読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smogbom

蒐集/レビュー/散財。アートトイ,ThreeA,ソフビ,民藝。ウルトラライトハイキング。Giant MR4r。Apple,Mac,iPhone。

海外で流行ってるらしい、フィジェットトイ! ハンドスピナー! Zen Dial :TRIVIUM tri-spinner

f:id:smoglog:20170115095817j:plain

finger + Gadget = Fidget
フィジェットトイと言われる、手持ち無沙汰解消のための単純な玩具が海外で流行っているそうです。

ムゲンプチプチや、ペン回しなどもフィジェットトイに含まれると思います。

ムゲンプチプチ ホワイト

ムゲンプチプチ ホワイト

 

 

記事で紹介するのは、ハンドスピナーとかフィンガースピナーと言われるものです。
アメリカやヨーロッパ製で金属製のものは$100〜と高価ですが、今回入手したものは香港のZENDIAL社製のもので、欧米製の約1/3の価格で購入しました。
購入はESTYという海外版ミンネからです。ちょっとトラッキング情報がもらえなくて、到着まで3週間近く、届くかハラハラしました。

 

記事を書いているときで、ESTYでは在庫がありません。

入荷については、Face bookから告知されるようです。

 

動画作りました


Fidget Toy -ハンドスピナー

 

続きを読む

T9G xINSTINCTOY / RE-RET 1st color[LEOPARD]

f:id:smoglog:20170115095737j:plain

またまた久々の休日で、届いたオモチャを弄って、ブログ更新しております。

それと本日の大事なミッションがもう一つ。任天堂の新ハードSwitchのネット予約を21日失敗したので、本日オープンの公式オンラインストアで予約しようとしているのですが、朝からアクセスが集中してしまって、未だに予約できていません。潤沢に用意されていると嬉しいのですが……転売屋爆死希望。

 

今回は、T9Gさんの歴代キャラクターをコラージュしたリレット第1期のレビューです。

このリレットというキャラクターは、2012年のT9Gさんの個展にてメイングラフィック用のポスターに登場するCGイラスト(元の3DCGはmographixxさん製作)で登場しました。

ファンから立体化の熱望があったものの、ソフビ製造においてトラディショナルなスタイルに特化している日本では、ヒョウ柄の塗装やフロッキーなどの部分で製作が難しかったため、お蔵入り状態でした。

この難しい作品を、今回インスティンクトイさんが製造。

 

インスティンクトイさんといえば、ご自身も玩具のデザインを手がけられ、クオリティは折り紙つきですが、過去のBanaNa ViruSさんのロイックや、トイホリックデザインさんのハーファス、近年においては、画家ナガモトマイさんのイノセント(未発売)、ジェームス・グローマンさんのキングコープスなどのディレクション(制作指揮・監修)方面でも高く評価されています。

今回のリレットにおいても、30枚にも及ぶ塗装マスクを作り直すなど、大鉈を振るわれた模様です。ソフビ化する際の変形を考えて、原型を微妙に調整されいて、長く玩具製作に携われてきた経験が活きているなぁと思いました。

インスティンクトイさんご本人が、T9Gさんのファンということで、相性もバッチリだったのではないでしょうか。

参照:Blog@INSTINCTOY│ INS専務の玩具通情報ブログ【抽選販売】RE-RET 1st color『LEOPARD』をご紹介【締切11/27迄】

 

今回はインスティンクトイさん初? のチェイスカラー仕様でした。

僕のは通常カラーですが、レアカラーが2種類ランダムで1/5の確率で混入しています。

プロモーションムービーを見て発案したという楽しい仕様となっています。


T9G × INSTINCTOY × mographixx『RE-RET』PROMOTION MOVIE

 

続きを読む

3AA メンバーシップ販売中!

f:id:smoglog:20170115095727j:plain

 

threeA Toysの会員権「3AA」が本日1月15日限定で販売中です。

参照:3AA17 DEATH BUDDY SET

購入マニュアル:Bambalandでの購入フロー — World Of 3A

 

特典は一年間公式サイトバンバランドで販売されるアイテムが15%OFF! 会員限定トイが付属! あとなんかあったかな……?

