smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

これまで出資したクラウドファンディング規格10個まとめ - 迷いと決断

f:id:smoglog:20190524143735p:plain

ブログを始めてから、いくつかクラウドファンディングに出資しました。数えてみたら10個のクラウドファンディング由来のアイテムがあったので、まとめ記事にして、これからクラウドファンディングに出資してみたい人に、どういう感じなのか、こんな企画者は気をつけようなど、こういう心持ちになるとストレス貯めずに済むなど記します。

検索に移動

 

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

引用-クラウドファンディング - Wikipedia

  •  残念な気持ちにならないためのクラウドファンディング心構え
  • クラウドファンディング製品紹介
    • 海外クラウドファンディングへの壁がなくなった-バッカニア3Dプリンタ
    • SITPACK-アイディアは優れていたが、実際は……残念すぎる代行業者
    • epoquesewnコインケース- 軽い気持ちで出資、結果として良かった!
    • 1000toys(千値練)/ 出雲重機:Probe 20WT[1/12スケール]-次は……
    • MANGATRIX / 上山徹郎: LAMPO プレミアム版-絶版図書の限定復刻
    •  Hera Publishing / 出雲重機 INDUSTRIAL DIVINITIES 2017
    •  cheero / BBmini -セット価格に釣られるが、二個はいらない……
    • The NUÁ(ヌーア) -あんまり使えてません。
    • 植田明志作品集 - 風の跡 MARK OF WIND[sipka刊]
    •  The Van Keyboards / 自作メカニカルキーボード「KUMO」遂に海外クラウドファンディングサイトキックスターターで!!
  • 記事まとめ
続きを読む

新型携帯ゲーム機playdateが欲しい! -ポップでキュートな現代のゲーム&ウォッチ

f:id:smoglog:20190523214648p:plain

※この記事には、playdate公式サイトの画像引用、メディアキット画像が使用されています。

本日突如として発表された新型携帯ゲーム機のプレイデート(遊びの約束という意味)に心ときめいています。

こちらのゲーム機は、アップル製品のソフトウェア開発会社としては老舗中の老舗であるPanicから発売されます。Panicといえば、ゲームよりもツール系のソフトウェアを開発する会社でしたが、近年はFireWatchの発売元として(開発はカンポスタジオ……最近マイクロソフトに買収されましたね)、ゲーム業界に進出しています。FireWatchは、非常に評価も高く、売れ行きも良好でしたが、まさか携帯ゲーム機を開発中だったとは驚きです! 従業員が25名という会社にとって、とてつもない冒険だということが予想できます。

playdateは、2019年中にプレオーダーを募り、2020年前半に出荷予定となっています。

価格は149ドル(現在のレートで約16400円)で、本体の他に12本のゲームと充電用のUSB-Cケーブルが付属。

初回出荷には数に限りがあるため、メーリングリスト順の案内となるそうなので、発売すぐにゲットしたい場合は、公式サイトでメール登録をしましょう。

Panicには日本法人があるので、日本語サイトがあります!

play.date

以下、製品のデザイン、気になるスペックなどを見ていきましょう。

  •  デザインについて
  • ボディ各部の詳細(推測)
  • ディスプレイについて
  • クランクについて
  • ゲーム配信について
  •  おすすめ記事
続きを読む

天下一キーボードわいわい会vol.2詳細レポート - プレイバックGW2019

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

楽しかったゴールデンウィークも終わってしまいました。

さて、GW中も旅先でブログ更新していましたが、記事が途中で消えてしまったり、画像のアップが厳しかったりで、やはりスマートフォンでの更新は難しかったです。かなり中途半端なレポートになってしまった自作キーボードの展示即売イベント天下一キーボードわいわい会の第二回目の詳細レポートをリライトして記事にします。

smoglog.hatenablog.com

ちなみにこの記事は、自作キーボードを知って、キックスターターでバックして手に入れたthevankeyboardのKUMOで書いています。

続きを読む

GW2019六日目:天下一キーボードわいわい会vol.2、ゆきだるまのジンギスカン


f:id:smoglog:20190504220635j:image
ゴールデンウィーク六日目の記事です。

今日は、奇跡的にキャンセル枠をゲットできて、侵入できた自作キーボードの展示即売会「天下一キーボードわいわい会vol.2」の簡単なレポを。

旅先からの更新なので、簡単な記事にしています。写真も沢山撮ったので、また改めて詳しい記事にします。

続きを読む

GW2019四日目:北斎展、ハングリータイガーからフライングタイガー、記事消えた〇〇ック!!


