読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

コジカトイズ / 恐竜獣 スピノドン[第一期/大阪ドキドキソフビ万博版]

f:id:smoglog:20170517141030j:plain

大阪ドキドキソフビ万博で販売された恐竜獣シリーズ最新作、スピノドンです。

恐竜獣シリーズも、モノクロン、チラボ、ソプラノ、ネクロングと続き、今回で五弾目。大きさはシリーズ最大級となります(同じ成形材量でチラボの半分程度しか作れないそうです。ソフビなのにズッシリ来ますよ)。

今回のモチーフとなっている恐竜は、名前から察するにティラノサウルスを超える大型肉食恐竜「スピノサウルス」と思われます。現実のスピノサウルスは現在の研究では、巨大さゆえの自重を支えるために、水中で生活し4足歩行だったと仮定されていますが、恐竜獣たるスピノドンは、童心の抱く恐竜像そのもの、地上を二足歩行で俊敏に動き回るような印象です。

 

頭部/首/胴体/右腕/左腕/右足/左足で計7パーツ構成。

全高約27.5センチ。

成型色は少し紫の入った肌色という感じ。

 

続きを読む

稲坂浩臣造形工房-STUDIO24 / COMPLEX LAND:And1[無彩色(白)ソフビキット]

f:id:smoglog:20170517141001j:plain

ソフビメーカーやフィギュアメーカーで原型師として辣腕を振るう稲坂浩臣造形工房(STUDIO24 )さんから、オリジナルソフビシリーズ「COMPLEX LAND」が始動!

第一弾は、脅威の22パーツ構成からなる双頭のクリーチャー、And1です。

第一期の紫成型の組み立て済み無彩色に続き、今回は少しでも手に取りやすい価格帯にすべく、 無彩色組み立てソフビキットで販売されました。

紫無彩色の時も受注販売でしたが、今回も同じく受注販売。本当に欲しい人が必ず買える。インディーズソフビシーンでは、そんな当たり前が結構大変みたいなんです。実に男気溢れています。それだけ作品に自信がある、ということでしょうね。

 

ここまでパーツ数の多いソフビを組み立てたのは初めてで、なかなか骨が折れましたし、加工ミスも少なくありません(じっくり見るとね)。組み立て済みとキットで価格差が結構ありますが、それだけの作業手間はありますね。正直、僕はその賃金ではやりたくない(笑)。

 

全高19センチ。

 

続きを読む

Nolli Designs / The Pacer [US製ハイエンドハンドスピナー! ハンドスピナー比較レビュー]

f:id:smoglog:20170517140944j:plain

有名ユーチューバーさんらにも取り上げられて、日本でも話題沸騰のハンドスピナー。流行に釣られたのか、先んじてアップしていた(ココ重要w)僕のYouTube動画も1.5万再生を超えてびっくりしています。ここまで注目を浴びると、追加で購入して記事にしたい欲求がでてくるのがブロガー心理。

前回記事: 

smoglog.hatenablog.com

 

ハンドスピナーは一つで十分と思っていましたが、そんな流れでGWに東京へ行った際に秋葉原で中華製のトルクバーコピーを購入してしまいました。そのハンドスピナーは、確かに回るには回るのですが、手慰み玩具としては、触っていて心地よさをあまり感じませんし、見た目は所詮はバッタモンなので所有欲を満たしてはくれませんでした。

それが逆に物欲に火を付いてしまい、比較対象としてハイエンドハンドスピナーも欲しくなってきました。しかし、海外ではスピナーは日本以上に流行っていて、目星の付けていたものは完売、またはバックオーダーを抱えている状態。

 

そんな折に見つけたのが、こちらのNolli DesignsのThe Pacerです。

価格は80ドル〜と100ドル超が当たり前のUS製高価格帯スピナーとしては、比較的手の出しやすい価格帯かと……と言っても、送料と為替レートで日本円では諭吉さんが跳ぶので、まともな思考からすると、お前イカれてるぞ、って感じなんですけど。

Nolli Designsは、VAPE(電子タバコ=電池で電熱線を温め、香料を添付した植物性グリセリンを気化させて吸引する嗜好品)のパーツのひとつ、ドリップチップ等を製造販売するアメリカのメーカーです。フィジェットトイは、禁煙のイライラ解消の手慰みとしても活用されていて、ブームの火付けもここからだったので、販売元としては納得です。

購入は、海外通販となりますが、公式サイトとESTYが利用できます。

参照:The Pacer Fidget Spinner – Nolli DesignsThe Pacer Fidget Spinner - ESTY

僕は仙台市のVAPEショップ「HAIGHT」さんから購入しました。VAPEは成人用の嗜好品なので、未成年は購入不可となっています。海外通販と比べても、価格差は少しだったし、直ぐ欲しかったのでコチラで購入しました。

参照:Spinner / スピナー - HAIGHT

  

動画:


ハンドスピナー比較レビュー

 