スリーエーは香港のオモチャ会社で、納期などはアバウトだし、しょうもないミスも多いです(今回のメンバーシップ販売も15日を5日と間違ってメールを一斉配信している)。でも、日本では購入出来ない面白いアイテムが出てきます。

 

今年の特典トイは、

1/6スケール モバイルタンクスクウェア・アッティラ  

・ロスチャイルド・テスト・サブジェクト02 x 1pc  

・ロスチャイルド・テスト・サブジェクト03 x 1pc  

・アンオフィシャル・ヒストリー・オブ・ザ・スクウェア・ブックレット x 1

・3AAメンバーシップ・カード x 1

 

という内容です。

ロスチャイルド・テスト・サブジェクトは、四足スクウェアの頭部に無限軌道(キャタピラ的な)が付いたもので、これのカラーウェイ違いで計2個となります。

正直、雑な印象のセットではあります。1個じゃ貧弱すぎだから2個にしました感バリバリあります。2016年特典のヴォン・デ・プリュームよりも弱いですよね、正直な話。

02、03とあるので、おそらく後に01が販売されるものと思われます。個人的な意見ですが、これだったら、スクウェア1個に武器や小物・衣装の拡張パーツなどの方が、コアなファンにも喜ばれたのではないでしょうか……ってこんな記事書いていて、いつのまにかdisってる……。

 

一年間15%OFFになると言っても、自分の場合は年間の購入点数が少ないため、会員費がペイできるかできないかと言う程度なので、特典アイテムが欲しくなかったら、購入しなくてもいいかな、と思っています。

なので、購入しなくても良かったのですが、今回のセット内容からして、会員離れは多そうなので、応援のつもりもあって会員権を更新しました(今回の記事も応援のつもり。ブログのネタがあまりないというのもありますけど)。

デコマスの塗装はなかなないい感じなので、そこは少し期待です。

 

あ~、そう言えば、今回も更新の特典はありませんでしたね。

2015年3AAの誤配信のミスであきらかですが、そういう細やかな管理が出来ないのでしょうね、現状……またdisってしまった。

3Aは僕にとって、この趣味に目覚めさせた感慨深いメーカーです。

願わくば、素晴らしい製品とサービスでますます発展することを願っています。

 

会員権の購入は、本日15日のみです!

 

◯関連記事

 

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

smoglog.hatenablog.com

 

 

 

僕のNintendo switchの購入構成について

f:id:smoglog:20161229234051j:plain

いやー、今月に入ってやっとまともにお休みが貰えました。今のうちにブログのネタ仕込みしておきたいところです。

 

今日は、任天堂の新ハードNX改めswitchについて。

1月13日のプレゼンテーションにおいて価格や仕様、ローンチタイトルなどが明らかになりました。買うのは決まってるので、どんな構成で購入するか妄想したいと思います。

*写真は任天堂公式サイトよりキャプチャしてあります。

 

ちなみに、予約開始は1月21日、発売は3月3日で価格が税抜き29980円でした。自分の予想は25000円でしたが、うーん、まあ……買うけどさ。

本体液晶の静電容量方式タッチパネルと、コントローラーのモーションコントロール、HD振動、モーションIRカメラなど、今回明らかになった機能もありましたね。

プレゼンテーション動画はこちら。


Nintendo Switch プレゼンテーション 2017

新しい社長は、あまりプレゼン向きって感じではないですね・汗。

 

続きを読む

CHIKA TOYS / ギアズ 鉄狼&メメ [DIY]

f:id:smoglog:20161229234045j:plain

仕事のシフト体制が順不同に変わってしまって、なかなか時間がとれずに更新が滞っています……。

 

さて、今回はチカトイズさんから新ライン始動! ギアズ(GEARZOO)第一弾、鉄狼とメメです。今回もDIYバージョンです。

ギアズの世界観は、タイトルのGEAR(機械の滑車)+ZOO(動物園)のそのままに、サイボーグ化した動物達が活躍するストーリーの模様です。アポカリプス後の地球の姿なのか、それともパラレルワールドなのか、はっきりしませんが、舞台となるジャングルも現代文明と自然が一緒になっている模様です。