f:id:smoglog:20190502205303j:image
ゴールデンウィーク四日目の記事です。

なんだカンダで一人ぼっちの東京旅を満喫しております。3日間ほとんど寝てなかったので、今日はガッツリ寝ました。コーヒーを2回連続でこぼしてしまい、もうだめだ。

続きを読む

GW2019二日目:クリムト展と平成最後の日


f:id:smoglog:20190430215812j:image

ゴールデンウィーク二日目の記事です。

家の用事を終わらせた……というか、素人にはできないと判断して、新幹線で東京へ向かいました。

本日は平成最後の日です。新幹線も現地もそれほど混雑しておりませんでした。

続きを読む

2019年GWマスタープラン:一日目-計画・準備編

f:id:smoglog:20190429181037p:plain

いよいよ始まりました! ゴォォオオオールデンウィークが!

イベント目白押し。実家の所用が終われば(ほぼ終わってる)、僕は関東へ旅立ちます。5月5日まで旅先で過ごそうかと思っています。

去年も計画書を立てましたが、ほとんどしっかりタスクをこなせませんでした。

smoglog.hatenablog.com

読み返してみたら、この日も同じ店でお寿司を友人と食べていました。偶然だけど。

  • 荷物の 準備
  • 行きたいイベント・お店リスト
    • ガジェット関連
    • 美術・デザイン・建築関連
    • 玩具関連
続きを読む

今年出るかも? 注目のVRヘッドセット5選 - Oculus RiftS・Quest/VIVE Cosmos/Valve Index/HP Reverb

f:id:smoglog:20190409225611p:plain

※この記事は、各公式サイトの画像の引用をしています。

※VIVE Cosmosは発売時期が確定していないようなので、記事タイトルを直しました。

Oculusの初代Rift、HTCの初代VIVE、PSVRの登場によってVRヘッドセットは一般的に認知されるに至りました。昨年販売された、スタンドアロンで動くOculusGoは手軽で安価で、より多くの人にVRを体験できる環境を構築しました。

 

smoglog.hatenablog.com

それから一年、事前に告知されていたOculusGoの後継機・発展機であるOculusQuestが春には発売されます。それと同時にOculus Riftのマイナーアップデート版も発表されました。手軽なスタンドアロン版とパワフルなPC接続型のVRヘッドセット、どちらも価格が熟れていて、実に悩ましいです。

さらに、Oculus以外にも各社大変魅力的なVRヘッドセットを今年発売予定です。実に悩ましいです(二回目)。

注目のVRヘッドセットを比較してみようと思います。

  •  まずはプラットフォームを選択する
    • 各プラットフォームの個人的な印象
  • Oculus陣営
    • OculusQuest
    • Oculus RiftS
  • SteamVR陣営
    • HTC COSMOS
    • Valve Index
  • Microsoft Mixed Reality陣営
    • HP Reverb
  • さて、結局何を買おう?
続きを読む

Ryzen5 2600Xで自作PCを組む5.総評、パーツ評価、失敗したところ

f:id:smoglog:20190406162951p:plain

十年以上愛用していたMacでしたが、自分の使用用途には合わなくなってきたため、WindowsPCにスイッチ、初の自作パソコンをパーツ選びから組み立てまでやりました。

PCそのものは1月に組み上がったものの、キックスターターでバックしたキーボードがつい先日まで届かず、ようやく完成となりましたので、総評を記事にしたいとおもいます。

初めて組み立てた自作PCで、あとから考えるとこうしておけば……と思うところもありますが、自作PCなので徐々に良くしていこうと思います。これから自作パソコンを作る人の参考になれば幸いです。

評価は☆で5段階評価したいと思います。

  •  PCスペック
  • 自作パソコン組み立てて良かったか:評価☆5
  • パーツ選びについて:総合評価☆4
    • CPU:Ryzen5 2600x(付属クーラー使用):評価☆5
    • マザボ:GIGABYTE X470 AORUS ULTRA GAMING ATX:評価☆4
    • メモリ:CORSAIR DDR4-3200MHz VENGEANCE RGB PRO 16GB:評価☆3
    • グラボ:MSI Radeon RX Vega 56 Air Boost 8G OC(中古) :評価☆3
    • 電源:オウルテックSeasonic FOCUS+ 750W :評価☆5
    • ケース:Fractal Design Define C :評価☆5 
  •  周辺機器の評価
    • モニタ:I-O DATA  GigaCrysta 23.8Inch WQHD :評価☆3
    • マウス(トラックボール):エレコム DEFT M-DT1URBK:評価☆5
    • キーボード:The Van Keyboards KUMO:評価☆5
    • ゲームパッド:Steamコントローラ:評価☆5
    • 今後のアップデート
  • Ryzen5 2600Xで自作PCを組むバックナンバー
続きを読む

The Van Keyboards / 自作キーボード「KUMO」ファームウェア書込編-あわや文鎮化!?

