smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

Nintendo Labo Toy-Con 01: バラエティ キット-紙の神ゲー? 紙のゴミゲー?

f:id:smoglog:20180623122846j:plain

4月20日、任天堂switch用ソフト「ニンテンドーラボ・トイコン01・バラエティキット」が届きました。

Nintendoラボは、ダンボールで自分たちが作ったトイコンと、switch本体を組み合わせて遊ぶ、任天堂開発陣の頭の柔らかさが炸裂した野心作。

続きを読む

オキュラス サマーセール7月2日15:59迄! アプリ紹介、返金方法

f:id:smoglog:20180622222838j:plain

VRコンソールメーカー「オキュラス」が日本時間の7月2日15:59まで最大75%オフのサマーセールを開催しています。

オキュラスGOのアプリやゲームもこの際にいっぱい買いましょう!

自分が今まで買った中でオススメしたいアプリやゲームを紹介します。

 

ちなみに、本体のレビューはこちら↓

smoglog.hatenablog.com

 

続きを読む

書評 - GOROman著 ミライのつくり方2020-2045

f:id:smoglog:20180614183041j:plain

VR元年という言葉があった。

オキュラスの市販版リフトを皮切りに、続いてHTCがVIBE、マイクロソフトのホロレンズ(MR機器)、モバイル端末を使った簡易VR機器、プレイステーションVRと、これからこの分野は百科狂乱、ますます盛り上がるぞ……! という機運であった。

いち早く、このVRという分野の可能性に目を付け、本業を蹴ってアメリカのオキュラスに直接交渉、オキュラス・ジャパン設立の立役者となったGOROmanこと近藤義仁氏の著書である。

続きを読む

「サイバーパンク2077」が楽しみすぎてプレイするまで死ねない。

f:id:smoglog:20180613143259j:plain

この記事にはポーランドのゲーム開発会社CD PROJEKT RED(ウィッチャーシリーズなどで有名)開発によるサイバーパンク2077のプレスリリースや公式画像の引用がふくまれます。

世界最大のゲームの祭典「E3」。いくつか注目のタイトルがすでに発表されていますが、個人的に大興奮しているタイトルがサイバーパンク2077です。

こちらのタイトルは第一報から、すでに5年(2077日以上)が経過していて、僕もそんなタイトルあったな〜って感じだったのですが、あらためて詳細を見聞きして、これをプレイするまで死ねないぞ、となりました。別に死ぬ予定はないけどね。

続きを読む

FINAL FANTASY15 ROYAL EDITION- ”すべてはカネのために”企業の欺瞞と不義理がもたらした低評価

f:id:smoglog:20180608124112j:plain

今更ながら、ファイナルファンタジー15をプレイしています。

発売当初、荒れに荒れた不評価レビューを悪趣味にも僕は非常に楽しみ(この時にストーリーはあらかた知ってしまった。エンディングも見た)、ワゴンセール化とアップデート・完全版を待ってから購入しようと考えていました。

中古屋でROYAL EDITIONを見つけ、通常版と同じ価格なのを見て、購入したのですが……。

続きを読む

レイジングループswitch版 - 民間伝承×人狼ゲーム×ループモノテキストアドベンチャー!

f:id:smoglog:20180607214007j:plain”汝は人狼なりや(人狼ゲーム)”を題材にしたホラーサスペンスです。

すごく面白くて、三日間くらいで全クリ、追加コンテンツも読破しました。

テキストアドベンチャーゲームが好きで記事タイトルに上げた「民間伝承や伝奇モノ、民俗学」、「人狼ゲーム」、「ループもの(同じ日が延々と続いていく世界)」のいずれかの要素にびびっと来た人はとってもおすすめなタイトルです。

残酷描写が激しいですが、和らげるモードが搭載されています。……がエログロ含めて結構なレベルにあるので、あまり低年齢の人にはおすすめできません。

switch版の他にもスマホ版、PC版、他コンシューマ機版と揃っています。

基本ネタバレなしの感想です。

続きを読む

書評:手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ 藤田祥平著

f:id:smoglog:20180522143020j:plain

エッセイ「電遊奇譚」がとても良かったので、続けて初の小説を読了しました。

読んでいて、目頭が熱くなり、ページを繰る指が震えることがありましたが、自分は期待した程ではない、どちらかと言うと気に入らない小説でした。この小説の中に出てくる作家の作品の1/5も読めていませんし、読んだ作品についても作中の言葉を借りるなら「クソみたいな読み」しかできていない人間の評価ですが。

とある作家が、この著者の才能を「ガチャでいうならSRクラス」と評したそうなんですが、作家が言うのなら尚更褒め言葉に思えなかったので、ジュネレーションギャップもあるのかもしれませんね。

続きを読む

ゲームマーケット2018春(二日目)に初めて行って来た![GW旅2018シリーズその2]

f:id:smoglog:20180508152938j:plain

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

GW旅の4日間のうち、5日と6日は東京に居たのですが、6日目の予定がなかったので、どうしたものかな〜と思っていたところ、購読しているブログにて、こちらの素敵なイベントを知りました。

keibogame.hatenablog.com

ゲームマーケット、その存在をまったく知らなかったのですが、これ凄く良いですよ。

イベント概要は、メーカーや個人製作者によるアナログゲーム(ボードゲームやカードゲーム、テーブルトークRPGのシステムやシナリオなど)の展示即売会で、ビックサイトにて2日間の日程で春と秋に開催されています。

