement=品のない声明(拙訳……vulgarには下品、低俗、粗野な、卑猥な、などの意味がある)と題された作品です。

追記:留之助さんのサイトではお下品な声明と訳されていました。下品な声明とするか自分は悩んだんですけど、なんか批判的に聞こえるし、もう少しニュアンスが違うなぁと思って品のないにしたんですけど、お下品とは! ばっちりな感じ!

tenshu53.exblog.jp

バージョン名のwgbとは、今回発売された成型色ホワイト、グレー、ブラックの頭文字と思われます。

プロジェクト始動は、留之助商店さんのブログによりますと、2018年の6月とあります。

参照‐ミスター・クレメント初のソフビ計画、始動 : 下呂温泉 留之助商店 店主のブログ

ミスター・クレメントさんの普段の気性や、作風に見られない大胆なモチーフのスケッチが留之助商店店主の目に止まり、ソフビ化を打診され、作家自身による原型製作に着手。プロトタイプをミロクトイさんによる監修によって、スラッシュ成形ならではのノウハウがここで伝授され修正作業、そして完成となります。

全高約27センチ、4パーツ構成。成型色はグレー。シリアルナンバー入りで、50個とありますが、割り切れないので各色50個だと思われます。

続きを読む

ファンタスティックフェスティバルV3レポート!

音盤大學の次の日の日曜日は、前日より開催されていたファンタスティックフェスティバルを見学に、信楽へ向かいました。

滋賀県甲賀市の信楽にて開催されるファンタスティックフェスティバルと言う催しに参加させて頂きます。

陶器、表具、こどおじ部屋、邪神学園、イラスト、ソフビ、ありの信楽の?オタクが集う催し、、、 それがファンフェス!!!

イベント概要 『ファンタスティックフェスティバルV3』

2019.11.30~12.1 両日9:00 ~17:30  

庭園陶器窯元壷八窯

〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2

0748-82-0186 入場無料

引用‐ファンタスティックフェスティバル - 首領便り

三回目となるファンフェスには、秘密結社アトム.A.アマレスラーさんが参加しています。ソフビは事前抽選があり、当選者だけ購入できましたが、自分は残念ながらハズレ……しかし、なにかしらサプライズあるのでは……というスケベ心もあって……純粋にアトムさんとお話してみたい、作品を鑑賞したいという気持ちで、米原から車で向かいました。ちなみに、米原から信楽って同じ滋賀県内ですが、僕の自宅からだと休憩なしでも2時間以上かかります。アトムさんも言ってましたが、陸の孤島って本当なんです。

続きを読む

音盤大學2019‐純喫茶ミロク/ 12月1日まで! 大阪旅前編

去年も開催された、中古レコードと古本のイベント音盤大學に初日の11月30日に行ってきました!

場所は前回の心斎橋ビッグステップから移動して、粉浜商店街をジャック、スケールアップを果たしての開催です。昔ながらの商店街のロケーションは、下町情緒あふれています。

主催者の森本書店さんがソフビコレクターでもあるので、前回に続き、今回もミロクトイさんが出展していました。今回は委託出展ではなく、ご本人が出店参加されていて、さらに留之助商店さんも合同参加! 東京コミコンに行けなかったので、これは行かねば!

音盤大學2019は、明日まで開催中です。

続きを読む

テスラのCyberTruckの……はやくミニカー出して!

f:id:smoglog:20191128000834p:plain

※今回の記事は公式サイトの画像を引用しています

米国の電気自動車メーカー「テスラ」から、見た目もセンセーショナルながら、プレゼン中に防弾ガラスが割れちゃったハプニングにも話題沸騰のピックアップトラック「サイバートラック」が発表されました。

 

続きを読む

ミロクトイ / ミロク博士の奇妙な発明:チープトイカラー4弾Aセット

f:id:smoglog:20191121162547p:plain

ミロクSTOPモーション、めっちゃ良いなぁ……。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Mirocktoy(@mirocktoy)がシェアした投稿 -

なんて指を咥えています。このカラーリングには既視感あるなぁ、と思っていて、部屋を眺めていたら、これだ! と手に取りました。で、そう言えば、これ記事にしてないってことに気づきました。※ちゃんと見比べたら、カラースキームあんまり似てない……。

2014年8月に発売された、このチープトイカラーの4弾Aセットは、実は日本では未発売。確か海外通販用に販売されたものになります。なので、日本のコレクターでこれを持っているのはちょっとだけレアってことになりますね(ドヤり)。Bセットは日本でも発売されたので、当時公式にゲットしてレビューしています。

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

続きを読む