続きを読む

第56回静岡ホビーショー・第28回モデラーズクラブ合同展レポ(3・終):南館・他

f:id:smoglog:20170510141207j:plain

写真は北館ですが、本日の記事は南館メインとなります。

静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同展のレポ最終回となります。

今回は前回よりも画像数が数倍多いので、覚悟してくださいw

 

過去記事はこちら

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

 

続きを読む

第56回静岡ホビーショー・第28回モデラーズクラブ合同展レポ(2):西館/企業ブース

f:id:smoglog:20170510141017j:plain

前回に続き、ホビーショーのレポートです。

今回は西館と企業の出展ブースをレポートします。

更新速度重視の、写真がメインの記事になります。

詳細kwsk、と言われても答えられないと思います……。

 

続きを読む

第56回静岡ホビーショー・第28回モデラーズクラブ合同展レポ(1):レギオン造形会

f:id:smoglog:20170510140924j:plain

5月13、14日、第56回静岡ホビーショー・第28回モデラーズクラブ合同展に参加してきました! 自分は14日のお昼からの参加で、あっと言う間でしたが、楽しかった〜!

レギオン造形会の皆様、見てくださった方、シェア・拡散に協力して下さったフォロワーさん方、ありがとうございました!

今回の西館は卓も増えて、お客さんも去年より多かったように思いました。

 

前回と同じく、ホビーショーとモデラーズクラブの簡単なレポートを致します。

今回は、前回の反省を活かして、全部の卓をきっちり画像におさめようとせず、時間も限られていたので、さらっと全体が回れました。

 

今回は、レギオン造形会の展示物を紹介したいと思います。

 

今回の参加メンバー:

yoshiさん:twitter/instagram/blog

リリーシアさん:twitter/instagram/blog/flickr

とっさんさん:twitter/instagram

mafuさん:twitter/instagram

しぐれぇさん:twitter/instagram

蛙石さん:instagram

smoglog(自分)

 

続きを読む

2Bworks(美藤圭) / 強がる動物シリーズ :あふろらいおん(小)

f:id:smoglog:20170510140843j:plain

 3月に名古屋で開催された「おもいおもい」展にて展示販売されていた「あふろらいおん」です。今から3年程前に、これより大きな「あふろらいおん」が彫刻されて、2016年に小さな作品が複数個彫られた模様です。イラストでも発表されているようです。

smoglog.hatenablog.com

 

このライオン、実はメスなんです。

作品の説明書きには、こうあります。

タテガミのないメスライオンは、若気の至りで被ったアフロを脱ぐタイミングを見失ったまま大人になった…。

ライオンのオスというのは、百獣の王ともいわれますが、縄張り争い以外では基本的にだらけているだけで、狩りや子育てなどはメス任せという生態です。このメスライオンは何を思ってアフロを被ったのか。家事や育児を放棄して、自由気ままに一人で生きる道を選んだのか。それが「強がる」という事なんでしょうか。「可愛い」だけでは終わらせない、フェミニズム(女性の社会・政治・法律上の権利拡張を主張する考え方。男女同権論。女権拡張論)を提起した作品となっていると思います。

 

全高約8.5センチ。

続きを読む

ktokto / 怪物シリーズ 5 [第2期/青成型]

f:id:smoglog:20170508212701j:plain

前回に引き続き、3月に通販された新作の怪物シリーズ5です。

今回もキャラ名が明言されているのを見ていないので、推測も含まれます。

わかったら訂正しますね。

左からゴブリン、霊幻道士、メデューサと思われます。

 

全高7センチ〜6.5センチの指人形です。

 

続きを読む

東京旅(2017.5/4-5)大まん祭[資料性博覧会10/さん家祭2017]&TOKYO BOOK PARK

f:id:smoglog:20170425115128j:plain

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

来週にはモデラーズクラブなのに、悠長に東京へ行ってきました。

GW中ということもあり、休みに余裕があったので、久々に名古屋から夜行バスで行きました。最初は夜行バス、ワクワクしていたんですけど、東京に到着するころには、窮屈で気分が悪くなってしまって「もう夜行バスはごめんだ」と思いました。GW中で値段もそこまで安く無かったですしね……。

 

今回の目的は、まんだらけが主催する「大まん祭」でした。全3日間の日程で、自分が参加したのは、初日以外の4日「資料性博物会10」、5日「さん家のシール祭り2017」です。

資料性博物会10は資料系同人誌と創作ソフビの展示即売会で、さん家のシール祭り2017はオリジナルシールの販売会イベントとなっています。それぞれ入場料は500円。

その後、下北沢で開催されていた古本市のTOKYO BOOK PARKにも行きました。なんで古本市に行ったかは記事中にわかります。

 

続きを読む

Hracka / ハクション大魔王 アクビちゃん[1期]WF2017W

f:id:smoglog:20170425115042j:plain

ワンフェス2017[夏]販売品その4。ワンフェス関連はラストです。

前回2016夏でデビューされた孤独2世に続く第二弾は、タツノコプロのTVアニメ「ハクション大魔王」よりアクビちゃん。

公式サイト:hracka

例によって原作アニメに関しては知識がほぼないです。ランプの魔神版ドラえもんと言う感じ(こっちが先か?)? たまに懐かしの昭和アニメ大集合的な特番で見たことがあるくらいで、アクビちゃんは、ハクション大魔王の妹だと思っていました。ウィキペディア読んだら娘でした。今で言うロリババア枠だったとは。