コミケとかワンフェスのアナログゲーム版ですね。

gamemarket.jp

続きを読む

オキュラスGO 所感‐お手軽にVR体験したいなら最適解かもよ!

f:id:smoglog:20180507221357j:plain

Oculusから販売された、安価なスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ「GO」32GBモデルが届きました。

ぽちったのが、発売日の5月2日12時くらい。出荷予定日が5月4日から11日で、到着が5日でした。旅から帰ってきた6日に受け取り。香港から送られて来たので、工場から直接発送されたのかも。昨日と今日、あわせても1時間くらいしか触ってないですが、ファーストインプレッションをば。

記事の要約

これは何だ?:PC不要ケーブルレス、スマートフォンを取り付けないスタンドアロンのVRヘッドマウントディスプレイ(バッテリ内蔵)。コントローラ付き。

価格:内蔵ストレージ32GBモデル23,800円、64GBモデル29,800円(送料込み)
こんなに安いと性能低いのでは?:流石にハイエンドなものに比べると、機能面で劣るが、結構良い! いや、かなり良い! 首を動かしてまわりは見渡せるよ(ヘッドトラッキングあり)。

Oculus RiftやVIVE、PSVRと比較して:設置が面倒くさい、ケーブルが邪魔だなぁって人はこっちが良いかも。

 

良いところ:お手軽にVR体験できる。価格が安価。装着感よし(メガネっ子でも!)。ケーブルレスで、とても楽ちん。スピーカーは臨場感あって、密閉感がない。なんと、ちゃんと動く!

悪いところ:バッテリーも持ちが悪い(半時間で半分くらいなくなる……、輝度落とせば少し伸びる)。いまのところ日本語が打ち込めない。日本語非対応アプリ多い。スクショが撮りにくい。すぐにレンズが曇る(くもり止め必須)。Facebook嫌い。

どんな人にオススメ?:とにかく手っ取り早くVRを体験したい人。

こんな人にはオススメしない:既にハイエンドなVR機器を所持し、満足している人。VR空間を自分の足で動きたい人(ポジショントラッキング無し)。Facebookと聞くだけで悪寒が走り、ゲロが止まらない人。

 

以下、開封から詳しい感想を。

続きを読む

GW一日目終了- ぼくのおうごんしゅうかんけいかく

f:id:smoglog:20180428221022j:plain

皆さんは、夏休みの宿題などを計画的に終わらせるタイプでしょうか……なんて言うと、お前は最後の一週間に泣きべそかいて終わらせるタイプか……と思うかも知れませんね。僕は終わらせない人間でした。でもナントカなっちゃったんだよなー、そりゃ甘い考えの人間になっちゃうよ。

そんな僕のゴールデンウィーク。今回は珍しく会社から9日間も与えられました(ワォ!)

続きを読む

藤田祥平 / 電遊奇譚 - ゲームエッセイの書評

f:id:smoglog:20180426215043j:plain

僕がこの本を手にした縁は、はてなブログによるところが大きい。

3年前に書いた記事にスターをもらったブログの中の人が、本としてまとめられる前に掲載されていたIGNジャパンの編集者・ライターであった。その連載そのものにGOサインを出したのも彼だったらしい。

smoglog.hatenablog.com

 

IGNジャパンに掲載されていた「電遊奇譚」を僕は目を通していない。件のブログの主が、IGNジャパンの中の人であると僕は随分長い間気づいていなかった。

ブログとIGNジャパンが繋がりRSSフィードで読む頃には、連載は終わっていたようだ。その頃には、ポッドキャストの「しゃべりすぎGAMER」の配信が楽しみになる程だったので、本の発売を知り購入した次第だ。

参照‐Dance to Death:死に舞 on the Line、Search 電遊奇譚 | IGN Japan、 

 

続きを読む

cheero / BBmini 軽量小型、2台でステレオ! Bluetoothスピーカー

f:id:smoglog:20180418142810j:plain

クラウドファンディングサイトのCAMPFIREで先行販売されたモバイルBluetoothスピーカー「BBmini」です。

モバイルバッテリで有名な「cheero(チーロ)」と音響機器メーカーの「Timedomain(タイムドメイン)」が共同で開発。タイムドメインは、無指向性のスピーカーを作るメーカーです。昔テレビ番組で見た事があるのですが、ミドルクラスでハイエンド並の音質ということで、小さなメーカーながら音響マニアに評価されるメーカーらしいです。うろ覚えですが、そのテレビ番組では「昔Appleから一緒に仕事しない? って誘われたけど、英語わかんないからいいや、って断っちゃった(笑)」みたいな事を言っていました。

チーロとタイムドメイン、どちらも大阪のメーカーってことで、BBminiの形状を見たとき、もしや! と思いました。タイムドメインと共同開発というのが、投資の一番のモチベーションでした。

camp-fire.jp

続きを読む

Starman: Tale of Light - モノクロームな世界、静寂と光のアクションパズルゲーム

f:id:smoglog:20180411145502j:plain

雰囲気ゲー好きです! 

インディーズゲームやiOSには尖ったビジュアルや演出のゲームが沢山あって嬉しい限り。

このゲームは建築家としても活躍している兄弟が開発したゲームです。

クォータービューのモノトーンのビジュアル。ハプテック振動を使い、手触りにも拘っています。ストーリーは多くを語らず、プレイヤーに委ねるスタイルとなっています。

続きを読む