長い(といっても2時間くらい)戦いでした。

 

先日キックスターターでバックしていた自作キーボード「KUMO」が届きました。

smoglog.hatenablog.com

 

四列45キーしかない超ミニマルキーボードです。

ファンクションキーや数字・記号など、足らないキーはレイヤを駆使します。

一応、出荷時にデフォルトのキーマッピングがされているんですが、日本語キーボードとして使うには、ちょっと使いにくいのです。

例えば、長音「ー」がベースレイヤーにない。他個人的に使いにくい部分がいろいろあったので、カスタマイズは必須でした。

しかし、ガジェットは好きだけど知識もスキルもない、コードなんてhtmlと関連する言語をひと齧り……いや、ひと甘噛した程度。かなりの困難が待っていました。

でも今、僕は慣れないキーボードでこの記事をたたくことができています。

続きを読む

The Van Keyboards / 自作メカニカルキーボード「KUMO」組立- Ryzen5 2600Xで自作PCを組む番外編

キックスターターでバックしていた自作キーボードがついに到着しました。

予定では1月に到着予定でしたが、プラスチックケースの製造に問題があり、2ヶ月ほど遅れました。クラウドファンディングでは誤差の範囲内でしょう。

これで初の自作ゲーミングPCは完成となりました。

今、この記事はKUMOで書いています……と言いたいところですが、(製品そのものは問題なかったのですが)後に書きますが、このキーボードはかなり特殊なんです。キー配置を自由自在にカスタマイズできるのですが、日本語環境は配置をこちらで設定しないとまともに打てません。最初の数行は書いたのですが、ー(長音)が打てない……! キーボードって打てないんですよ(汗)。エンターキーがスペースバーの左にあります。慣れればホームポジションのまま親指で改行できます。絶対こっちのほうが楽! 

そんなわけで、今日はMacBook Proのキーボードで記事を書いています。

続きを読む

Googleのゲームストリーミングサービス「stadia」のすごさ

f:id:smoglog:20190320155808j:plain

グーグルが新しいゲームプラットホームを発表しました。

これ、ゲキヤバです。歴史の転換期に僕はいます。興奮が止まりません。

まだ詳細や料金方式が不明ですが、場合によちゃあ、ゲーム以外の全部がstadia以前以後で語られる未来もありえます。

  •  最高スペックをもとめてゲーム機やパーツを買い換える時代が終わるかも
  • ゲームがエンターテイメントの王様になるかも
  • ゲーム以外にも使われるかも
続きを読む

GARMIN / INSTINCT - ミリスペックで機能充実、デザイン・コスパ良し。こやつ、かなり良い。

GPS機器で有名なガーミン社のGPSスマートウォッチ「インスティンクト」を紹介します。正確に言うと、外観レビューだけです。レビュー品は弟による貸出になります。……が、この製品、メチャクチャ良さそうですよ。アマゾンレビューでもレビュー総数65件で4.5をマークしています(5つ星評価70%)。一つ星評価してる人も液晶が汚いからって理由だけですし(自分は汚いとは思わなかった)。

 

実際使ってないので、機能については箇条書きで要点だけ。

  • すごく正確なGPS(ナビゲーション機能あり)
  • 高度・気圧・方位センサー(トラックバック機能あり……来た道を正確にトレースして、スタート地点に戻れる)
  • 心拍数、ストレス、アクティビティトラッキング機能。
  • ライフログ(睡眠計測、消費カロリー)機能
  • スマートフォン提携で通知機能(独自アプリにより、iOS・Android両対応)
  • アメリカ国防総省ミリタリースペック(耐衝撃・防水・耐熱)
  • 長時間バッテリー(GPSオフで最大14日間
  • 値段は実売3万円前後(アウトドアウォッチであり、スマートウォッチの基本的な機能を網羅していて、この価格はかなりインパクトある!)
続きを読む

プレイステーションVITAが出荷完了 - 携帯ゲーム機の今後について

f:id:smoglog:20190302201858p:plain

携帯ゲーム機の何が好きって、一つで完結する一体感がガジェッター心をくすぐりますよねぇ。

残念なことに、本日をもってプレイステーション・ヴィータの出荷が完了してしまいました。継続機の予定もなく、プレイステーション・ポータブルから続いたソニー・インタラクティブエンタテインメントのモバイルゲーム機の歴史は14年目にして終了となります。うーん、残念。

www.inside-games.jp

続きを読む