参照:ニューラインその名はギアズ-GEARZOO- - CHIKA TOYS

 

鉄狼はレジン製、約19センチ、可動箇所は41。付属のメメは同じくレジン製、可動箇所なしの1パーツです。

 

続きを読む

Unbox Industries / Florian Bertmer ハンド・オブ・グローリー[メディコムトイ限定青蓄光版]

f:id:smoglog:20161229234033j:plain

香港のアンボックス・インダストリーズよりハードコアパンク、グラインドコア、メタルシーンで活躍するドイツ人イラストレーター、フローリアン・ベルトメルさんの「there is a light that never goes out(画像)」をソフビ化した作品です。

青蓄光版は、メディコムトイにより受注販売されました。

イラストレーター本人の手を型取りし、イコンや傷痕、指先にはロウソクのようなディテールを加えた原型を、アンボックスのデジタル造形チームが完璧に複製したそうです。

参照:ハンド・オブ・グローリーのメーカー限定カラー、発売 : 下呂温泉 留之助商店 店主のブログ

 

全高約25.5センチ(実測)、1パーツ構成となっています。

 

続きを読む

ローグ・ワン スターウォーズストーリーの感想(後半ネタバレ)

https://www.instagram.com/p/BOmkxkjgkOk/

新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします。

去年に続きまして、今年一発目の記事はスターウォーズの映画レビューです。いや~こんな偶然あるんですねぇ(棒読み)。

smoglog.hatenablog.com

 

ジョージ・ルーカス監督の中二病ドリームノートを元に映画化した(”ルーク”ってルーカスの学生時代のあだ名らしいです)スターウォーズ。エピソード1〜6をルーカス自らメガホンを取って完結とし、その後ディズニーが権利を勝ち取り、JJエイブラムス監督によって続編のエピソード7が公開されました。

その時に、スピンオフ映画であるローグワンの予告が流れましたが、それを見て自分はあからさまなビジネスに走った、と思いました。あんまり期待してなかったんです。僕はスゴく楽しめたエピソード7と監督も違うし。

 

ところが、劇場で見終わってスゴく良いと思いました!

前半ちょっと退屈でしたが、後半からはノンストップでした。

 

エピソード4(旧三部作)において、帝国の星をも破壊する最終兵器「デススター」の弱点(設計図)を、反乱軍が如何にして手に入れたのか。

デススターの設計図の入手には、ローグワンという反乱軍の秘密部隊が役目を果たしたということはエピソード4がある以上、ネタバレでもなんでもなく、映画のあらすじとして明らかになっています。これは歴史として決定事項なんです。

しかし、その当事者たちは、どのような動機で集り、どのような経緯でローグワン小隊が結成されたのか。ミッションをやり遂げ、その後の彼等はどうなったのか。歴史とは都合の悪い部分が精査されたもの、そこから溢れた真実を目撃できます。

 

エピソード4において「フォースのお導き(ご都合主義)」の最たる部分が、この映画によって明らかとなり、エピソード4〜6の面白さ・深みを何倍にもします。

 

以下ネタバレありで感想書きます。

  

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

 

 

 

続きを読む

threeA / WWR アルベルトmk.1[ROHO #45]

f:id:smoglog:20161229234005j:plain

今年最後のポストになります。

本年もブログにお付き合い頂き、ありがとうございます!

来年も変わらずブログを続けていく所存ですが、諸事情あってイベントなどの参加は、しばらく控えることが多いと思います。また、手に入れたオモチャは全て開封・展示するポリシーのため、もう既に自宅のキャパシティは限界間近。そのため、今後入手するアイテム数も厳選し、比例してブログ記事アップも少なくなりそうな予感がします。また状況が変わるかもしれませんので、なんとも言えませんが、ブログ更新頻度は少なくなっても、変わらず読んでいただけると嬉しく思います。

 

さて、今年最後に紹介するのは、スリーエートイズのワールド・ウォー・ロボットより(第三章のSOFT表記はありませんでした……このいい加減さも、3Aらしいと言えばらしいですね・汗)、アルベルト・マーク1、カラーウェイ名、ROHOです。