 

全高約16.5センチ(髪飾り含む)。成型色は下半身がピンクでそれ以外が肌色。

パーツは、頭部、髪、右手、左手、胴体、下半身の6パーツ。帽子の飾りやピアスなどは金属です。

 

続きを読む

RESTORE / ネオジャパン SFB [鬼葵]WF2017W

f:id:smoglog:20170425115035j:plain

ワンフェス2017冬の販売品その3。

衝撃のファイナルモアミートと同時に販売された、ネオジャパンの鬼ヘッドバーションです。1期の鬼桜が2015年のワンフェス冬でした。続く2期がメディコムトイで受注販売された鬼椿。この時、自分はメディコム断ちをしていたので、オーダーしませんでした。いつか手に出来る日を夢見て……しかし、それからなかなか出てこなくて、今回が3期目です。

確かマスク数が半端なくて、仕上げるのになかなか骨の折れるというのを、レストアさんの公式サイトで読んだのですが、実物目にして納得しました。見ればわかります。この素晴らしい仕事に思わず、目が熱くなりました。

正直なところ、ワンフェスの時は、レストアさんの新作の発表が楽しみにな反面、ゲンナリとした気持ちにもなります。そうです、転売目的のゲスな連中のせいで……あまりにもネットオークションに出品数が多いのです。中にはワンフェス開幕前に全ラインナップを出品する人もいます(なんなの? 入手確約されてるくらいお得意様なの???)。現地に行けないコレクターからすると、助けにはなってるんでしょうけど……。僕自身、友人に譲って貰って手にしている手前、同じ穴のムジナなのかも知れない。それでも、コレだけはいえます。

この仕事を見て、感動せずに脳裏で電卓叩くような人は、すごく勿体無いことしてる。どこか満たされないままの一生なんじゃないかな。まともな感性あれば、例えオモチャに興味なくたって、これは凄いって思うはずだもの。

 

成型色は黒と紫です。いいですか、黒と紫です!

パーツ分けは、頭部、胴体、右腕、左腕、腰、右足、左脚が紫成型で、胸のマーク、右手、左手が黒成形の計10パーツと思われます。

全高約21センチ。

 

続きを読む

縁起物百貨店 / KUTANI SEAL:KUTANI MANEKI KURONEKO WF2017W

f:id:smoglog:20170425115029g:plain

ワンフェス2017[冬]販売品その2。

ケンエレファントが展開する縁起物百貨店より、クタニシールとコラボして販売された九谷招き黒猫です。クタニシールは、上出瓷藝が展開する、九谷焼を「もっと皆さんの身近に」という思いから生まれた九谷焼の転写ブランドです。

公式サイト:KUTANI SEAL

九谷焼は本来、職人が筆で絵を描くものですが、クタニシールの場合、あらかじめ印刷された文様をシールのように器に貼付け、製品を量産し手頃な価格で提供できます。今回コラボして誕生した子猫と黒猫は、クタニシールの中でも人気の柄で、ソフトビニール人形と同じ型を使った陶器人形も同時展開しているみたいです(クタニシールさんに問い合わせしましたが、まもなくWeb通販します、との事でした。……が、それから数ヶ月……売り切れなのかしら)。

 

全高9センチ、頭部/胴体/尻尾/右手の計4パーツ。黒猫の成型色は黒色となっています。

 

続きを読む

CHIKA TOYS / ギアズ Rabbot [DIY]WF2017W

f:id:smoglog:20170425114958j:plain

本日よりワンフェス2017冬で販売されたオモチャのレビュー記事です。

えーっとワンフェスには行けませんでしたが、お取り寄せと友人に代理購入して頂いたものが、少し…いや……かなりあります。当日現地に行ったのにゲットできなかった方など、イラッとする方いるかもしれませんが……、入手方法を書かなきゃ良いんだけど……すみません。

 

今回のラボットは、通販で購入したもの。

DIYバージョンは予約しないと購入できないのです!

新シリーズ「ギアズ」第二弾のモチーフはうさぎです。

ロップ部隊の隊長である彼は、縄張りに入った敵を容赦なく排除する。
群れでの攻撃と、この世界では珍しい爆発系重火器を使用するため、
接近攻撃はほぼ不可能。
そのため、彼らのコロニー周辺には誰も近寄らないし、干渉もしなかった。

その事実を知らない奴以外は。

珍しくラボットの背中にくっついているロボ、キョロットが侵入者を発見。
運悪く縄張りに入っていた鉄狼だった。
久々の狩りにラボットは喜びを感じ、武器を取り言った。

元食料に狩られる気分を味あわせてやろう。元捕食者さんよぉ。

 

引用‐公式サイト

 

……という訳で、第一弾の鉄狼に絡ませてやると世界観が広がりますね。

全高約17センチ、可動箇所は43。レジン製です。

 

続きを読む