実はこのカラーウェイは、なんと限定50個! モノによっては四桁までシリアルが振られるスリーエーのオモチャで、全世界を探してもたったの50個しかありません。突然、公式オンラインストアにドロップされました。販売はツイッター上で知ったのですが、一度は英語表記のため、販売予告なのかな? と見逃した上にリツイートまでしました。その後、フォロワーさんが「買えた!」とツイートしてるのを見て、「買えるんかい?!」と慌ててカートに入れた次第です。

極力、色違い・サイズ違いで購入したくないので、1/6のバーティーmk.2ではなく、アルベルトがゲット出来て嬉しい。また、サプライズドロップをリアルタイムで購入できたのは初めてだったので、スゴく興奮しましたね〜。スゴく期待しました。

……だから、届いた時はとても失望しました。

それは、オモチャそのものと言うより、製造工場に働く人たちについてです。詳しくは記事の最後に。

 

続きを読む

ゴッコ堂 × RESTORE / クサイクソプス[メディコムトイ限定]

f:id:smoglog:20161218002249j:plain

とあるソフビで、スケジュール管理と告知が適当過ぎて怒り心頭、メディコムトイはもう利用しない(琵琶湖に漂着したモノ以外)!! と思っていた僕を、スパッと前言撤回させた、ゴッコ堂さんのクサイクソプスです。

smoglog.hatenablog.com

 

こちらの作品は、イベント・店舗販売(海外ショップでネット通信販売されたかも?)のみで、少数しか販売されない為、メディコムトイの受注販売は本当に嬉しかったです。

どのくらいのオーダーがあったかはわかりませんが、人気作家の最新作ということもあり、かなりの数だと考えられます。なので、おそらく塗装工程は外注ではないかと思っています。でも良いんです。この機会がなかったら、いつになったら手にすることができたか。

実際のところ、インディーズソフビの価値(あくまで市場価値です)は、レアリティが重要な割合を占めています。純粋に欲しい人が買おうが転売屋が買おうが、作家に入ってくるお金は一緒、というのは正しいのですが、かといって欲しい人すべてに向けて、潤沢に作った場合、良くも悪くもリセール市場などに溢れてしまい、新作の需要の声が少なくなってしまう。結果的に作品生命を縮める、という事もありえる世界です。そんな業界の特性上、受注販売という選択はリスキーな事で、その侠気(おとこぎ)に惚れ惚れとし、また作品そのものの自信が、うかがい知れると言うものです。

 

続きを読む

Apple / AirPods 生活に溶け込むワイヤレスイヤホン

f:id:smoglog:20161218002215j:plain

「耳からうどん」「チンアナゴ」と揶揄されたAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が届きました。

当初予定されていた発売日から2ヶ月遅れで、年内発売は絶望的か、と思われましたが、日本では12月14日に日付が変わる頃、突如としてオンラインストアにドロップされました。

自分は出遅れること1時間程。

当初、発送は29日でしたが、嬉しいことに1週間発送が縮まって21日到着しました。

 

基本データ

  • バッテリ:本体5時間・ケース24時間(15分間の充電で3時間使用可能)
  • 左右独立して使用可能
  • ダブルタップでSiri発動(音声コントロール)
  • 自動でオンになり、自動で接続
  • 耳にセットしているか光センサーと加速センサーで判断
  • マイク付き(音声を感知する加速度センサーでノイズカット)
  • 重量 AirPods(左右各):4 g 充電ケース : 38 g
  • サイズ AirPods(左右各):16.5 × 18.0 × 40.5 mm充電ケース:44.3 × 21.3 × 53.5 mm
  • 接続 AirPods:Bluetooth  充電ケース:Lightningコネクタ

 

音質、つけ心地、使用感、見た目などレビューします!

 

続きを読む

大人の科学 / カエデドローン

f:id:smoglog:20161218002143j:plain

ついに……ドローンを買いました。

 

smoglog.hatenablog.com

 

貯金生活、とても苦しかったです。

コレクターとして、アレもこれも欲しい、物欲と戦って戦って……

……はい、嘘です。

 

GoProのカルマのリコールなどあり、まだドローンは進化の余地があるな、と感じました。それで購入は諦めましたが、ドローンへの渇望を満たすために、安価なトイドローンを買おうとしたのです。タイミングよく、いつも聞いているポッドキャストで学研の大人の科学の最新号の付録がドローンであると知り、予約し購入しました。

 

大人の科学マガジン カエデドローン (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン カエデドローン (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

続きを読む

TAN / 人面豚[4期]

f:id:smoglog:20161218002119j:plain

今回レビューするソフビはちょっとビジュアルがグロテスクなので苦手な方はご注意を。

 

KAIJUアーティストのTANさんがインスタグラム上で抽選販売した「人面豚」の第四期です。

TANさんといえば、このブログでもレビューさせていただいた、ミミモンスターの作家さんです。ミミモンスターは高額だ、と言いながら大満足だったので、さらに高額な人面豚も応募してしまい、見事当選。当選から発送まで1月半くらいかかり、海外通販ということもあってドキドキしました。

 

なかなか衝撃のビジュアルとなっていますので、お楽しみに。

 

f:id:smoglog:20161218002120j:plain

 

続きを読む

ORITOY / アシッドレイン フォルセティ バイキング シールド

f:id:smoglog:20161218001659j:plain

ORITOY / Acid Rain :Forseti Viking Shield

久々に購入したオリトイのアシッドレインです。

多分日本未発売だと思います。外骨格を装着した兵士のようです。

3.75インチ(約10センチ)のフィギュアとなります。

フォルセティという名前で、バイキングシールドというカラーリング(部隊名?)かな? と思っています。

 

アシッドレインは第二次世界大戦が終わらなかったパラレルワールドの地球を舞台にしています。

パッケージ絵から見て雪の降る寒冷地の部隊のようです。バイキング(海賊)という名前から察するにスウェーデンのあたりでしょうか? 海賊から守る防衛部隊なのかな?

 

続きを読む

人喰いの大鷲トリコ / マジ泣きクリア後レビューと考察(記事後半ネタバレ)

f:id:smoglog:20161111113319j:plain

 「ICO」、「ワンダと巨像」のクリエイターが、前作から7年という月日を掛けて完成させた新作「人喰い大鷲のトリコ」をクリアしました。

素晴らしかったです。

さっきまで泣いてました。

ゲームで泣くのは、MOTHER2以来でしょうか。

 

ジャンルはアクションアドベンチャー。パズル要素が強い感じです。

巨大生物「大鷲のトリコ」と協力して、一見行き止まりに見える場所から、次の場所へ移動する脱出系のゲームとなっています。トリコへはボディランゲージで指示を出すため、キチンと意図が伝わっているのかヤキモキしながら、お互いの信頼関係を深くして、ステージをクリアしていきます。

 「ICO」と「ワンダと巨像」とは物語上の繋がりはありませんが、「ICO」の少女が巨大な生物に変わり(さらわれるのは少年の方)、「ワンダ」のキャラクターそのものを足場にする仕組みを取り入れた作品、と言えると思います。オーバーテクノロジー風の古代遺跡を舞台としており、空気感まで伝わってくる映像がとても素晴らしいです。

「ICO」か「ワンダと巨像」をプレイ済みで気に入った方には間違いなく楽しめるゲームだと思います。

トリコがとてもカワイイ(ライオンみたいな強くて凶暴な動物を飼っている気分)ので、動物好きな方にもオススメです。

 

逆にオススメできないのは、ゲーム性重視の方。良くも悪くも雰囲気を楽しむゲームとなっています。自分も退屈さを感じる時もありました。

あとは高所恐怖症の方にもオススメできません。コントローラが汗でビチョビチョになります。

f:id:smoglog:20161111113329j:plain

 

以下、素晴らしかった点と、理屈ぽい良くない点、最後にこのゲームは物語は想像にお任せしますの部分が多いので、自分なりの考察を書きます。

ゲーム未プレイな方はここまでにしておいてください。

 

以下ネタバレ注意!!!

 

続きを読む